働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

モデルSDS情報 更新情報
2021年1月29日に下記150物質を掲載しました。
CAS番号 名 称(和名) モデルラベル
67-68-5ジメチルスルホキシド
75-47-8ヨードホルム
75-63-8ブロモ(トリフルオロ)メタン
78-32-0トリ-4-トリル=ホスファート
79-94-7テトラブロモビスフェノールA
95-54-5o-フェニレンジアミン
95-65-83,4-キシレノール
95-87-42,5-キシレノール
99-65-0m−ジニトロベンゼン
100-02-7p-ニトロフェノール
100-25-4p−ジニトロベンゼン
100-47-0ベンゾニトリル
100-51-6ベンジルアルコール
101-21-3N-(3-クロロフェニル)カルバミン酸イソプロピル
101-61-14,4'-メチレンビス(N,N-ジメチルアニリン)
101-90-61,3-ビス[(2,3-エポキシプロピル)オキシ]ベンゼン
102-27-2N-エチルメタトルイジン
102-54-5ジシクロペンタジエニル鉄
102-81-82-(ジ-n-ブチルアミノ)エタノール
105-06-6p-ジビニルベンゼン
105-16-8メタクリル酸2-(ジエチルアミノ)エチル
105-39-5クロロ酢酸エチル
106-50-3p-フェニレンジアミン
106-51-4p−ベンゾキノン
106-97-8n-ブタン
107-11-93-アミノ-1プロペン
107-66-4りん酸ジ-ノルマル-ブチル
108-05-4酢酸ビニル
108-20-3イソプロピルエーテル
108-24-7無水酢酸
108-45-2m-フェニレンジアミン
108-57-6m-ジビニルベンゼン
108-68-93,5-キシレノール
108-77-02,4,6-トリクロロ-1,3,5-トリアジン
108-87-2メチルシクロヘキサン
109-61-5クロロぎ酸ノルマルプロピル
109-78-4エチレンシアンヒドリン
109-84-2ヒドロキシエチルヒドラジン
115-24-22,2-ビス(エチルスルホニル)プロパン
118-52-51,3-ジクロロ-5,5-ジメチルイミダゾリジン-2,4-ジオン
120-32-12-ベンジル-4-クロロフェノール
121-45-9亜りん酸トリメチル
121-82-4ヘキサヒドロ-1,3,5-トリニトロ-1,3,5-トリアジン (15質量%の水で湿性としたものに限る)
124-43-6過酸化尿素
126-73-8りん酸トリ-n-ブチル
126-85-2N,N-ビス(2-クロロエチル)メチルアミン-N-オキシド
129-15-72-メチル-1-ニトロアントラキノン
129-73-74,4'-ビス(ジメチルアミノ)トリフェニルメタン
131-74-8ピクリン酸アンモニウム
131-89-52,4-ジニトロ-6-シクロヘキシルフェノール
132-32-13-アミノ-N-エチルカルバゾール
133-06-2キャプタン
141-78-6酢酸エチル
144-49-0フルオロ酢酸
381-73-7ジフルオロ酢酸
420-46-21,1,1-トリフルオロエタン
431-03-8ジアセチル
526-75-02,3-キシレノール
528-29-0o-ジニトロベンゼン
540-73-81,2-ジメチルヒドラジン
541-69-5m-フェニレンジアミン二塩酸塩
542-92-7シクロペンタジエン
543-80-6酢酸バリウム
548-62-9[4-{ビス(4-ジメチルアミノフェニル)メチレン}-2,5-シクロヘキサジエン-1-イリデン]ジメチルアンモニウムクロリド
615-28-1o-フェニレンジアミン二塩酸塩
624-18-0p-フェニレンジアミン二塩酸塩
643-79-8o-フタルアルデヒド
814-94-8シュウ酸第一スズ
1194-65-62,6-ジクロロベンゾニトリル
1303-00-0ヒ化ガリウム
1305-99-3りん化石灰
1309-37-1酸化鉄
1310-32-3セレン化鉄
1313-27-5酸化モリブデン(VI)
1313-60-6過酸化ナトリウム
1313-82-2硫化ナトリウム
1314-34-7酸化バナジウム(V)
1314-80-3五硫化りん
1314-84-7リン化亜鉛
1320-37-2ジクロロテトラフルオロエタン (異性体混合物)
1331-22-2メチルシクロヘキサノン (異性体混合物)
1332-40-7塩基性塩化銅
1569-02-4プロピレングリコールエチルエーテル (別名: 1-エトキシ-2-プロパノール)
1678-91-7エチルシクロヘキサン
1761-71-3ビス(4-アミノシクロヘキシル)メタン
1910-42-51,1'-ジメチル-4,4'-ビピリジニウム=ジクロリド (別名:パラコートジクロリド)
1929-82-42‐クロロ‐6‐トリクロロメチルピリジン
1983-10-4トリブチルスズフルオリド
2074-50-2パラコートジメチルサルフェート
2164-08-13-シクロヘキシル-5,6-トリメチレンウラシル
3327-22-83-クロロ-2-ヒドロキシプロパ-1-イル(トリメチル)アミニウム=クロリド
3383-96-8テメホス
7440-31-5スズ
7440-42-8ほう素
7440-47-3クロム
7488-55-3硫酸第一スズ
7632-51-1塩化バナジウム(W)
7718-98-1三塩化バナジウム
7727-18-6オキシ三塩化バナジウム
7757-82-6硫酸ナトリウム
7790-80-9ヨウ化カドミウム(II)
7803-51-2ホスフィン
10024-97-2一酸化二窒素
10025-67-9一塩化硫黄
10025-78-2トリクロロシラン
10026-13-8五塩化りん
10031-43-3硝酸銅(II)・三水和物
10034-96-5硫酸マンガン一水和物
10035-10-6臭化水素
10085-76-4塩化第二銅カリウム二水和物
10192-29-7塩素酸アンモニウム
10294-34-5三塩化ホウ素
10326-27-9塩化バリウム・二水和物
10380-28-6ビス(8-キノリノラト)銅
10553-31-8臭化バリウム
11054-70-9ラサロシド
12062-24-7六フッ化ケイ酸銅(II)
12071-83-9N,N'-プロピレンビス(ジチオカルバミン酸) と亜鉛の重合物
12208-13-8酸性ピロアンチモン酸カリウム
12604-58-9フェロバナジウム
12656-85-8硫酸モリブデン酸クロム酸鉛
13067-93-1エチル-パラ-シアノフェニルフェニルホスホノチオエート
13286-32-3ジエチル-S-ベンジルチオホスフェイト
14977-61-8オキシ塩化クロム(VI)
15578-26-4ピロリン酸第一スズ
18282-10-5酸化スズ(IV)
21145-77-76-アセチル-1,1,2,4,4,7-ヘキサメチルテトラリン
21564-17-02-(チオシアナートメチルチオ)-1,3-ベンゾチアゾール
21651-19-4酸化スズ(II)
21725-46-2シアナジン
25154-54-5ジニトロベンゼン (異性体混合物)
29082-74-4オクタクロロスチレン
68157-60-81-(2-クロロ-4-ピリジル)-3-フェニル尿素
74222-97-2スルホメチュロンメチル
80214-83-1ロキシスロマイシン
81103-11-9クラリスロマイシン
102851-06-9α-シアノ-3-フェノキシベンジル=N-(2-クロロ-α,α,α-トリフルオロ-p-トリル)-D-バリナート
105779-78-05-クロロ-N-{2-[4-(2-エトキシエチル)-2,3-ジメチルフェノキシ]エチル}-6-エチルピリミジン-4-アミン
105827-78-91-(6-クロロ-3-ピリジルメチル)-N-ニトロイミダゾリジン-2-イリデンアミン
106917-52-62',4-ジクロロ-α,α,α-トリフルオロ-4'-ニトロ-m-トルエンスルホンアニリド
112410-23-8N-tert-ブチル-N'-(4-エチルベンゾイル)-3,5-ジメチルベンゾヒドラジド
113378-31-7センデュラマイシン
119168-77-3N-(4-tert-ブチルベンジル)-4-クロロ-3-エチル-1-メチルピラゾール-5-カルボキサミド
119446-68-31-({2-[2-クロロ-4-(4-クロロフェノキシ)フェニル]-4-メチル-1,3-ジオキソラン-2-イル}メチル)-1H-1,2,4-トリアゾール
120068-37-35-アミノ-1-[2,6-ジクロロ-4-(トリフルオロメチル)フェニル]-3-シアノ-4-[(トリフルオロメチル)スルフィニル]ピラゾール
122008-85-9ブチル=(R)-2-[4-(4-シアノ-2-フルオロフェノキシ)フェノキシ]プロピオナート
125306-83-4N,N-ジエチル-3-(2,4,6-トリメチルフェニルスルホニル)-1H-1,2,4-トリアゾール-1-カルボキサミド
128639-02-1カルフェントラゾンエチル
129558-76-54-クロロ-3-エチル-1-メチル-N-[4-(p-トリルオキシ)ベンジル]ピラゾール-5-カルボキサミド
131341-86-1フルジオキソニル
<ご利用にあたっての注意>
 GHSモデルSDS情報は、GHS(化学品の分類および表示に関する世界調和システム)に基づくSDSの作成の際の参考になるよう作成したものです。したがって、化学物質情報をSDS等の作成の参考にする時は事業者の責任において行ってください。
 また、内容をそのままダウンロードして営利目的に使用することはお断り致します。
 なお、GHSモデルSDS情報は、あくまでも主として分類マニュアルに定めた情報源と技術指針に定めた判定方法等に基づき分類した際の結果を用いているものであり、他の文献、試験結果等により、本内容と異なる内容でSDSを作成することを妨げるものではありません。