働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

モデルSDS情報 更新情報

 ご利用にあたっての注意

すべてから検索してご覧になりたい方は、GHSモデルSDS情報ページをご覧下さい。

GHSモデルSDS検索ページへ
2009年3月30日に下記100物質を掲載しました。
CAS番号 名 称(和名)
50-01-1 塩酸グアニジン
51-55-8 アトロピン
52-51-7 2‐ブロモ‐2‐ニトロ‐1,3‐プロパンジオール
56-72-4 O‐3‐クロロ‐4‐メチルクマリン‐7‐イルO,O‐ジエチルホスホロチオアート
58-90-2 2,3,4,6−テトラクロロフェノール
64-69-7 ヨード酢酸
70-30-4 2,2’‐メチレンビス(3,4,6‐トリクロロフェノール)
75-75-2 メタンスルホン酸
76-01-7 ペンタクロロエタン
78-32-0 リン酸トリ(4‐メチルフェニル)
80-38-6 ベンゼンスルホン酸4‐クロロフェニル
81-15-2 5‐tert‐ブチル‐2,4,6‐トリニトロ‐m‐キシレン
88-06-2 2,4,6−トリクロロフェノール
88-12-0 N−ビニル−2−ピロリドン
88-74-4 o‐ニトロアニリン
90-43-7 o−フェニルフェノール
92-93-3 4−ニトロビフェニル
95-65-8 3,4−キシレノール
95-69-2 2‐アミノ‐5‐クロロトルエン
95-76-1 3,4−ジクロロアニリン
95-95-4 2,4,5−トリクロルフェノール
97-02-9 2,4−ジニトロアニリン
97-86-9 メタクリル酸イソブチル
97-99-4 テトラヒドロフルフリルアルコール
99-55-8 2‐メチル‐5‐ニトロアニリン
101-05-3 4,6‐ジクロロ‐N‐(2‐クロロフェニル)‐1,3,5‐トリアジン‐2‐アミン(別名アニラジン)
101-27-9 N‐(3‐クロロフェニル)カルバミド酸4‐クロロ‐2‐ブチニル
103-65-1 プロピルベンゼン
105-36-2 ブロモ酢酸エチル
107-01-7 2−ブテン
107-64-2 ジメチルジオクタデシルアンモニウムクロリド
108-65-6 プロピレングリコールメチルエーテルアセタート
109-55-7 N,N−ジメチル−1,3−ジアミノプロパン
110-71-4 1,2‐ジメトキシエタン
111-27-3 1−ヘキサノール
111-46-6 ジエチレングリコール
111-48-8 チオジエチレングリコール
112-24-3 トリエチレンテトラミン
112-34-5 ジエチレングリコールモノブチルエーテル
112-57-2 テトラエチレンペンタミン
115-10-6 ジメチルエーテル
119-64-2 1,2,3,4−テトラヒドロナフタレン
123-54-6 アセチルアセトン
143-22-6 トリエチレングリコールモノブチルエーテル
149-30-4 2−メルカプトベンゾチアゾール
301-12-2 チオりん酸S−[2−(エチルスルフィニル)エチル]O,O−ジメチル(別名オキシデメトン−メチル)
540-88-5 酢酸tert−ブチル
541-73-1 m‐ジクロロベンゼン
624-41-9 酢酸2−メチルブチル
842-07-9 1−フェニルアゾ−2−ナフトール(別名C.I.ソルベントイエロー14)
919-30-2 3−アミノプロピルトリエトキシシラン
1085-98-9 N,N‐ジメチル‐N’‐フェニル‐N’‐(フルオロジクロロメチルチオ)スルファミド
1303-28-2 五酸化二ヒ素
1303-32-8 硫化第一ヒ素
1303-33-9 硫化第二ヒ素
1303-39-5 ヒ酸亜鉛
1313-99-1 酸化ニッケル(II)
1918-18-9 3,4−ジクロロフェニルカルバミド酸メチル
2303-16-4 ジイソプロピルチオカルバミド酸S‐(2,3‐ジクロロアリル)
3129-91-7 ジシクロヘキシルアミン亜硝酸塩
3173-72-6 ナフチレン−1,5−ジイソシアネート
5131-66-8 プロピレングリコールモノブチルエーテル
6423-72-9 メタンアルソン酸カルシウム
7440-02-0 ニッケル
7440-38-2 砒素
7681-52-9 次亜塩素酸ナトリウム
7718-54-9 塩化ニッケル(II)
7774-41-6 ヒ酸1/2水和物
7778-39-4 ヒ酸
7778-43-0 ヒ酸水素二ナトリウム
7778-44-1 ヒ酸カルシウム
7779-90-0 リン酸亜鉛
7784-34-1 三塩化ヒ素
7784-35-2 フッ化ヒ素(III)
7784-36-3 フッ化ヒ素(V)
7784-38-5 ヒ酸マンガン
7784-40-9 ヒ酸鉛
7784-41-0 ヒ酸カリウム
7784-46-5 亜砒酸ナトリウム
7786-81-4 硫酸ニッケル(II)
10031-13-7 亜ヒ酸鉛
10102-49-5 ヒ酸鉄
10103-61-4 ヒ酸銅
10124-50-2 亜ヒ酸カリウム
10605-21-7 2−メトキシカルボニルアミノ−ベンゾイミダゾール
12002-03-8 アセト亜ヒ酸銅
12054-48-7 水酸化ニッケル(II)
12279-90-2 四硫化四ヒ素
13138-45-9 硝酸ニッケル(II)
13464-38-5 ヒ酸ナトリウム
13927-77-0 ジブチルジチオカルバミン酸ニッケル
14220-17-8 シアン化ニッケルカリウム
14267-17-5 ジエチルジチオカルバミン酸ニッケル
16812-54-7 硫化ニッケル(II)
17068-86-9 フッ化ヒ酸石灰
22441-45-8 五塩化ヒ素
27152-57-4 亜ヒ酸カルシウム
28434-01-7 ビオレスメトリン
29935-35-1 ヘキサフルオロヒ酸リチウム
33972-75-7 メタンアルソン酸鉄
<ご利用にあたっての注意>
 GHSモデルSDS情報は、GHS(化学品の分類および表示に関する世界調和システム)に基づくSDSの作成の際の参考になるよう作成したものです。したがって、化学物質情報をSDS等の作成の参考にする時は事業者の責任において行ってください。
 また、内容をそのままダウンロードして営利目的に使用することはお断り致します。
 なお、GHSモデルSDS情報は、あくまでも主として分類マニュアルに定めた情報源と技術指針に定めた判定方法等に基づき分類した際の結果を用いているものであり、他の文献、試験結果等により、本内容と異なる内容でSDSを作成することを妨げるものではありません。