働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

  • ホーム > 安衛法名称公表化学物質等
安衛法名称公表化学物質等

安衛法新規化学物質 追加一覧(257件)

令和2年6月26日公示分

官報通し
番号
名 称 構造式
284502−(2−アジド−3,4−ジフルオロフェニル)−1,3−ジオキソラン
28451アジリジン重付加物と(オキサン−2−オン・オキセパン−2−オン・オクタ
ン酸重付加物)とオキサン−2−オンの反応生成物
-
28452[アジリジン重付加物と(オキサン−2−オン・オキセパン−2−オン・オク
タン酸重付加物)とオキサン−2−オンの反応生成物]とフラン−2,5−ジ
オンの付加反応生成物
-
28453(2−−アセチル−β−D−グルコ−β−D−グルコ(又は6−−アセチ
ル−β−D−グルコ−β−D−グルコ又は2,6−ジ−−アセチル−β−D
−グルコ−β−D−グルコ又はβ−D−グルコ))−β−D−グルクロノ−α
−L−ラムノグリカン({3)−β−D−Glc−(1→4)−β−D−G
lcA−(1→4)−[α−L−Rha−(1→4)−α−L−Rha
−(1→3)]−β−D−Glc−(1→4)−α−L−Rha−(1→
(又は{3)−β−D−Glc2Ac−(1→4)−β−D−Glc
A−(1→4)−[α−L−Rha−(1→4)−α−L−Rha−(1
→3)]−β−D−Glc−(1→4)−α−L−Rha−(1→}
は{3)−β−D−Glc2,6Ac−(1→4)−β−D−Glc
−(1→4)−[α−L−Rha−(1→4)−α−L−Rha−(1→
3)]−β−D−Glc−(1→4)−α−L−Rha−(1→}又は
{3)−β−D−Glc6Ac−(1→4)−β−D−GlcA−(1→
4)−[α−L−Rha−(1→4)−α−L−Rha−(1→3)]−
β−D−Glc−(1→4)−α−L−Rha−(1→})のカリウム
、カルシウム、ナトリウム及びマグネシウム塩
-
284542−({4−[(4’−アミノ−3,3’−ジクロロ[1,1’−ビフェニル
]−4−イル)アミノ]−6−クロロ−1,3,5−トリアジン−2−イル}
アミノ)ベンゼン−1−スルホン酸を主成分とする、2−アミノベンゼン−1
−スルホン酸と3,3’−ジクロロ[1,1’−ビフェニル]−4,4’−ビ
ス(アミニウム)=ジクロリドとトリクロロ−1,3,5−トリアジンの反応
生成物
284552−アミノ−3,4−ジフルオロベンズアルデヒド
28456{α−(2−アミノプロピル)−ω−(2−アミノプロポキシ)ポリ[オキシ
(メチルエタン−1,2−ジイル)]―ポリ(オキシブタン−1,4−ジイル
)―ポリ[オキシ(メチルエタン−1,2−ジイル)]・4−オキサ−1,7
(1)−ジイミダゾラ−3,5(1,4)−ジベンゼナヘプタファン−2,6
−ジオン・3,3’−(テトラメチルジシロキサン−1,3−ジイル)ジ(プ
ロパン−1−アミン)・4,4’−(ヘキサフルオロプロパン−2,2−ジイ
ル)ビス(2−アミノフェノール)・’−[(ヘキサフルオロプロパン
−2,2−ジイル)ビス(6−ヒドロキシ−3,1−フェニレン)]ビス(3
−アミノベンズアミド)重縮合物}・5,5’−オキシビス(2−ベンゾフラ
ン−1,3−ジオン)・3a,4,7,7a−テトラヒドロ−4,7−メタノ
−2−ベンゾフラン−1,3−ジオン重付加物
-
28457α−[(3−アミノプロピル)ジ(メチル)シリル]−ω−(3−アミノプロ
ピル)ポリ[オキシ(ジメチルシランジイル)]・[4,4’−スルホニルジ
アニリン・5,5’−(9−フルオレン−9,9−ジイル)ビス(2−ベン
ゾフラン−1,3−ジオン)・1,3−ベンゾ[1,2−:4,5−
’]ジフラン−1,3,5,7−テトラオン重付加物]重付加物
-
284586−アミノヘキサンニトリル・−(6−アミノヘキシル)ヘキサン−1,
6−ジアミン・1,2−ジクロロエタン・ピペリジン−2−カルボニトリル・
ピリジン−2,4−ジアミン・ヘキサン−1,6−ジアミン・1’
(ヘキサン−1,6−ジイル)ジ(ヘキサン−1,6−ジアミン)・ヘキサン
ジニトリル重縮合物
-
28459[アルカノイル(C=3〜18)=クロリドと(ケラチンの加水分解反応生成
物)のアミド化反応生成物]の脱塩化水素精製物
-
28460[アルカノイル(C=3〜18)=クロリドと(絹糸タンパク質の加水分解反
応生成物)のアミド化反応生成物]とその2−アミノ−2−メチルプロパン−
1−オール塩の混合物
-
28461アルカン酸(C=16〜18、直鎖型及び分枝型)・アルケン酸(C=18、
直鎖型及び分枝型)・不飽和脂肪酸(C=18)の三量体として得られる環式
及び非環式トリマー酸(C=54を主成分とする。)・不飽和脂肪酸(C=1
8)の二量体として得られる環式及び非環式ダイマー酸(C=36を主成分と
する。)・α,α’−[プロパン−2,2−ジイルジ(4,1−フェニレン)
]ビス[ω−ヒドロキシポリ(オキシエタン−1,2−ジイル)]・ベンゼン
−1,3−ジカルボン酸重縮合物と[5−イソシアナト−1−(イソシアナト
メチル)−1,3,3−トリメチルシクロヘキサンと2−ヒドロキシエチル=
プロパ−2−エノアートの付加反応生成物]の付加反応生成物
-
28462安息香酸ペルオキシ無水物、安息香酸=3−メチル安息香酸=ペルオキシ無水
物、2,4,4−トリメチルペンタン−2−イル=2−エチルヘキサンペルオ
キソアート及び3−メチル安息香酸ペルオキシ無水物を開始剤とする、2−エ
チルヘキシル=プロパ−2−エノアート・ドデシル=プロパ−2−エノアート
・1,7,7−トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン−2−イル=2−
メチルプロパ−2−エノアート・プロパ−2−エンアミド・2−メチルプロピ
ル=2−メチルプロパ−2−エノアート・メチル=2−メチルプロパ−2−エ
ノアート共重合物
-
28463(アントラセン−9−イル)メチル=2−メチルプロパ−2−エノアート・4
−エテニルフェノール・tert−ブチル=プロパ−2−エノアート共重合物
-
28464[(アンモニウム=ホルマートとギ酸と5−クロロ−2−ニトロベンズアルデ
ヒドとプロパン二酸の反応生成物)と塩化水素と水の反応生成物]の4−メチ
ルペンタン−2−オンによる抽出物
-
28465({[(アンモニウム=ホルマートとギ酸と5−クロロ−2−ニトロベンズア
ルデヒドとプロパン二酸の反応生成物)と塩化水素と水の反応生成物]の4−
メチルペンタン−2−オンによる抽出物}と水酸化ナトリウムの反応生成物)
の蒸留残渣
-
284665−イソシアナト−1−(イソシアナトメチル)−1,3,3−トリメチルシ
クロヘキサン・エタン−1,2−ジアミン・1’−(エタン−1,2
−ジイル)ジ(エタン−1,2−ジアミン)・(オキセパン−2−オン・ジメ
チル=カルボナート・ヘキサン−1,6−ジオール重縮合物)・3−ヒドロキ
シ−2−(ヒドロキシメチル)−2−メチルプロパン酸重付加物と−ジ
エチルエタンアミンの塩
-
284675−イソシアナト−1−(イソシアナトメチル)−1,3,3−トリメチルシ
クロヘキサン・[1,1’−(シクロヘキサン−1,4−ジイル)ジメタノー
ル・ジメチル=カルボナート・ヘキサン−1,6−ジオール重縮合物]・(ジ
メチル=カルボナート・ヘキサン−1,6−ジオール・ペンタン−1,5−ジ
オール重縮合物)・2−ヒドロキシエチル=プロパ−2−エノアート・2−(
ヒドロキシメチル)−2−{[(プロパ−2−エノイル)オキシ]メチル}プ
ロパン−1,3−ジイル=ジ(プロパ−2−エノアート)重付加物
-
284685−イソシアナト−1−(イソシアナトメチル)−1,3,3−トリメチルシ
クロヘキサン・(ジメチル=カルボナート・ヘキサン−1,6−ジオール・3
−メチルペンタン−1,5−ジオール重縮合物)・2,2−ビス(ヒドロキシ
メチル)ブタン酸・3−ヒドロキシ−2−(ヒドロキシメチル)−2−メチル
プロパン酸・α−ヒドロ−ω−ヒドロキシポリ(オキシエタン−1,2−ジイ
ル)重付加物
-
284695−イソシアナト−1−(イソシアナトメチル)−1,3,3−トリメチルシ
クロヘキサン・2,2−ビス(ヒドロキシメチル)ブタン酸・3−ヒドロキシ
−2−(ヒドロキシメチル)−2−メチルプロパン酸・α−ヒドロ−ω−ヒド
ロキシポリ(オキシエタン−1,2−ジイル)・α−ヒドロ−ω−ヒドロキシ
ポリ(オキシブタン−1,4−ジイル)・1,1’−(フェニルアザンジイル
)ジ(プロパン−2−オール)重付加物
-
284705−イソシアナト−1−(イソシアナトメチル)−1,3,3−トリメチルシ
クロヘキサン・α−ヒドロ−ω−ヒドロキシポリ(オキシブタン−1,4−ジ
イル)・2−(tert−ブチルアミノ)エチル=2−メチルプロパ−2−エ
ノアート重付加物
-
284712−イソシアナトエチル=2−メチルプロパ−2−エノアートと{末端に(2
−ヒドロキシエチル)スルファニル基を有する、メチル=2−メチルプロパ−
2−エノアート・α−メチル−ω−[(2−メチルプロパ−2−エノイル)オ
キシ]ポリ(オキシエタン−1,2−ジイル)共重合物}の付加反応生成物
-
28472(2−イソシアナトエチル=2−メチルプロパ−2−エノアートと{末端に(
2−ヒドロキシエチル)スルファニル基を有する、メチル=2−メチルプロパ
−2−エノアート・α−メチル−ω−[(2−メチルプロパ−2−エノイル)
オキシ]ポリ(オキシエタン−1,2−ジイル)共重合物}の付加反応生成物
)・2−(ジメチルアミノ)エチル=2−メチルプロパ−2−エノアート共重
合物
-
28473(2−イソシアナトエチル=2−メチルプロパ−2−エノアートと{末端に(
2−ヒドロキシエチル)スルファニル基を有する、メチル=2−メチルプロパ
−2−エノアート・α−メチル−ω−[(2−メチルプロパ−2−エノイル)
オキシ]ポリ(オキシエタン−1,2−ジイル)共重合物}の付加反応生成物
)・2−(ジメチルアミノ)エチル=2−メチルプロパ−2−エノアート共重
合物と(ブロモメチル)ベンゼンの第四級アンモニウム塩形成反応生成物
-
28474{[α−(5−イソシアナトペンチル)−ω−イソシアナトポリ(アザニルイ
リデンメタンジイリデンアザニルイリデンペンタン−1,5−ジイル)を主成
分とする、1,5−ジイソシアナトペンタン重縮合物]とα−ヒドロ−ω−ヒ
ドロキシポリ(オキシブタン−1,4−ジイル)とα−ヒドロ−ω−メトキシ
ポリ[オキシエタン−1,2−ジイル/オキシ(メチルエタン−1,2−ジイ
ル)]の付加反応生成物}を主成分とする、1,5−ジイソシアナトペンタン
とα−ヒドロ−ω−ヒドロキシポリ(オキシブタン−1,4−ジイル)とα−
ヒドロ−ω−メトキシポリ[オキシエタン−1,2−ジイル/オキシ(メチル
エタン−1,2−ジイル)]の反応生成物
-
284751’−(エタン−1,2−ジイル)ジ(エタン−1,2−ジアミン)
・トール油脂肪酸・[不飽和脂肪酸(C=18)の二量体として得られるダイ
マー酸(C=36を主成分とする。)]重縮合物と(フェノキシメチル)オキ
シランの付加反応生成物
-
28476エタン−1,2−ジイル=ビス(2−メチルプロパ−2−エノアート)・オキ
シラニルメチル=2−メチルプロパ−2−エノアート共重合物と2,2’−オ
キシジ(エタン−1−オール)とヘキサン−1−オールの付加反応生成物
-
28477({[エタン−1,2−ジイル=ビス(2−メチルプロパ−2−エノアート)
・オキシラニルメチル=2−メチルプロパ−2−エノアート共重合物と2,2
’−オキシジ(エタン−1−オール)の付加反応生成物]と(クロロメチル)
オキシランの縮合反応生成物}と(1→6)−α−D−グルコピラナンのエー
テル化反応生成物)と2−クロロ−−ジエチルエタン−1−アミニウム
=クロリドの縮合反応生成物
-
28478({[エタン−1,2−ジイル=ビス(2−メチルプロパ−2−エノアート)
・オキシラニルメチル=2−メチルプロパ−2−エノアート共重合物と2,2
’−オキシジ(エタン−1−オール)の付加反応生成物]と(クロロメチル)
オキシランの縮合反応生成物}と(1→6)−α−D−グルコピラナンのエー
テル化反応生成物)とナトリウム=クロロアセタートの縮合反応生成物
-
28479({[エタン−1,2−ジイル=ビス(2−メチルプロパ−2−エノアート)
・オキシラニルメチル=2−メチルプロパ−2−エノアート共重合物と2,2
’−オキシジ(エタン−1−オール)の付加反応生成物]と(クロロメチル)
オキシランの縮合反応生成物}と(1→6)−α−D−グルコピラナンのエー
テル化反応生成物)の硫酸エステル化反応生成物
-
28480{[エタン−1,2−ジイル=ビス(2−メチルプロパ−2−エノアート)・
オキシラニルメチル=2−メチルプロパ−2−エノアート共重合物と2,2’
−オキシジ(エタン−1−オール)の付加反応生成物]と2,2’−[ヘキサ
ン−1,6−ジイルビス(オキシメチレン)]ビス(オキシラン)付加反応生
成物}と(プロパ−2−エン−1−アミン重合物)の付加反応生成物
-
28481エタン−1,2−ジイル=ビス(2−メチルプロパ−2−エノアート)・オキ
シラニルメチル=2−メチルプロパ−2−エノアート共重合物とα−ヒドロ−
ω−ヒドロキシトリ[オキシ(メチルエタン−1,2−ジイル)]の付加反応
生成物
-
28482エタン−1,2−ジイル=ビス(2−メチルプロパ−2−エノアート)・2,
2−ジメチルプロパン−1,3−ジイル=ジ(プロパ−2−エノアート)・2
−ヒドロキシエチル=2−メチルプロパ−2−エノアート・2−ヒドロキシ−
−トリメチル−3−[(2−メチルプロパ−2−エノイル)オキシ
]プロパン−1−アミニウム=クロリド・−(ヒドロキシメチル)プロパ−
2−エンアミド・tert−ブチル=2−メチルプロパ−2−エノアート・2
−メチルプロピル=プロパ−2−エノアート・2−メチルプロピル=2−メチ
ルプロパ−2−エノアート共重合物
-
28483エチル=2−(エトキシメチル)−3,3−ジメチルブタノアート
28484エチル=オキソラン−2−カルボキシラート
28485(3a,4,5,7,7a)−5−エチルオクタヒドロ−1−4
,7−メタノインデン−5−イル=2−メチルプロパ−2−エノアート
28486(3a,4,5,7,7a)−5−エチルオクタヒドロ−1−4
,7−メタノインデン−5−オール
28487−エチル=6−クロロ−3−(エチルスルファニル)ピリジン−2−カルボ
チオアート
284882−(4−エチルフェニル)−4−メチル−1,3,2−ジオキサボロラン
28489(2,2,3,3)−3−エチル−1−フルオロ−2
,2,2,2,2,2,3,3,3,3,3,3−ド
デカヒドロ[1,2:2,3−テルフェニル]−1−カルボニトリ

284902−エチルヘキシル=2−メチルプロパ−2−エノアート・1−エテニル−3
−メチルベンゼン・1−エテニル−4−メチルベンゼン・2−(ジメチルアミ
ノ)エチル=2−メチルプロパ−2−エノアート・−トリメチル−
2−[(2−メチルプロパ−2−エノイル)オキシ]エタン−1−アミニウム
=メチル=スルファート・ブチル=2−メチルプロパ−2−エノアート・ベン
ジル=2−メチルプロパ−2−エノアート・メチル=2−メチルプロパ−2−
エノアート・α−メチル−ω−[(2−メチルプロパ−2−エノイル)オキシ
]ポリ(オキシエタン−1,2−ジイル)共重合物
-
284913−エチル−9,11(又は9,12)−ジメチル−6−オキソ−7,10,
13−トリオキサ−3−アザヘキサデカン−15−イル=3−(ジエチルアミ
ノ)プロパノアート(又はプロパン−1,2−ジイルビス(オキシプロパン−
1,2(又は2,1)−ジイル)=ビス[3−(ジエチルアミノ)プロパノア
ート])を主成分とする、−エチルエタンアミンと2−[(1−{2−[(
プロパ−2−エノイル)オキシ]プロポキシ}プロパン−2−イル)オキシ]
プロピル=プロパ−2−エノアートと2−(2−{2−[(プロパ−2−エノ
イル)オキシ]プロポキシ}プロポキシ)プロピル=プロパ−2−エノアート
とプロパン−1,2−ジイルビス(オキシプロパン−1,2−ジイル)=ジ(
プロパ−2−エノアート)とプロパン−1,2−ジイルビス(オキシプロパン
−2,1−ジイル)=ジ(プロパ−2−エノアート)の反応生成物
284922−エチル−2−{[(2−メチルプロパ−2−エノイル)オキシ]メチル}
プロパン−1,3−ジイル=ビス(2−メチルプロパ−2−エノアート)・エ
テニル(エチル)ベンゼン・2,2’−{[(エテニルフェニル)メチル]ア
ザンジイル}二酢酸・ジエテニルベンゼン共重合物
-
28493エテニル(エチル)ベンゼン・({[(エテニルフェニル)メチル]アミノ}
メチル)ホスホン酸・ジエテニルベンゼン共重合物
-
284942−エテニル−1,2,3,4,4a,5,8,8a−オクタヒドロ−1,4
−メタノナフタレンを主成分とする、3a,4,7,7a−テトラヒドロ−1
−4,7−メタノインデンとブタ−1,3−ジエンによる5−エテニルビシ
クロ[2.2.1]ヘプタ−2−エン合成の際の副生成物に2−メチルプロパ
ン−1−オールを混合、撹拌、静置及び分離し上層から得られる分離物の蒸留
により得られる軽質油留分
28495(1−エテニル−4−{[1,1,1,4,4,5,5,5−オクタフルオロ
−2−(トリフルオロメチル)ペンタ−2−エン−3−イル]オキシ}ベンゼ
ン重合物)・3,3,4,4,5,5,6,6,7,7,8,8,8−トリデ
カフルオロオクチル=2−メチルプロパ−2−エノアート・rel−(1
,4)−1,7,7−トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン−2
−イル=2−メチルプロパ−2−エノアート共重合物
-
284963−エテニルフェノール・1−(7−オキサビシクロ[2.2.1]ヘプタン
−2−イル)シクロペンチル=2−メチルプロパ−2−エノアート・5−フェ
ニルジベンゾ[]チオフェン−5−イウム=1,1,3,3,3−ペン
タフルオロ−2−({3−[(2−メチルプロパ−2−エノイル)オキシ]ア
ダマンタン−1−カルボニル}オキシ)プロパン−1−スルホナート・1−(
プロパン−2−イル)シクロペンチル=2−メチルプロパ−2−エノアート共
重合物
-
28497[4−エテニルフェノール重合物の(ジメチルアミノ)メチル化反応生成物]
と硝酸の塩
-
28498エテニルベンゼン・シクロヘキシル=2−メチルプロパ−2−エノアート・2
−ヒドロキシエチル=プロパ−2−エノアート・ブチル=プロパ−2−エノア
ート・プロパ−2−エン酸共重合物
-
28499エテニルベンゼン・ブタ−1,3−ジエン・プロパ−2−エンニトリル共重合
物とテトラフェニル=プロパン−2,2−ジイルジ(4,1−フェニレン)=
ビス(ホスファート)とポリ[オキシカルボニルオキシ−1,4−フェニレン
(ジメチルメチレン)−1,4−フェニレン]の混合物
-
285003−エテニル−5−メチル−1,3−オキサアゾリジン−2−オン
285018−(エテンスルホニル)−2−[4−(トリフルオロメトキシ)フェニル]
−1,3,8−トリアザスピロ[4.5]デカ−1−エン−4−オン
28502(1,1)−3−エトキシ−1−エチル−3,3−ジフルオ
ロ−1,1,1,1,1,1,2,2,2,2−デカヒ
ドロ−1,2:2,3−テルフェニル
28503(1,1)−3−エトキシ−3,3−ジフルオロ−1−ペン
チル−1,1,1,1,1,1,2,2,2,2−デカ
ヒドロ−1,2:2,3−テルフェニル
28504エンド−1,4−β−キシラナーゼ(Trichoderma reesei

-
28505オキサン−2−オン・オキセパン−2−オン・オクタン酸重付加物
-
285064,4’−オキシジアニリン・({[5,5’−オキシビス(2−ベンゾフラ
ン−1,3−ジオン)と2−ヒドロキシエチル=2−メチルプロパ−2−エノ
アートと[5,5’−ビ−2−ベンゾフラン]−1,1’,3,3’−テトラ
オンのエステル化反応生成物]とジシクロヘキシルメタンジイミンの反応生成
物}重縮合物)重縮合物
-
285072,2’−オキシジ(エタン−1−オール)・1,1’−(シクロヘキサン−
1,4−ジイル)ジメタノール・ナトリウム=3,5−ジカルボキシベンゼン
−1−スルホナート・ベンゼン−1,3−ジカルボン酸重縮合物
-
28508オキシジ(4,1−フェニレン)=ジアセタート
285091,1’−[オキシジ(4,1−フェニレン)]ジ(エタン−1−オン)
285105,5’−オキシビス(2−ベンゾフラン−1,3−ジオン)・4,4−ジオ
キソ−2,6−ジオキサ−4λ−チア−1,7(1),3,5(1,4)−
テトラベンゼナヘプタファン−1,7−ジアミン・3,3’−スルホニル
ジアニリン・2,2’−ビス(トリフルオロメチル)[1,1’−ビフェニル
]−4,4’−ジアミン・4,4’,4’’−[ベンゼン−1,3,5−トリ
イルトリス(オキシ)]トリアニリン重付加物
-
28511オキシラニルメチル=アルカノアート(C=10、分枝型)と(ブトキシメチ
ル)オキシランとヘキサン−1,6−ジアミンの付加反応生成物
-
28512[オキシラニルメチル=2−メチルプロパ−2−エノアートとα−(4−{2
−[4−(オキシラニルメトキシ)フェニル]プロパン−2−イル}フェニル
)−ω−(オキシラニルメトキシ)ポリ[オキシ(2−ヒドロキシプロパン−
1,3−ジイル)オキシ−1,4−フェニレン(ジメチルメチレン)−1,4
−フェニレン]と1,3,5−トリス(オキシラニルメチル)−1,3,5−
トリアジナン−2,4,6−トリオンとプロパ−2−エン酸のエステル化反応
生成物]とオキソラン−2,5−ジオンと3a,4,7,7a−テトラヒドロ
−2−ベンゾフラン−1,3−ジオンのエステル化反応生成物
-
28513オキシラニルメチル=2−メチルプロパ−2−エノアートと(オクタヒドロ−
−4,7−メタノインデン−5−イル=2−メチルプロパ−2−エノアー
ト・2−メチルプロパ−2−エン酸共重合物)のエステル化反応生成物
-
28514オキシラニルメチル=2−メチルプロパ−2−エノアートと(2−メチルブタ
ン−2−イル=2−エチルヘキサンペルオキソアートを開始剤とし、ドデカン
−1−チオールを連鎖移動剤とする、2−ヒドロキシエチル=2−メチルプロ
パ−2−エノアート・tert−ブチル=2−メチルプロパ−2−エノアート
・プロパ−2−エン酸・1−ベンジル−1−ピロール−2,5−ジオン・メ
チル=2−メチルプロパ−2−エノアート共重合物)のエステル化反応生成物
-
28515α−{[(9−オキソ−9−チオキサンテン−2−イル)オキシ]アセチル
}−ω−({[(9−オキソ−9−チオキサンテン−2−イル)オキシ]ア
セチル}オキシ)ポリ(オキシブタン−1,4−ジイル)
-
28516(2)−2−(2−オキソピロリジン−1−イル)ブタンアミド
28517オキソラン−2,5−ジオンと(キチンの脱アセチル化反応生成物)のアミド
化反応生成物のナトリウム塩
-
285183a,4,4a,5,8,8a,9,9a−オクタヒドロ−1−4,9:5
,8−ジメタノシクロペンタ[]ナフタレンを主成分とする、3a,4,7
,7a−テトラヒドロ−1−4,7−メタノインデンとブタ−1,3−ジエ
ンによる5−エテニルビシクロ[2.2.1]ヘプタ−2−エン合成の際の副
生成物に2−メチルプロパン−1−オールを混合、撹拌、静置及び分離し上層
から得られる分離物の蒸留により得られる重質油留分
28519オクタヒドロ−1−4,7−メタノインデン−5−イル=2−メチルプロパ
−2−エノアート・2−メチルプロパ−2−エン酸共重合物
-
285203a,4,4a,5,8,8a,9,9a−オクタヒドロ−1−4,9−メ
タノシクロペンタ[]ナフタレンを主成分とする、3a,4,7,7a−テ
トラヒドロ−1−4,7−メタノインデンとブタ−1,3−ジエンによる5
−エテニルビシクロ[2.2.1]ヘプタ−2−エン合成の際の副生成物に2
−メチルプロパン−1−オールを混合、撹拌、静置及び分離し上層から得られ
る分離物
28521カボス(Citrus sphaerocarpa)油
-
28522カルシウム=ビス{4−[3−(ジエチルアミノ)−6−(エチルアミノ)キ
サンチリウム−9−イル]ベンゼン−1,3−ジスルホナート}とカルシウム
=4−[3,6−ビス(ジエチルアミノ)キサンチリウム−9−イル]ベンゼ
ン−1,3−ジスルホナート=4−[3−(ジエチルアミノ)−6−(エチル
アミノ)キサンチリウム−9−イル]ベンゼン−1,3−ジスルホナートとカ
ルシウム=ビス{4−[3,6−ビス(ジエチルアミノ)キサンチリウム−9
−イル]ベンゼン−1,3−ジスルホナート}(主成分)の混合物
28523(カルボニル=ジクロリド・3,3’−ジメチル[1,1’−ビフェニル]−
4,4’−ジオール・2,2,2,2−テトラヒドロ−2−[1
,2:2,3−テルフェニル]−1,3−ジオール重縮合物)・
2,2−ジフルオロ−2−{1,1,2,2−テトラフルオロ−2−[1,1
,2,3,3,3−ヘキサフルオロ−2−(トリフルオロメチル)プロポキシ
]エトキシ}エタン−1−オール・3,3’−ジメチル[1,1’−ビフェニ
ル]−4,4’−ジオール重縮合物
-
28524[(牛乳タンパク質の加水分解反応生成物)と−トリメチル−1−
オキシラニルメタンアミニウム=クロリドの付加反応生成物]と水酸化ナトリ
ウムの反応生成物
-
285256−クロロ−3−(エタンスルホニル)ピリジン−2−カルボン酸
28526−(2−クロロエチル)−4−[(2,6−ジクロロ−4−ニトロフェニル
)ジアゼニル]−−エチル−3−メチルアニリン
28527α−(2−クロロ−1,1−ジフルオロ−2−オキソエチル)−ω−(2−ク
ロロ−1,1−ジフルオロ−2−オキソエトキシ)ポリ[オキシ(ジフルオロ
メチレン)/オキシ(テトラフルオロエタン−1,2−ジイル)]とα−(2
−クロロ−1,1−ジフルオロ−2−オキソエチル)−ω−(トリフルオロメ
トキシ)ポリ[オキシ(ジフルオロメチレン)/オキシ(テトラフルオロエタ
ン−1,2−ジイル)]の混合物
-
28528α−(3−クロロ−1,1,1,2−テトラフルオロ−3−オキソプロパン−
2−イル)−ω−(ヘプタフルオロプロポキシ)ポリ{オキシ[1,1,2−
トリフルオロ−2−(トリフルオロメチル)エタン−1,2−ジイル]}
-
285293−(5−クロロ−2−ニトロフェニル)−3−ホルムアミドプロパン酸
285305−クロロピラジン−2−カルボニル=クロリド
285315−[3−(2−クロロ−5−フルオロ−4−ニトロフェノキシ)−1−ピ
ラゾール−1−イル]−3−フルオロ−2−メチルピリジン
285324’−クロロ−2’−フルオロ−4−プロピル−2,3,4,5−テトラヒド
ロ−1,1’−ビフェニル
285333−クロロプロパ−1−エンとフェノールの反応生成物の2−(プロパ−2−
エン−1−イル)フェノール精製時の蒸留残渣
-
28534[(クロロメチル)オキシランと(3a,4,7,7a−テトラヒドロ−1
−4,7−メタノインデン・フェノール重付加物)の縮合反応生成物]とプロ
パ−2−エン酸のエステル化反応生成物
-
28535(クロロメチル)オキシランと1,15−ビス(2−ヒドロキシエチル)
−8,8−ジメチル−2,6,10,14−テトラオキサ−1,15(1),
7,9(1,4)−テトラベンゼナペンタデカファン−4,12−ジオールの
縮合反応生成物
-
28536(クロロメチル)オキシラン・4,4’−(プロパン−2,2−ジイル)ジフ
ェノール重縮合物と[6−({2−[(プロパ−2−エノイル)オキシ]エト
キシ}カルボニル)シクロヘキサ−3−エン−1−カルボン酸を主成分とする
、3a,4,7,7a−テトラヒドロ−2−ベンゾフラン−1,3−ジオンと
2−ヒドロキシエチル=プロパ−2−エノアートと2−(2−ヒドロキシエト
キシ)エチル=プロパ−2−エノアートの反応生成物]の付加反応生成物
-
28537(クロロメチル)オキシラン・4,4’−(プロパン−2,2−ジイル)ジフ
ェノール重縮合物と[2−({2−[(プロパ−2−エノイル)オキシ]エト
キシ}カルボニル)シクロヘキサン−1−カルボン酸を主成分とする、2−ヒ
ドロキシエチル=プロパ−2−エノアートと2−(2−ヒドロキシエトキシ)
エチル=プロパ−2−エノアートとヘキサヒドロ−2−ベンゾフラン−1,3
−ジオンの反応生成物]の付加反応生成物
-
285383−クロロ−5−({1−[(4−メチル−5−オキソ−4,5−ジヒドロ−
−1,2,4−トリアゾール−3−イル)メチル]−2−オキソ−4−(
トリフルオロメチル)−1,2−ジヒドロピリジン−3−イル}オキシ)ベン
ゾニトリル
28539[(絹糸タンパク質の加水分解反応生成物)と−ジメチル−−(オキ
シラニルメチル)アルカン(C=8,10,12,14,16,18、直鎖型
)アミニウム=クロリドの付加反応生成物]と水酸化ナトリウムの反応生成物
-
28540[(絹糸タンパク質の加水分解反応生成物)と−トリメチル−1−
オキシラニルメタンアミニウム=クロリドの付加反応生成物]と水酸化ナトリ
ウムの反応生成物
-
28541[(コラーゲンの加水分解反応生成物)と−ジメチル−−(オキシラ
ニルメチル)アルカン(C=8,10,12,14,16,18、直鎖型)ア
ミニウム=クロリドの付加反応生成物]と水酸化ナトリウムの反応生成物
-
28542[(コラーゲンの加水分解反応生成物)と−トリメチル−1−オキ
シラニルメタンアミニウム=クロリドの付加反応生成物]と水酸化ナトリウム
の反応生成物
-
28543(酢酸とセルロースとブタン酸のエステル化反応生成物)と(2)−4−ブ
トキシ−4−オキソブタ−2−エン酸のエステル交換反応生成物
-
285442,2’−ジアゼンジイルビス(2−メチルプロパンニトリル)を開始剤とし
、ドデカン−1−チオールを連鎖移動剤とする、トリス[(プロパ−2−エン
−1−イル)オキシ]−1,3,5−トリアジン・1−ヒドロキシプロパン−
2−イル=2−メチルプロパ−2−エノアート・2−ヒドロキシプロピル=2
−メチルプロパ−2−エノアート・ブチル=プロパ−2−エノアート・2−メ
チルプロパ−2−エン酸・メチル=2−メチルプロパ−2−エノアート共重合

-
28545α−[2−(ジエチルアミノ)エチル]−ω−ヒドロキシポリ(オキシエタン
−1,2−ジイル)と(不飽和脂肪酸(C=18)の三量体として得られるト
リマー酸(C=54を主成分とする。))の反応生成物
-
285466’−(ジエチルアミノ)−2’−(2,4−ジメチルアニリノ)−3’−メ
チル−3−スピロ[[2]ベンゾフラン−1,9’−キサンテン]−3−オ

285476−(1,3−ジオキソラン−2−イル)−2,3−ジフルオロアニリン
28548{[1,1’−(シクロヘキサン−1,4−ジイル)ジメタノール・ジメチル
=カルボナート重縮合物]・(ジメチル=カルボナート・ヘキサン−1,6−
ジオール重縮合物)・3,5−ジメチル−1−ピラゾール・3−ヒドロキシ
−2−(ヒドロキシメチル)−2−メチルプロパン酸・1,1’−メチレンビ
ス(4−イソシアナトシクロヘキサン)重付加物}・ヘキサンジヒドラジド重
付加物
-
28549シクロヘキサン−1,4−ジイルビス(メチレン)=ビス(4−ヒドロキシベ
ンゾアート)
285503,6−ジクロロピリジン−2−カルボニル=クロリド
285513,6−ジクロロピリジン−2−カルボン酸
28552[ジクロロ(メチル)(3,3,4,4,5,5,6,6,6−ノナフルオロ
ヘキシル)シランの加水分解反応生成物]重縮合物
-
28553シークワーサー(Citrus depressa)油
-
28554−(1,3−ジシクロヘキシル−2,4,6−トリオキソ−1,3−ジアジ
ナン−5−カルボニル)グリシン
28555(5)−5−[(1)−1,2−ジヒドロキシエチル]−4−(2,3−
ジヒドロキシプロポキシ)−3−ヒドロキシフラン−2(5)−オン
28556(5)−5−[(1)−1,2−ジヒドロキシエチル]−4−(2,3−
ジヒドロキシプロポキシ)−3−(ヘキシルオキシ)フラン−2(5)−オ

28557ジ−tert−ブチル=ジアゼンジカルボキシラート
28558ジ−tert−ブチル=ジカルボナートと([5,5’−ビ−2−ベンゾフラ
ン]−1,1’,3,3’−テトラオン・ベンゼン−1,4−ジアミン・1
,3−ベンゾ[1,2−:4,5−’]ジフラン−1,3,5,7−テ
トラオン重付加物)のアミド化反応生成物
-
285592,7−ジブトキシナフタレン
28560α−[1,1−ジフルオロ−2−オキソ−2−({5−(トリメトキシシリル
)−2,2−ビス[3−(トリメトキシシリル)プロピル]ペンチル}アミノ
)エチル]−ω−[1,1−ジフルオロ−2−オキソ−2−({5−(トリメ
トキシシリル)−2,2−ビス[3−(トリメトキシシリル)プロピル]ペン
チル}アミノ)エトキシ]ポリ[オキシ(ジフルオロメチレン)/オキシ(テ
トラフルオロエタン−1,2−ジイル)]とα−[1,1−ジフルオロ−2−
オキソ−2−({5−(トリメトキシシリル)−2,2−ビス[3−(トリメ
トキシシリル)プロピル]ペンチル}アミノ)エチル]−ω−(トリフルオロ
メトキシ)ポリ[オキシ(ジフルオロメチレン)/オキシ(テトラフルオロエ
タン−1,2−ジイル)]の混合物
-
285612−(3,4−ジフルオロフェニル)−1,3−ジオキソラン
28562(7,7)−7−(2,4−ジフルオロフェニル)−1−[(2
,3)−2−ヒドロキシペンタン−3−イル]−5−オキサ−3(1,4
)−ピペラジナ−1(4),9(1)−ビス([1,2,4]トリアゾラ)−
7(4,2)−オキソラナ−2,4(1,4)−ジベンゼナノナファン−1
(1)−オン(別名:ポサコナゾール)
28563(3,5−ジフルオロフェニル)ボロン酸
285642−(ジフルオロメチリデン)−4,4,5−トリフルオロ−5−(トリフル
オロメチル)−1,3−ジオキソラン重合物
-
285652−{2−[(7,8−ジフルオロ−2−メチルキノリン−3−イル)オキシ
]−6−フルオロフェニル}プロパン−2−オール
28566α−{4−[ジ(プロパ−2−エン−1−イル)アミノ]−1,1,2,2,
3,3−ヘキサフルオロ−4−オキソブチル}−ω−[1,1,2,2−テト
ラフルオロ−2−(トリフルオロメトキシ)エトキシ]ポリ[オキシ(テトラ
フルオロエタン−1,2−ジイル)オキシ(オクタフルオロブタン−1,4−
ジイル)]を主成分とする、(二フッ素とα−メチル−ω−{[2,3,3,
3−テトラフルオロ−2−(ヘプタフルオロプロポキシ)プロパノイル]オキ
シ}ポリ[オキシ(1,1,2−トリフルオロエタン−1,2−ジイル)オキ
シ(1,1,2,2,3,3−ヘキサフルオロブタン−1,4−ジイル)]の
反応生成物)と−(プロパ−2−エン−1−イル)プロパ−2−エン−1−
アミンの反応生成物
-
28567α−(2−{[2,2−ジ(プロパ−2−エン−1−イル)ペンタ−4−エン
−1−イル]アミノ}−1,1−ジフルオロ−2−オキソエチル)−ω−(2
−{[2,2−ジ(プロパ−2−エン−1−イル)ペンタ−4−エン−1−イ
ル]アミノ}−1,1−ジフルオロ−2−オキソエトキシ)ポリ[オキシ(ジ
フルオロメチレン)/オキシ(テトラフルオロエタン−1,2−ジイル)]と
α−(2−{[2,2−ジ(プロパ−2−エン−1−イル)ペンタ−4−エン
−1−イル]アミノ}−1,1−ジフルオロ−2−オキソエチル)−ω−(ト
リフルオロメトキシ)ポリ[オキシ(ジフルオロメチレン)/オキシ(テトラ
フルオロエタン−1,2−ジイル)]の混合物
-
28568α−(3−{[2,2−ジ(プロパ−2−エン−1−イル)ペンタ−4−エン
−1−イル]アミノ}−1,1,1,2−テトラフルオロ−3−オキソプロパ
ン−2−イル)−ω−(ヘプタフルオロプロポキシ)ポリ{オキシ[1,1,
2−トリフルオロ−2−(トリフルオロメチル)エタン−1,2−ジイル]}
-
28569(2−(ジメチルアミノ)エチル=2−メチルプロパ−2−エノアート重合物
と{ブチル=2−メチルプロパ−2−エノアート・メチル=2−メチルプロパ
−2−エノアート・α−メチル−ω−[(2−メチルプロパ−2−エノイル)
オキシ]ポリ(オキシエタン−1,2−ジイル)共重合物}のブロック重合物
)と(ブロモメチル)ベンゼンの第四級アンモニウム塩形成反応生成物
-
285701−[3,5−ジメチル−4−(2−{4−オキソ−2−[4−(トリフルオ
ロメトキシ)フェニル]−1,3,8−トリアザスピロ[4.5]デカ−1−
エン−8−スルホニル}エチル)フェニル]−5,5−ジメチルイミダゾリジ
ン−2,4−ジオン
285711−{3,5−ジメチル−4−[()−2−{4−オキソ−2−[4−(ト
リフルオロメトキシ)フェニル]−1,3,8−トリアザスピロ[4.5]デ
カ−1−エン−8−スルホニル}エテン−1−イル]フェニル}−5,5−ジ
メチルイミダゾリジン−2,4−ジオン
28572ジメチル=2,2’−ジアゼンジイルビス(2−メチルプロパノアート)を開
始剤とする、1−エテニル−4−エトキシベンゼン・4−エテニルフェノール
共重合物
-
28573ジメチル=2,2’−ジアゼンジイルビス(2−メチルプロパノアート)を開
始剤とする、4−エテニルフェノール・エテニルベンゼン共重合物
-
285745,9−ジメチルデカ−4−エナール
28575ジメチル=[(2)−ヘキサン−2−イル]プロパンジオアート
285763,6−ジメチル−1−ベンゾフラン−2(3)−オン
285773,7−ジメチル−2−メチリデンオクタ−6−エナール
28578(1,1)−1−(ジメトキシメチル)−3−エチル−1,1
,1,1,1,1−ヘキサヒドロ−1,2:2,3−テル
フェニル
285793−[ジメトキシ(メチル)シリル]プロピル=2−メチルプロパ−2−エノ
アート・2−ヒドロキシエチル=2−メチルプロパ−2−エノアート・2−メ
チルプロパ−2−エン酸・メチル=2−メチルプロパ−2−エノアート共重合

-
285804−{3−[ジメトキシ(メチル)シリル]プロピル}モルホリン
285814,4’−スルホニルジアニリン・5,5’−(9−フルオレン−9,9−
ジイル)ビス(2−ベンゾフラン−1,3−ジオン)・1,3−ベンゾ[
1,2−:4,5−’]ジフラン−1,3,5,7−テトラオン重付加物
-
28582デカ−1−エン−4−イン
28583テトラアンミンジクロリド白金(2+)二塩化物
285843a,4,7,7a−テトラヒドロ−2−ベンゾフラン−1,3−ジオン・4
,4’−(プロパン−2,2−ジイル)ジ(シクロヘキサン−1−オール)重
縮合物
-
285853a,4,7,7a−テトラヒドロ−1−4,7−メタノインデンとブタ−
1,3−ジエンによる5−エテニルビシクロ[2.2.1]ヘプタ−2−エン
合成の際の副生成物に2−メチルプロパン−1−オールを混合、撹拌、静置及
び分離し下層から得られる重質分離物
-
28586α−[1,1,1,2−テトラフルオロ−3−オキソ−3−({5−(トリメ
トキシシリル)−2,2−ビス[3−(トリメトキシシリル)プロピル]ペン
チル}アミノ)プロパン−2−イル]−ω−(ヘプタフルオロプロポキシ)ポ
リ{オキシ[1,1,2−トリフルオロ−2−(トリフルオロメチル)エタン
−1,2−ジイル]}
-
285872,2,3,3−テトラフルオロ−3−({1,1,1,2,3,3−ヘキサ
フルオロ−3−[(トリフルオロエテニル)オキシ]プロパン−2−イル}オ
キシ)プロパンアミド
285882,2,3,3−テトラフルオロ−3−({1,1,1,2,3,3−ヘキサ
フルオロ−3−[(トリフルオロエテニル)オキシ]プロパン−2−イル}オ
キシ)プロパンニトリル
28589糖脂質を主成分とする、Pseudomonas sp.によるグルコースの
発酵生成物
-
28590[3−(トリエトキシシリル)プロパン−1−アミンの加水分解反応生成物]
重縮合物とヘキサフルオリドジルコニウム酸(2−)二水素の塩
-
285911−[3−(トリエトキシシリル)プロピル]−1−1,2,4−トリアゾ
ール−3,5−ジアミンを主成分とする、(3−クロロプロピル)トリ(エト
キシ)シランと1−1,2,4−トリアゾール−3,5−ジアミンの反応生
成物
285922,9,10−トリ(ナフタレン−2−イル)アントラセン
285932,9,10−トリ(ナフタレン−2−イル)−9,10−ジヒドロアントラ
セン−9,10−ジオール
285942,2,2−トリフルオロエチル=クロロアセタート
285958−[4−(4,4,4−トリフルオロブチリデン)シクロヘキシル]−1,
4−ジオキサスピロ[4.5]デカン
285968−[(1,4)−4−(4,4,4−トリフルオロブチル)シクロヘキ
シル]−1,4−ジオキサスピロ[4.5]デカン
28597(1’,4’)−4’−(4,4,4−トリフルオロブチル)[1,1’
−ビ(シクロヘキサン)]−4−オン
28598(1,1’,4,4’)−4’−(4,4,4−トリフルオロブチル
)[1,1’−ビ(シクロヘキサン)]−4−カルボアルデヒド
28599(2)−3−(4−{[(1,1’,4,4’)−4’−(4,4
,4−トリフルオロブチル)[1,1’−ビ(シクロヘキサン)]−4−カル
ボニル]オキシ}フェニル)プロパ−2−エン酸
28600(1,1’,4,4’)−4’−(4,4,4−トリフルオロブチル
)[1,1’−ビ(シクロヘキサン)]−4−カルボニル=クロリド
28601(1,1’,4,4’)−4’−(4,4,4−トリフルオロブチル
)[1,1’−ビ(シクロヘキサン)]−4−カルボン酸
28602(2)−1,1,1−トリフルオロプロパン−2−オール
28603,1,2−トリフルオロ−3−プロピル−1−(トリフルオロメ
チル)−1,2:2,3−テルフェニル
286044−(トリフルオロメタンスルホニル)フェノール
28605−トリメチル−1−オキシラニルメタンアミニウム=クロリドと(
ヒアルロン酸のナトリウム塩)のエステル化反応生成物
-
28606α−(トリメチルシリル)−ω−[(トリメチルシリル)オキシ]ポリ{オキ
シ(ジメチルシランジイル)/オキシ[メチル(3,3,4,4,5,5,6
,6,6−ノナフルオロヘキシル)シランジイル]}
-
28607(1,2,4)−1,7,7−トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプ
タン−2−イル=3,5,5−トリメチルヘキサノアート
28608{トリメトキシ[2−(7−オキサビシクロ[4.1.0]ヘプタン−3−イ
ル)エチル]シランとトリメトキシ[3−(オキシラニルメトキシ)プロピル
]シランとトリメトキシ(メチル)シランの加水分解反応生成物}重縮合物
-
28609[3−(トリメトキシシリル)プロピル=2−メチルプロパ−2−エノアート
とトリメトキシ(フェニル)シランの加水分解反応生成物]重縮合物
-
28610ナトリウム=3−アミノ−3−(5−クロロ−2−ニトロフェニル)プロパノ
アート
28611ナトリウム=(ナフタレン−2−イル)アセタートを主成分とする、[硫黄と
1−(ナフタレン−2−イル)エタン−1−オンとモルホリンの反応生成物]
と水酸化ナトリウムの反応生成物
28612(ナフタレン−2−イル)アセチル=クロリド
28613(ナフタレン−2−イル)アセトニトリル
286142−(ナフタレン−2−イル)アントラセン−9,10−ジオン
28615(ナフタレン−2−イル)酢酸
286169−(ナフタレン−1−イル)−10−[3−(ナフタレン−2−イル)フェ
ニル]アントラセン
28617ニオブ=ペンタエトキシド
28618二カリウム=5−{[1,1,1,4,5,5,5−ヘプタフルオロ−3−(
ヘプタフルオロプロパン−2−イル)−4−(トリフルオロメチル)ペンタ−
2−エン−2−イル]オキシ}ベンゼン−1,3−ジカルボキシラート
286192−ニトロ−4−(トリフルオロメタンスルホニル)フェノール
28620二ナトリウム=5−{[1,1,1,4,5,5,5−ヘプタフルオロ−3−
(ヘプタフルオロプロパン−2−イル)−4−(トリフルオロメチル)ペンタ
−2−エン−2−イル]オキシ}ベンゼン−1,3−ジカルボキシラート
28621二リチウム=5−{[1,1,1,4,5,5,5−ヘプタフルオロ−3−(
ヘプタフルオロプロパン−2−イル)−4−(トリフルオロメチル)ペンタ−
2−エン−2−イル]オキシ}ベンゼン−1,3−ジカルボキシラート
28622(ヒアルロン酸のナトリウム塩)のカルボキシメチルエーテル化反応生成物の
ナトリウム塩
-
28623非還元性末端α−L−アラビノフラノシダーゼ(Trichoderma 
eesei

-
286241−(ビシクロ[2.2.1]ヘプタン−2−イル)ヘキサ−5−エン−2−
オン
28625−ビス(2−エチルヘキシル)ホルムアミド
286264,4’−ビス(クロロメチル)−1,1’−ビフェニル・[1,1’−ビフ
ェニル]−4,4’−ジオール重縮合物
-
28627ビス(2,4,4−トリメチルペンタン−2−イル)ジアゼン
28628α−(4−{ビス[3−(トリメトキシシリル)プロピル]アミノ}−1,1
,2,2,3,3−ヘキサフルオロ−4−オキソブチル)−ω−[1,1,2
,2−テトラフルオロ−2−(トリフルオロメトキシ)エトキシ]ポリ[オキ
シ(テトラフルオロエタン−1,2−ジイル)オキシ(オクタフルオロブタン
−1,4−ジイル)]を主成分とする、トリメトキシシランと[(二フッ素と
α−メチル−ω−{[2,3,3,3−テトラフルオロ−2−(ヘプタフルオ
ロプロポキシ)プロパノイル]オキシ}ポリ[オキシ(1,1,2−トリフル
オロエタン−1,2−ジイル)オキシ(1,1,2,2,3,3−ヘキサフル
オロブタン−1,4−ジイル)]の反応生成物)と−(プロパ−2−エン−
1−イル)プロパ−2−エン−1−アミンの反応生成物]の反応生成物
-
28629ビス{4−[(プロパ−2−エノイル)オキシ]ブチル}=(1,1
,2,2,8,8,9,9)−5−(ジシアノメ
チリデン)−3,7−ジオキソ−4,6−ジオキサ−5−5(4,7)−
[1,3]ベンゾジチオラ−1,9(1),2,8(1,4)−テトラシクロ
ヘキサナノナファン−1,9−ジカルボキシラートを主成分とする、(4
,7−ジヒドロキシ−2−1,3−ベンゾジチオール−2−イリデン)プロ
パンジニトリルと[(1,1’,4,4’)−[1,1’−ビ(シク
ロヘキサン)]−4,4’−ジカルボン酸とブタン−1,4−ジイル=メタン
スルホナート=プロパ−2−エノアートの反応生成物]の反応生成物
28630ビス{4−[(プロパ−2−エノイル)オキシ]ブチル}=(1,1
,2,2,8,8,9,9)−5tert−ブ
チル−5−(ジシアノメチリデン)−3,7−ジオキソ−4,6−ジオキサ
−5−5(4,7)−[1,3]ベンゾジチオラ−1,9(1),2,8
(1,4)−テトラシクロヘキサナノナファン−1,9−ジカルボキシラ
ートを主成分とする、[(1,1’,4,4’)−[1,1’−ビ(
シクロヘキサン)]−4,4’−ジカルボン酸とブタン−1,4−ジイル=メ
タンスルホナート=プロパ−2−エノアートの反応生成物]と(5−tert
−ブチル−4,7−ジヒドロキシ−2−1,3−ベンゾジチオール−2−イ
リデン)プロパンジニトリルの反応生成物
28631(2)−−[ビス(2−メチルプロピル)アルマニル]−3−[2−シク
ロプロピル−4−(4−フルオロフェニル)キノリン−3−イル]プロパ−2
−エン−1−イミン(主成分)とビス(2−メチルプロピル)アルマンの混合
物のトルエン溶液
28632−[ビス(2−メチルプロピル)アルマニル]−1−[2−シクロプロピル
−4−(4−フルオロフェニル)キノリン−3−イル]メタンイミン(主成分
)とビス(2−メチルプロピル)アルマンの混合物のトルエン溶液
286334−[(11−ヒドロキシウンデシル)オキシ]安息香酸
286345−[(1)−2−(4−ヒドロキシフェニル)エテン−1−イル]ベンゼ
ン−1,3−ジオール(別名:trans−レスベラトロール)
28635−{2−ヒドロキシ−3−[(プロパ−2−エン−1−イル)オキシ]プロ
ピル}−−ジメチルオクタデカン−1−アミニウム=アセタートを主成
分とする、−ジメチルオクタデカン−1−アミニウム=アセタートと
−ジメチルテトラデカン−1−アミニウム=アセタートと−ジメチ
ルヘキサデカン−1−アミニウム=アセタートと{[(プロパ−2−エン−1
−イル)オキシ]メチル}オキシランの反応生成物
286362−ヒドロキシプロパン−1,2,3−トリカルボン酸―1−(4−{[4−
(2−フルオロ−4−{[1−(5−フルオロ−6−メチルピリジン−3−イ
ル)−1−ピラゾール−3−イル]オキシ}アニリノ)−7−メトキシキナ
ゾリン−6−イル]オキシ}ピペリジン−1−イル)プロパ−2−エン−1−
オン―水(1/1/
286374−ヒドロキシベンズアミド
28638α−ヒドロ−ω−ヒドロキシポリ(オキシブタン−1,4−ジイル)・2−(
tert−ブチルアミノ)エチル=2−メチルプロパ−2−エノアート・1,
1’−メチレンビス(4−イソシアナトシクロヘキサン)重付加物
-
28639[1,1’−ビナフタレン]−2,2’−ジイルビス[オキシ(2−ヒドロキ
シプロパン−3,1−ジイル)]=ジ(プロパ−2−エノアート)を主成分と
する、[(クロロメチル)オキシランと[1,1’−ビナフタレン]−2,2
’−ジオールの反応生成物]とプロパ−2−エン酸の反応生成物
28640[5,5’−ビ−2−ベンゾフラン]−1,1’,3,3’−テトラオン・ベ
ンゼン−1,4−ジアミン・1,3−ベンゾ[1,2−:4,5−
]ジフラン−1,3,5,7−テトラオン重付加物
-
28641表面に4−(2−ヒドロキシ−2,2−ジホスホノエチル)フェニル基の二カ
リウム塩を有する、カーボンブラック
-
28642(ピリジン−4−イル)ボロン酸
-
28643ブタ−1,3−ジエン重合物とヘキサクロロシクロペンタ−1,3−ジエンの
ディールス−アルダー反応生成物
-
28644tert−ブチル=2−エチルヘキサンペルオキソアートを開始剤とする、ア
ルキル(C=12〜15、直鎖型及び分枝型)=2−メチルプロパ−2−エノ
アート・オクタデシル=2−メチルプロパ−2−エノアート・2−(ジメチル
アミノ)エチル=2−メチルプロパ−2−エノアート・ヘキサデシル=2−メ
チルプロパ−2−エノアート共重合物
-
28645tert−ブチル=2−エチルヘキサンペルオキソアートを開始剤とする、エ
テニルベンゼン・α−{2−[(2−メチルプロパ−2−エノイル)オキシ]
エチル}−ω−(ホスホノオキシ)ポリ[オキシ(1−オキソヘキサン−1,
6−ジイル)]・α−{2−[(2−メチルプロパ−2−エノイル)オキシ]
エチル}−ω−{2−[(2−メチルプロパ−2−エノイル)オキシ]エトキ
シ}ポリ[オキシ(1−オキソヘキサン−1,6−ジイル)]―オキシ(ヒド
ロキシホスホリル)―ポリ[オキシ(6−オキソヘキサン−1,6−ジイル)
]・メチル=2−メチルプロパ−2−エノアート共重合物
-
28646tert−ブチル=(4−オキソシクロヘキシル)カルバマート
28647tert−ブチル=(2)−3−(4−ヒドロキシフェニル)プロパ−2−
エノアート
286481−ブチルピロリジン−2−オン
28649(4−tert−ブチルフェニル)ボロン酸
28650α−ブチル−ω−[({2−[(プロパ−2−エノイル)オキシ]エチル}カ
ルバモイル)オキシ]ポリ[オキシ(メチルエタン−1,2−ジイル)](主
成分)とα−({2−[(プロパ−2−エノイル)オキシ]エチル}カルバモ
イル)−ω−[({2−[(プロパ−2−エノイル)オキシ]エチル}カルバ
モイル)オキシ]ポリ[オキシ(メチルエタン−1,2−ジイル)]の混合物
-
286514−ブトキシ−4’−エトキシ−2,3,3’−トリフルオロ−1,1’−ビ
フェニル
286524−[(1)−3−tert−ブトキシ−3−オキソプロパ−1−エン−1
−イル]フェニル=(1,1’,4,4’)−4’−(4,4,4−
トリフルオロブチル)[1,1’−ビ(シクロヘキサン)]−4−カルボキシ
ラート
28653(4−ブトキシ−2,3−ジフルオロフェニル)ボロン酸
286544−フルオロ−3−ニトロベンゾニトリル
286553−フルオロ−5−ヒドラジニル−2−メチルピリジン―塩化水素―水(1/
2/1)
286561−[3−フルオロ−2−(2−ヒドロキシプロパン−2−イル)フェノキシ
]プロパン−2−オン
28657rac−(3,4)−4−(3−フルオロフェニル)−1−(2−メトキ
シエチル)ピロリジン−3−カルボン酸
28658(2,2,3,3)−1−フルオロ−3−プロピル−2
,2,2,2,2,2,3,3,3,3,3,3
ドデカヒドロ[1,2:2,3−テルフェニル]−1−カルボニト
リル
28659[4−(プロパ−1−エン−2−イル)シクロヘキシル]メタノール
286604−(プロパ−2−エン−1−イル)モルホリン
286613−[4−(プロパン−2−イル)シクロヘキサ−1−エン−1−イル]プロ
パナール
28662(1,1)−1−プロピル−3−(トリフルオロメトキシ)−1
,1,1,1,1,1,2,2,2,2−デカヒドロ−
,2:2,3−テルフェニル
286631−ブロモ−4−クロロ−2−フルオロベンゼン
286641−ブロモ−4−(トリフルオロメトキシ)ベンゼン
286654−ブロモ−7−ヒドロキシ−2,3−ジヒドロ−1−インデン−1−オン
286664−ブロモ−7−ヒドロキシ−6−ニトロ−2,3−ジヒドロ−1−インデ
ン−1−オン
286672−(3−ブロモフェニル)ナフタレン
286683−(2−ブロモ−5−メトキシフェニル)プロパン酸
28669ヘキサデシル=(2)−1−ヘキサデカノイル−4−ヒドロキシピロリジン
−2−カルボキシラート
28670α,α’−{(ヘキサフルオロシクロブタン−1,2−ジイル)ビス[オキシ
(オクタフルオロブタン−1,4−ジイル)]}ビス{ω−[2−(4−{[
2,2−ジ(プロパ−2−エン−1−イル)ペンタ−4−エン−1−イル]ア
ミノ}−1,1,2,2,3,3−ヘキサフルオロ−4−オキソブトキシ)−
1,1,2,2−テトラフルオロエトキシ]ポリ[オキシ(テトラフルオロエ
タン−1,2−ジイル)オキシ(オクタフルオロブタン−1,4−ジイル)]
}を主成分とする、2,2−ジ(プロパ−2−エン−1−イル)ペンタ−4−
エン−1−アミンと{[(2,3,3,3−テトラフルオロ−2−(ヘプタフ
ルオロプロポキシ)プロパノイル=フルオリドと{4,4’−[(ヘキサフル
オロシクロブタン−1,2−ジイル)ビス(オキシ)]ビス(2,2,3,3
,4,4−ヘキサフルオロブタン−1−オール)・2,2,3,3,4,4−
ヘキサフルオロ−4−[(トリフルオロエテニル)オキシ]ブタン−1−オー
ル重付加物}の反応生成物)と二フッ素の反応生成物]とメタノールの反応生
成物}の反応生成物
-
28671α,α’−{(ヘキサフルオロシクロブタン−1,2−ジイル)ビス[オキシ
(オクタフルオロブタン−1,4−ジイル)]}ビス(ω−{1,1,2,2
−テトラフルオロ−2−[1,1,2,2,3,3−ヘキサフルオロ−4−オ
キソ−4−({5−(トリメトキシシリル)−2,2−ビス[3−(トリメト
キシシリル)プロピル]ペンチル}アミノ)ブトキシ]エトキシ}ポリ[オキ
シ(テトラフルオロエタン−1,2−ジイル)オキシ(オクタフルオロブタン
−1,4−ジイル)])を主成分とする、(2,2−ジ(プロパ−2−エン−
1−イル)ペンタ−4−エン−1−アミンと{[(2,3,3,3−テトラフ
ルオロ−2−(ヘプタフルオロプロポキシ)プロパノイル=フルオリドと{4
,4’−[(ヘキサフルオロシクロブタン−1,2−ジイル)ビス(オキシ)
]ビス(2,2,3,3,4,4−ヘキサフルオロブタン−1−オール)・2
,2,3,3,4,4−ヘキサフルオロ−4−[(トリフルオロエテニル)オ
キシ]ブタン−1−オール重付加物}の反応生成物)と二フッ素の反応生成物
]とメタノールの反応生成物}の反応生成物)とトリメトキシシランの反応生
成物
-
28672α,α’−{(ヘキサフルオロシクロブタン−1,2−ジイル)ビス[オキシ
(オクタフルオロブタン−1,4−ジイル)]}ビス{ω−[1,1,2,2
−テトラフルオロ−2−(1,1,2,2,3,3−ヘキサフルオロ−4−メ
トキシ−4−オキソブトキシ)エトキシ]ポリ[オキシ(テトラフルオロエタ
ン−1,2−ジイル)オキシ(オクタフルオロブタン−1,4−ジイル)]}
を主成分とする、[(2,3,3,3−テトラフルオロ−2−(ヘプタフルオ
ロプロポキシ)プロパノイル=フルオリドと{4,4’−[(ヘキサフルオロ
シクロブタン−1,2−ジイル)ビス(オキシ)]ビス(2,2,3,3,4
,4−ヘキサフルオロブタン−1−オール)・2,2,3,3,4,4−ヘキ
サフルオロ−4−[(トリフルオロエテニル)オキシ]ブタン−1−オール重
付加物}の反応生成物)と二フッ素の反応生成物]とメタノールの反応生成物
-
28673α,α’−{(ヘキサフルオロシクロブタン−1,2−ジイル)ビス[オキシ
(オクタフルオロブタン−1,4−ジイル)]}ビス(ω−{[2,3,3,
3−テトラフルオロ−2−(ヘプタフルオロプロポキシ)プロパノイル]オキ
シ}ポリ[オキシ(テトラフルオロエタン−1,2−ジイル)オキシ(オクタ
フルオロブタン−1,4−ジイル)])を主成分とする、(2,3,3,3−
テトラフルオロ−2−(ヘプタフルオロプロポキシ)プロパノイル=フルオリ
ドと{4,4’−[(ヘキサフルオロシクロブタン−1,2−ジイル)ビス(
オキシ)]ビス(2,2,3,3,4,4−ヘキサフルオロブタン−1−オー
ル)・2,2,3,3,4,4−ヘキサフルオロ−4−[(トリフルオロエテ
ニル)オキシ]ブタン−1−オール重付加物}の反応生成物)と二フッ素の反
応生成物
-
286744,4’−[(ヘキサフルオロシクロブタン−1,2−ジイル)ビス(オキシ
)]ビス(2,2,3,3,4,4−ヘキサフルオロブタン−1−オール)
28675α−(1,1,2,2,3,3−ヘキサフルオロ−4−{[2,3,3,3−
テトラフルオロ−2−(ヘプタフルオロプロポキシ)プロパノイル]オキシ}
ブチル)−ω−(1,1,2,2,3,3−ヘキサフルオロ−4−{[2,3
,3,3−テトラフルオロ−2−(ヘプタフルオロプロポキシ)プロパノイル
]オキシ}ブトキシ)ポリ[オキシ(1,2,2−トリフルオロエタン−1,
2−ジイル)オキシ(2,2,3,3,4,4−ヘキサフルオロブタン−1,
4−ジイル)]―オキシ(ヘキサフルオロシクロブタン−1,2−ジイル)―
ポリ[オキシ(1,1,2,2,3,3−ヘキサフルオロブタン−1,4−ジ
イル)オキシ(1,1,2−トリフルオロエタン−1,2−ジイル)]を主成
分とする、2,3,3,3−テトラフルオロ−2−(ヘプタフルオロプロポキ
シ)プロパノイル=フルオリドと{4,4’−[(ヘキサフルオロシクロブタ
ン−1,2−ジイル)ビス(オキシ)]ビス(2,2,3,3,4,4−ヘキ
サフルオロブタン−1−オール)・2,2,3,3,4,4−ヘキサフルオロ
−4−[(トリフルオロエテニル)オキシ]ブタン−1−オール重付加物}の
反応生成物
-
28676α−(1,1,2,2,3,3−ヘキサフルオロ−4−ヒドロキシブチル)−
ω−(1,1,2,2,3,3−ヘキサフルオロ−4−ヒドロキシブトキシ)
ポリ[オキシ(1,2,2−トリフルオロエタン−1,2−ジイル)オキシ(
2,2,3,3,4,4−ヘキサフルオロブタン−1,4−ジイル)]―オキ
シ(ヘキサフルオロシクロブタン−1,2−ジイル)―ポリ[オキシ(1,1
,2,2,3,3−ヘキサフルオロブタン−1,4−ジイル)オキシ(1,1
,2−トリフルオロエタン−1,2−ジイル)]を主成分とする、4,4’−
[(ヘキサフルオロシクロブタン−1,2−ジイル)ビス(オキシ)]ビス(
2,2,3,3,4,4−ヘキサフルオロブタン−1−オール)・2,2,3
,3,4,4−ヘキサフルオロ−4−[(トリフルオロエテニル)オキシ]ブ
タン−1−オール重付加物
-
286775−ヘキシルビシクロ[2.2.1]ヘプタ−2−エン
286785−ヘキシル−5−メチルオキソラン−2−オン
28679ペルオキシ二硫酸二ナトリウムを開始剤とする、[(アルカノール(C=10
〜14、分枝型)と{[(プロパ−2−エン−1−イル)オキシ]メチル}オ
キシランの反応生成物)・オキシラン重付加物の硫酸エステル化反応生成物の
アンモニウム塩]・オキシラニルメチル=2−メチルプロパ−2−エノアート
・{2,2’−ジアゼンジイルビス(2−メチルプロパンニトリル)を開始剤
とし、ドデカン−1−チオールを連鎖移動剤とする、トリス[(プロパ−2−
エン−1−イル)オキシ]−1,3,5−トリアジン・1−ヒドロキシプロパ
ン−2−イル=2−メチルプロパ−2−エノアート・2−ヒドロキシプロピル
=2−メチルプロパ−2−エノアート・ブチル=プロパ−2−エノアート・2
−メチルプロパ−2−エン酸・メチル=2−メチルプロパ−2−エノアート共
重合物}・2−ヒドロキシエチル=2−メチルプロパ−2−エノアート・2−
(2−ヒドロキシエトキシ)エチル=2−メチルプロパ−2−エノアート・ブ
チル=プロパ−2−エノアート・メチル=2−メチルプロパ−2−エノアート
共重合物
-
28680rac−(2)−3−[3−(ベンジルオキシ)−5−フルオロピリジン−
2−イル]プロパン−1,2−ジオール
286813−(ベンジルオキシ)−5−フルオロ−2−(プロパ−2−エン−1−イル
)ピリジン
28682[(ベンジルオキシ)メチル]オキシラン
28683ベンジル=(3a,6a)−3−メチル−2−オキソ−3,3a,4,6
a−テトラヒドロ−2−シクロペンタ[][1,3]オキサアゾール−5
−カルボキシラート
28684ベンゼンスルホニル=アジド
28685α−[(4−ベンゾイルフェノキシ)アセチル]−ω−{[(4−ベンゾイル
フェノキシ)アセチル]オキシ}ポリ(オキシブタン−1,4−ジイル)
-
28686末端に2−シアノ−4−メチルペンタン−2−イル基を有する、4−エテニル
安息香酸・オキシラニルメチル=2−メチルプロパ−2−エノアート・4−{
(1)−3−[4−(2,5−ジオキソ−2,5−ジヒドロ−1−ピロー
ル−1−イル)フェノキシ]−3−オキソプロパ−1−エン−1−イル}フェ
ニル=4’−(4,4,4−トリフルオロブチル)[1,1’−ビ(シクロヘ
キサン)]−4−カルボキシラート・2−メチルプロパ−2−エン酸共重合物
-
28687メチル=2−オキソヘキサ−5−エノアート
28688メチル=2−(2−クロロピリジン−3−イル)−2−ヒドロキシヘキサ−5
−エノアート
28689メチル=3−(2−クロロプロパンアミド)プロパノアート
286901−メチルシクロペンチル=クロロアセタート
28691メチル=4−[(2,5−ジクロロフェニル)カルバモイル]−2−({2−
ヒドロキシ−3−[(2−メトキシフェニル)カルバモイル]ナフタレン−1
−イル}ジアゼニル)ベンゾアートのモノスルホン化反応生成物を主成分とす
る、メチル=4−[(2,5−ジクロロフェニル)カルバモイル]−2−({
2−ヒドロキシ−3−[(2−メトキシフェニル)カルバモイル]ナフタレン
−1−イル}ジアゼニル)ベンゾアートと硫酸の反応生成物
-
28692α−メチル−ω−シリルポリ{[(プロパ−2−エン−1−イル)シランジイ
ル]メチレン/シランジイルメチレン}
-
286932−{2−[(1,1,2,2)−3−メチル−1,1
,1,1,1,1,2,2,2,2,2,2−ドデカ
ヒドロ[1,2:2,3−テルフェニル]−1−イル]エチル}−
1,3−ジオキソラン
28694メチル=2−フルオロ−6−ヒドロキシベンゾアート
28695メチル=1−ベンジル−4−オキソピロリジン−3−カルボキシラート
28696メチル=3−[ベンジル(2−メトキシ−2−オキソエチル)アミノ]プロパ
ノアート
28697(3−{[(4−メチルベンゼン−1−スルホニル)カルバモイル]オキシ}
プロピル)トリ(フェニル)ホスファニウム=ブロミド
286982−メチル−2−[(2−メチルブタン−2−イル)ペルオキシ]ブタンを開
始剤とし、末端に2−フェニルプロパ−2−エン−1−イル基及び2−フェニ
ルプロパン−2−イル基を有する、2−エチルヘキシル=2−メチルプロパ−
2−エノアート・2−ヒドロキシエチル=2−メチルプロパ−2−エノアート
共重合物
-
286992−メチル−4−(2−メチルベンズアミド)ベンゾイル=クロリド
287006−メトキシ−2,6−ジメチルオクタナール
287012−メトキシ−−[(トリメチルシリル)メチル]エタン−1−アミン
28702(2)−3−(3−メトキシフェニル)プロパ−2−エン酸
287031−(4−メトキシフェニル)−2−メチル−2−(モルホリン−4−イル)
プロパン−1−オン
28704(1’,4’)−4−(メトキシメチリデン)−4’−(4,4,4−ト
リフルオロブチル)−1,1’−ビ(シクロヘキサン)
287052−メトキシ−−(メトキシメチル)−−[(トリメチルシリル)メチル
]エタン−1−アミン
287061−(モルホリン−4−イル)−2−(ナフタレン−2−イル)エタン−1−
チオンを主成分とする、硫黄と1−(ナフタレン−2−イル)エタン−1−オ
ンとモルホリンの反応生成物