働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

モデルSDS情報 更新情報
2011年3月30日に下記68物質を掲載しました。
CAS番号 名 称(和名) モデルラベル
50-44-2 6‐メルカプトプリン
56-93-9 塩化トリメチルベンジルアンモニウム
60-12-8 β‐フェニルエチルアルコール
77-77-0 ジビニルスルホン
78-40-0 トリエチルホスフェート
78-77-3 臭化イソブチル
79-07-2 クロロアセトアミド
81-88-9 ローダミンB
89-63-4 4−クロロ−2−ニトロアニリン
91-16-7 1,2‐ジメトキシベンゼン
91-53-2 6‐エトキシ‐1,2‐ジヒドロ‐2,2,4‐トリメチルキノリン
91-64-5 クマリン
93-58-3 安息香酸メチル
94-96-2 2‐エチルヘキサン‐1,3‐ジオール
95-14-7 1,2,3‐ベンゾトリアゾール
97-39-2 ジ‐オルト‐トリルグアニジン
97-53-0 オイゲノール
97-72-3 無水イソ酪酸
97-94-9 トリエチルボラン
100-14-1 1‐(クロロメチル)‐4‐ニトロベンゼン
104-76-7 2‐エチル‐1‐ヘキサノール
106-31-0 無水酪酸
109-08-0 2‐メチルピラジン
109-63-7 三フッ化ホウ素ジエチルエーテル
112-40-3 ノルマル‐ドデカン
121-54-0 塩化ベンゼトニウム
123-11-5 パラ‐アニスアルデヒド
123-32-0 2,5−ジメチルピラジン
127-90-2 1,1,1,2−テトラクロロ−3−(2,3,3,3−テトラクロロプロポキシ)プロパン
131-57-7 (2‐ヒドロキシ‐4‐メトキシフェニル)(フェニル)メタノン
132-65-0 ジベンゾ[b,d]チオフェン
148-18-5 ジエチルジチオカルバミン酸ナトリウム
150-68-5 3‐(4‐クロロフェニル)‐1,1‐ジメチル尿素
280-57-9 トリエチレンジアミン
302-17-0 抱水クロラール
470-82-6 1,8‐エポキシ‐パラ‐パラメンタン
504-24-5 4‐アミノピリジン
554-00-7 2,4‐ジクロロアニリン
603-35-0 トリフェニルホスフィン
614-45-9 ターシャリ‐ブチルペルオキシベンゾアート
693-13-0 1,3‐ジイソプロピルカルボジイミド
764-48-7 2‐ヒドロキシエチルビニルエーテル
791-28-6 トリフェニルホスフィンオキシド
868-85-9 亜リン酸ジメチル
882-33-7 ジフェニルジスルフィド
1678-91-7 エチルシクロヘキサン
2269-22-9 アルミニウムトリsec‐ブトキシド
2524-04-1 ジエチルチオリン酸クロライド
3048-65-5 3a,4,7,7a‐テトラヒドロ‐1H‐インデン
4130-42-1 2,6‐ジ‐ターシャリ‐ブチル‐4‐エチルフェノール
4286-23-1 4‐(1‐メチルエテニル)フェノール
5405-41-4 3‐ヒドロキシ酪酸エチル
5510-99-6 2,6‐ジ‐セカンダリ‐ブチルフェノール
5707-44-8 4‐エチルビフェニル
5810-88-8 ジ(2‐エチルヘキシル)ジチオホスフェート
6362-80-7 4‐メチル‐2,4‐ジフェニルペンタ‐1‐エン
7758-05-6 ヨウ素酸カリウム
7803-55-6 メタバナジン酸アンモニウム
9002-93-1 ポリ(オキシエチレン)=パラ‐(1,1,3,3‐テトラメチルブチル)フェニル=エーテル
10476-85-4 塩化ストロンチウム
13446-18-9 硝酸マグネシウム六水和物
13674-87-8 トリス‐ジクロロプロピルホスフェート
13718-26-8 メタバナジン酸ナトリウム
13780-06-8 亜硝酸カルシウム
14324-55-1 ジエチルジチオカルバミン酸亜鉛
30171-80-3 2‐{[ジブロモ(メチル)フェノキシ]メチル}オキシラン
52125-53-8 プロピレングリコールモノエチルエーテル
85068-29-7 3,5‐ビス(トリフルオロメチル)ベンジルアミン
<ご利用にあたっての注意>
 GHSモデルSDS情報は、GHS(化学品の分類および表示に関する世界調和システム)に基づくSDSの作成の際の参考になるよう作成したものです。したがって、化学物質情報をSDS等の作成の参考にする時は事業者の責任において行ってください。
 また、内容をそのままダウンロードして営利目的に使用することはお断り致します。
 なお、GHSモデルSDS情報は、あくまでも主として分類マニュアルに定めた情報源と技術指針に定めた判定方法等に基づき分類した際の結果を用いているものであり、他の文献、試験結果等により、本内容と異なる内容でSDSを作成することを妨げるものではありません。