働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

モデルSDS情報 更新情報
2014年3月25日に下記137物質を掲載しました。
CAS番号 名 称(和名) モデルラベル
50-21-5乳酸(DL‐,L‐,D‐)
50-31-72,3,6‐トリクロロ安息香酸
51-48-9チロキシン
52-86-8ハロペリドール
52-90-4L‐システイン
58-55-9テオフィリン
61-68-7メフェナム酸
77-58-7ジブチルスズ=ジラウラート
78-70-6リナロール
79-14-1ヒドロキシ酢酸
79-77-6ヨノン
79-92-5カンフェン(光学異性体mix)
80-10-4ジクロロジフェニルシラン
84-65-19,10‐アントラキノン
86-73-7フルオレン
86-74-8カルバゾール
87-56-9ムコクロル酸
87-59-22,3‐ジメチルアニリン
87-65-02,6‐ジクロロフェノール
88-09-52‐エチルブタン酸
88-18-62‐tert‐ブチルフェノール
88-53-92‐アミノ‐5‐クロロ‐4‐メチルベンゼンスルホン酸
90-05-12‐メトキシフェノール
90-30-21‐(N‐フェニルアミノ)‐ナフタレン
91-60-12‐ナフタレンチオール
92-88-64,4’‐ジヒドロキシ‐ジフェニル
93-55-01‐フェニルプロパン‐1‐オン
93-68-5アセト酢酸トルイダイド
95-77-23,4‐ジクロロフェノール
95-78-32,5‐ジメチルアニリン
95-94-31,2,4,5‐テトラクロロベンゼン
97-23-42,2’‐ジヒドロキシ‐5,5’‐ジクロロジフェニルメタン(別名:ジクロロフェン)
97-36-92’,4’‐ジメチルアセトアセトアニリド
97-52-94‐ニトロ‐オルト‐アニシジン
97-65-4イタコン酸
97-85-8イソ酪酸イソブチル
98-11-3ベンゼンスルホン酸
99-71-8パラ‐sec‐ブチルフェノール
99-82-11‐イソプロピル-4-メチルシクロヘキサン(別名:パラ−メンタン)
99-97-8N,N‐ジメチル‐パラ‐トルイジン
100-20-9テレフタル酸クロライド
102-36-3イソシアン酸 3,4‐ジクロロフェニル
103-64-0ベータ‐ブロモスチレン
103-84-4アセトアニリド
106-24-1ゲラニオール
106-65-0コハク酸ジメチル
107-16-4グリコロニトリル
107-86-83‐メチル‐2‐ブテナール
108-43-0メタ‐クロロフェノール
108-69-03,5‐ジメチルアニリン
110-64-52‐ブテン‐1,4‐ジオール
111-41-1N‐(2‐アミノエチル)‐2‐アミノエタノール
111-86-41‐オクタンアミン
112-76-5ステアロイル=クロリド
112-90-3(Z)‐9‐オクタデセン‐1‐アミン(別名:オレイルアミン)
113-00-8グアニジン
115-18-43‐メチル‐1‐ブテン‐3‐オール
115-19-53‐メチル‐1‐ブチン‐3‐オール
115-95-7酢酸リナリル
118-69-42,6‐ジクロロトルエン
120-14-93,4‐ジメトキシベンズアルデヒド
121-03-92‐メチル‐5‐ニトロベンゼンスルホン酸
121-33-5バニリン
121-92-6メタ‐ニトロ安息香酸
122-00-9パラ‐メチルアセトフェノン
122-40-7アミルケイ皮アルデヒド
124-28-7N,N‐ジメチルオクタデシルアミン
129-67-9エンドタール二ナトリウム塩
142-83-62,4‐ヘキサジエナール
156-87-63‐アミノ‐1‐プロパノール
208-96-8アセナフチレン
288-32-4イミダゾール
298-07-7りん酸水素ビス(2‐エチルへキシル)
335-67-1ペルフルオロオクタン酸
479-18-5ジプロフィリン
512-56-1トリメチルホスフェート
520-45-63‐アセト‐6‐メチル‐2‐ピロノン
527-60-62,4,6‐トリメチルフェノール
532-03-61‐カルバモイルオキシ‐2‐ヒドロキシ‐3‐(2’‐メトキシフェニルオキシ)プロパン
543-27-1クロロ炭酸イソブチルエステル
554-84-7メタ‐ニトロフェノール
556-82-13‐メチル‐2‐ブテン‐1‐オール
577-11-7スルホコハク酸ジ‐2‐エチルヘキシルナトリウム塩
583-78-82,5‐ジクロロフェノール
585-07-9メタクリル酸tert‐ブチル
599-64-44‐(2‐フェニルプロパン‐2‐イル)フェノール
608-71-9ペンタブロモフェノール
608-93-51,2,3,4,5‐ペンタクロロベンゼン
620-17-73‐エチルフェノール
634-66-21,2,3,4‐テトラクロロベンゼン
644-97-3フェニルジクロロホスフィン
700-13-02,3,5‐トリメチルハイドロキノン
732-26-32,4,6‐トリ‐tert‐ブチルフェノール
814-78-8メチルイソプロペニルケトン
843-55-01,1‐ビス(4‐ヒドロキシフェニル)‐シクロヘキサン
999-97-3ヘキサメチル‐ジシラザン
1025-15-61,3,5‐トリス‐2’‐プロペニルイソシアヌル酸
1066-40-6トリメチルシラノール
1072-52-22‐(1‐アジリジニル)エタノール
1461-25-2テトラブチルスズ
1467-79-4ジメチルシアナミド
1738-25-63‐(ジメチルアミノ)プロパンニトリル
1752-30-3アセトンチオセミカルバゾン
1879-09-02‐tert‐ブチル‐4,6‐ジメチルフェノール
1885-14-9クロロ炭酸フェニルエステル
2227-17-0ジエノクロル
2409-55-42‐tert‐ブチル‐パラ‐クレゾール
2425-79-81,4‐ブタンジオールジグリシジルエーテル
2431-50-72,3,4‐トリクロロ‐1‐ブテン
2530-87-2ガンマ‐クロロプロピルトリメトキシシラン
2579-20-61,3‐ビス(アミノメチル)シクロヘキサン
2581-34-24‐ニトロ‐メタ‐クレゾール
2795-39-3カリウム=ペルフルオロオクタン‐1‐スルホナート
2809-21-41‐ヒドロキシエタン‐1,1‐ジイルビス(ホスホン酸)
3120-74-93‐メチル‐4‐メチルチオフェノール
3710-30-31,7‐オクタジエン
4253-34-3メチルシラントリイル=トリアセタート
4292-10-82‐[3‐(ドデカノイルアミノ)プロパ‐1‐イル(ジメチル)アミニオ]アセタート
4418-26-2デヒドロ酢酸ナトリウム
4454-05-13,4‐ジヒドロ‐2‐メトキシ‐2H‐ピラン
4461-52-31‐メトキシメタノール
5064-31-3トリナトリウム=2,2’,2’’‐ニトリロトリアセタート
6165-51-11,4‐ジメチル‐2‐(1‐フェニルエチル)ベンゼン
7173-51-5ジデシルジメチルアンモニウムクロリド
7396-58-9ジデカ‐1‐イル(メチル)アミン
7756-94-7トリイソブチレン
10025-82-8塩化インジウム(III)
13463-41-72‐ピリジンチオール‐1‐オキシドの亜鉛塩(別名:ジンクピリチオン)
13925-07-02‐エチル‐3,5‐ジメチルピラジン
14698-29-4オキソリニック酸
17689-77-9エチルトリアセトキシシラン
26952-21-6イソオクタノール
40220-08-4(2,4,6‐トリオキソ‐1,3,5‐トリアジナン‐1,3,5‐トリイル)トリエチレン=トリアクリラート
52829-07-9ビス(2,2,6,6‐テトラメチル‐4‐ピペリジル)セバケート
54839-24-6プロピレングリコールモノエチルエーテルアセテート
56539-66-33‐メトキシ‐3‐メチル‐1‐ブタノール
250578-38-2[3‐(2‐エチルヘキシルオキシ)プロピルアミン]トリフェニルホウ素(III)
2014年3月25日に下記24物質を更新しました。
CAS番号 名 称(和名) モデルラベル
55-63-0ニトログリセリン
79-11-8クロロ酢酸
85-44-9無水フタル酸
90-02-8サリチルアルデヒド
97-00-71‐クロロ‐2,4‐ジニトロベンゼン
108-60-1ジクロロイソプロピルエーテル
108-88-3トルエン
108-91-8シクロヘキシルアミン
109-86-4エチレングリコールモノメチルエーテル
111-15-9エチレングリコールモノエチルエーテルアセテート(別名:セロソルブアセテート)
111-87-51‐オクタノール
117-84-0フタル酸ジ‐ノルマル‐オクチル
120-80-9カテコール(別名:ピロカテコール)
123-31-9ヒドロキノン
139-13-9ニトリロ三酢酸
149-30-42‐メルカプトベンゾチアゾール
542-56-3亜硝酸イソブチル
591-27-5メタ‐アミノフェノール
628-96-6ニトログリコール
688-84-6メタクリル酸2‐エチルヘキシル
1309-64-4三酸化二アンチモン
1477-55-0メタ‐キシリレンジアミン
1806-26-4パラ‐オクチルフェノール
3648-21-3フタル酸ジ‐ノルマル‐ヘプチル
<ご利用にあたっての注意>
 GHSモデルSDS情報は、GHS(化学品の分類および表示に関する世界調和システム)に基づくSDSの作成の際の参考になるよう作成したものです。したがって、化学物質情報をSDS等の作成の参考にする時は事業者の責任において行ってください。
 また、内容をそのままダウンロードして営利目的に使用することはお断り致します。
 なお、GHSモデルSDS情報は、あくまでも主として分類マニュアルに定めた情報源と技術指針に定めた判定方法等に基づき分類した際の結果を用いているものであり、他の文献、試験結果等により、本内容と異なる内容でSDSを作成することを妨げるものではありません。