働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

モデルSDS情報 更新情報
2016年3月25日に下記86物質を掲載しました。
CAS番号 名 称(和名) モデルラベル
60-23-1システアミン
65-85-0安息香酸
75-89-8トリフルオロエタノール
78-63-72,5‐ジメチル‐2,5‐ビス(t‐ブチルパーオキシ)ヘキサン
81-14-13,5‐ジニトロ‐2,6‐ジメチル‐4‐t‐ブチル‐アセトフェノン(別名:ムスクケトン)
92-15-9アセト酢酸o‐アニシダイド
96-17-32‐エチルプロピオンアルデヒド
96-31-1N,N’‐ジメチルウレア
96-96-82‐ニトロ‐p‐アニシジン
98-10-2ベンゼンスルホンアミド
102-09-0ジフェニルカルボナート
103-24-2ビス(2‐エチルヘキシル)=アゼラート(別名:ノナンニ酸ビス(2‐エチルヘキシル))
103-44-62‐エチルヘキシル=ビニル=エーテル
105-53-3マロン酸ジエチル
105-99-7アジピン酸ジブチル
106-20-7ジ‐2‐エチルヘキシルアミン
109-76-21,3‐ジアミノプロパン
110-25-8オレオイルザルコシン
111-18-2N,N,N’,N’‐テトラメチル‐1,6‐ヘキサメチレンジアミン
112-35-6トリエチレングリコールモノメチルエーテル
112-49-22,5,8,11‐テトラオキサドデカン(別名:トリエチレングリコールジメチルエーテル)
112-72-1テトラデカン‐1‐オール
118-71-8マルトール
119-65-3イソキノリン
121-47-13‐アミノベンゼンスルホン酸
122-01-0p‐クロロベンゾイルクロライド
123-66-0カプロン酸エチル
124-30-1オクタデシルアミン(別名:モノステアリルアミン)
126-58-9ジペンタエリスリトール
141-10-6プソイドヨノン
141-30-03,6‐ジクロロピリダジン
141-82-2マロン酸
142-19-8ヘプタン酸アリル
144-55-8炭酸水素ナトリウム
306-98-9ペルフルオロ(1,2‐ジメチルシクロヘキサン)
579-66-82,6‐ジエチルベンゼンアミン
582-25-2安息香酸カリウム塩
622-24-2(2‐クロロエチル)ベンゼン
623-91-6フマル酸ジエチル
659-70-1イソ吉草酸イソアミル
770-35-41‐フェノキシ‐2‐プロパノール
836-30-64‐ニトロジフェニルアミン
947-04-6ドデカン‐12‐ラクタム
1185-55-3トリメトキシ(メチル)シラン
1854-26-84,5‐ジヒドロキシ‐1,3‐ビス(2‐イミダゾリジオン)
2216-51-5(1R,2S,5R)‐2‐イソプロピル‐5‐メチルシクロヘキサン‐1‐オール
2403-88-52,2,6,6‐テトラメチルピペリジン‐4‐オール
2432-99-711‐アミノウンデカン酸
2680-03-7N,N‐ジメチルアクリルアミド
2768-02-7ビニルトリメトキシシラン
2832-40-8N‐[4‐[(2‐ヒドロキシ‐5‐メチルフェニル)アゾ]フェニル]アセトアミド(別名:CIソルベントイエロー77、CIディスパースイエロー3)
3006-82-4t‐ブチルパーオキシオクトエート
3332-27-2テトラデシルジメチルアミンオキシド
3648-20-21,2‐ベンゼンジカルボン酸、ジ‐C11‐アルキルエステル
5039-78-1メタクリロイルオキシエチルトリメチルアンモニウムクロライド
5873-54-12,4'ジフェニルメタンジイソシアネート
6386-38-53,5‐ビス(1,1‐ジメチルエチル)‐4‐ヒドロキシベンゼンプロパン酸メチル
7446-19-7硫酸亜鉛一水和物
7580-85-0エチレングリコールモノ‐t‐ブチルエーテル
7782-63-0硫酸鉄(II)七水和物
7791-20-0塩化ニッケル六水和物
7791-25-5スルフリルクロライド
9005-67-8ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル
10026-24-1硫酸コバルト(II) 七水和物
10101-97-0硫酸ニッケル六水和物
13674-84-5トリス(1‐クロロ‐2‐プロピル)=ホスファート
23783-42-8テトラエチレングリコールモノメチルエーテル
24800-44-0トリプロピレングリコール
25321-09-9ジイソプロピルベンゼン
25584-83-2アクリル酸とプロパン‐1,2‐ジオールのモノエステル
26444-49-5りん酸クレジルジフェニル
27083-27-8ポリヘキサメチレンビグアナイド
28159-98-02‐tert‐ブチルアミノ‐4‐シクロプロピルアミノ‐6‐メチルチオ‐1,3,5‐トリアジン
29171-20-83,7‐ジメチル‐6‐オクテン‐1‐イン‐3‐オール(別名:デヒドロ‐β‐リナロール)
29590-42-9アクリル酸イソオクチル
29911-28-2ジプロピレングリコールブチルエーテル
34090-76-1テトラヒドロ‐4‐メチル無水フタル酸
39430-27-8炭酸ニッケル四水和物
61788-46-3ココアルキルアミン
61788-90-7ヤシアルキルジメチルアミンオキシド
61789-40-0(3‐アミノプロパン‐1‐イル)(カルボキシメチル)ジメチルアンモニウムのN‐ヤシアシル誘導体内部塩
67762-41-8アルコール(C=10〜16)
68439-57-6ヒドロキシアルカン(C=14〜16)スルホン酸及びアルケン(C=14〜16)スルホン酸のナトリウム塩
85408-69-1飽和脂肪酸(C=8〜18)及び不飽和脂肪酸(C=16〜18)のナトリウム塩
122454-29-94‐ブロモ‐2‐(4‐クロロフェニル)‐5‐(トリフルオロメチル)‐1H‐ピロール‐3‐カルボニトリル
740817-83-8アルコール(C=12〜13の分岐型及び直鎖型混合物)
2016年3月25日に下記62物質を更新しました。
CAS番号 名 称(和名) モデルラベル
57-06-7イソチオシアン酸アリル
60-35-5アセトアミド
62-23-7p‐ニトロ安息香酸
64-17-5エタノール
67-63-0イソプロピルアルコール
71-36-31‐ブタノール
74-85-1エチレン
75-38-7弗化ビニリデン
75-65-0tert‐ブタノール
75-71-8ジクロロジフルオロメタン
76-01-7ペンタクロロエタン
84-74-2フタル酸ジ‐n‐ブチル
85-01-8フェナントレン
94-36-0ジベンゾイルペルオキシド
96-45-72‐イミダゾリジンチオン
98-73-7p‐tert‐ブチル安息香酸
102-71-6トリエタノールアミン
104-76-72‐エチル‐1‐ヘキサノール
104-90-55‐エチル‐2‐メチルピリジン
107-22-2グリオキサール
107-98-2プロピレングリコールモノメチルエーテル
108-03-21‐ニトロプロパン
108-31-6無水マレイン酸
110-82-7シクロヘキサン
111-40-0N‐(2‐アミノエチル)‐1,2‐エタンジアミン
115-07-1プロペン
116-14-3テトラフルオロエチレン
118-74-1ヘキサクロロベンゼン
118-96-7トリニトロトルエン
120-71-82‐メトキシ‐5‐メチルアニリン
122-99-62‐フェノキシエタノール
124-40-3ジメチルアミン
127-19-5N,N‐ジメチルアセトアミド
128-37-02,6‐ジ‐t‐ブチル‐p‐クレゾール
131-11-3フタル酸ジメチル
131-17-9フタル酸ジアリル
135-88-62‐(N‐フェニルアミノ)‐ナフタレン
140-11-4酢酸ベンジル
504-60-9ペンタ‐1,3‐ジエン
545-06-2トリクロロアセトニトリル
585-07-9メタクリル酸t‐ブチル
602-87-95‐ニトロアセナフテン
618-85-93,5‐ジニトロトルエン
639-58-7塩化トリフェニルスズ
818-61-1アクリル酸2‐ヒドロキシエチル
1314-13-2酸化亜鉛
2698-41-12‐クロロベンジリデンマロノニトリル
7173-51-5ジデシルジメチルアンモニウムクロリド
7440-50-8
7446-20-0硫酸亜鉛七水和物
7631-90-5亜硫酸水素ナトリウム(34%水溶液)
7646-85-7塩化亜鉛
7681-52-9次亜塩素酸ナトリウム(水溶液)
7681-57-4二亜硫酸ナトリウム(固体)
7722-84-1過酸化水素
7733-02-0硫酸亜鉛
7778-54-3次亜塩素酸カルシウム
7782-50-5塩素
10025-73-7塩化第二クロム
10043-35-3ホウ酸
10102-44-0二酸化窒素
74115-24-53,6‐ビス(2‐クロロフェニル)‐1,2,4,5‐テトラジン
<ご利用にあたっての注意>
 GHSモデルSDS情報は、GHS(化学品の分類および表示に関する世界調和システム)に基づくSDSの作成の際の参考になるよう作成したものです。したがって、化学物質情報をSDS等の作成の参考にする時は事業者の責任において行ってください。
 また、内容をそのままダウンロードして営利目的に使用することはお断り致します。
 なお、GHSモデルSDS情報は、あくまでも主として分類マニュアルに定めた情報源と技術指針に定めた判定方法等に基づき分類した際の結果を用いているものであり、他の文献、試験結果等により、本内容と異なる内容でSDSを作成することを妨げるものではありません。