働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

がん原性試験実施結果

エチレングリコールモノエチルエーテルアセテートのラット及びマウスを用いた吸入投与によるがん原性試験結果の概要

【ラット】
 エチレングリコールモノエチルエーテルアセテートのがん原性を検索する目的でF344/DuCrlCrljラットを用いた吸入による2年間(104週間)の試験を実施した。
 本試験は、被験物質投与群3群と対照群1群の計4群の構成で、各群雌雄とも50匹とし、合計400匹を用いた。被験物質の投与は、エチレングリコールモノエチルエーテルアセテートを1日6時間、1週5日間、104週間、動物に全身暴露することにより行った。投与濃度は、雌雄とも0(対照群)、12、50及び200ppmとした。観察、検査として、一般状態の観察、体重及び摂餌量の測定、血液学的検査、血液生化学的検査、尿検査、剖検、臓器重量測定及び病理組織学的検査を行った。
 エチレングリコールモノエチルエーテルアセテートの暴露の結果、生存率及び一般状態に暴露による影響はみられなかった。体重では、雌雄の200ppm群で投与期間を通じて増加の抑制がみられた。摂餌量は、雄の200ppm群でほぼ投与期間を通じて低値を示し、雌でも200ppm群はやや低値で推移した。
 病理組織学的検査の結果、雌雄とも投与群にエチレングリコールモノエチルエーテルアセテートの暴露による腫瘍の発生増加及び腫瘍関連病変の発生増加は認められなかった。非腫瘍性病変としては、雌雄の200ppm群で鼻腔(嗅上皮、呼吸上皮)に暴露の影響がみられ、嗅上皮に萎縮とエオジン好性変化及び呼吸上皮にエオジン好性変化の発生増加や程度の増強がみられた。
 以上のように、F344/DuCrlCrljラットを用いて、エチレングリコールモノエチルエーテルアセテートの2年間(104週間)にわたる吸入によるがん原性試験を行った結果、以下の結論を得た。
 雌雄とも腫瘍の発生増加は認められず、エチレングリコールモノエチルエーテルアセテートのラットに対するがん原性はなかった。
エチレングリコールモノエチルエーテルアセテートのがん原性試験における主な腫瘍発生(ラット 雄)
投 与 濃 度 (ppm)01250200Peto
検定
Cochran-
Armitage
検定
検査動物数50505050
良性腫瘍 皮下組織線維腫4443
細気管支-肺胞上皮腺腫6241
膵臓島細胞腺腫6733
下垂体腺腫89126
甲状腺C-細胞腺腫91589
副腎褐色細胞腫4386
精巣間細胞腫43464044
悪性腫瘍 脾臓単核球性白血病3424
腹膜中皮腫1030
エチレングリコールモノエチルエーテルアセテートのがん原性試験における主な腫瘍発生(ラット 雌)
投 与 濃 度 (ppm)01250200Peto
検定
Cochran-
Armitage
検定
検査動物数50505050
良性腫瘍 下垂体腺腫1212129
甲状腺C-細胞腺腫2726
子宮子宮内膜間質性ポリープ4737
乳腺線維腺腫10662*
悪性腫瘍 脾臓単核球性白血病9752*
甲状腺C-細胞癌1141
副腎褐色細胞腫:悪性0301
子宮子宮内膜間質性肉腫3022
いずれかの群に5%以上の発生が認められた腫瘍を記載した。
*: p≦0.05で有意**: p≦0.01で有意(Fisher検定)
↑: p≦0.05で有意増加↑↑: p≦0.01で有意増加(Peto, Cochran-Armitage検定)
↓: p≦0.05で有意減少↓↓: p≦0.01で有意減少(Cochran-Armitage検定)
【マウス】
 エチレングリコールモノエチルエーテルアセテートのがん原性を検索する目的でB6D2F1/Crljマウスを用いた吸入による2年間(104週間)の試験を実施した。
 本試験は、被験物質投与群3群と対照群1群の計4群の構成で、各群雌雄とも50匹とし、合計400匹を用いた。被験物質の投与は、エチレングリコールモノエチルエーテルアセテートを1日6時間、1週5日間、104週間、動物に全身暴露することにより行った。投与濃度は、雌雄とも0(対照群)、11、66及び400ppmとした。観察、検査として、一般状態の観察、体重及び摂餌量の測定、血液学的検査、血液生化学的検査、尿検査、剖検、臓器重量測定及び病理組織学的検査を行った。
 エチレングリコールモノエチルエーテルアセテートの暴露の結果、雄の投与群の生存率がやや低値であったが、特定の死因は認められなかった。雌の生存率に暴露の影響はみられなかった。一般状態にも暴露の影響はみられなかった。体重は、雄では400ppm群で投与期間前半に増加の抑制がみられ、それ以降も対照群に比べやや低値で推移した。また、雌でも、400ppm群は試験期間を通じて対照群に比べやや低値であった。摂餌量は、雌雄とも400ppm群でやや低値であった。
 病理組織学的検査の結果、雌雄とも投与群にエチレングリコールモノエチルエーテルアセテートの暴露による腫瘍の発生増加及び腫瘍関連病変の発生増加は認められなかった。非腫瘍性病変としては、雌雄とも鼻腔(嗅上皮、嗅上皮の固有層の腺、呼吸上皮)に暴露の影響がみられた。嗅上皮には、呼吸上皮化生と萎縮が雌雄ともに66ppm以上の群で認められた。また、嗅上皮の固有層には腺の呼吸上皮化生が雄の400ppm群と雌の66ppm以上の群で認められ、呼吸上皮にはエオジン好性変化が雌の66ppm以上の群で増加を示した。
 以上のように、B6D2F1/Crljマウスを用いて、エチレングリコールモノエチルエーテルアセテートの2年間(104週間)にわたる吸入によるがん原性試験を行った結果、以下の結論を得た。
 雌雄とも腫瘍の発生増加は認められず、エチレングリコールモノエチルエーテルアセテートのマウスに対するがん原性はなかった。
エチレングリコールモノエチルエーテルアセテートのがん原性試験における主な腫瘍発生(マウス 雄)
投 与 濃 度 (ppm)01166400Peto
検定
Cochran-
Armitage
検定
検査動物数50505050
良性腫瘍 細気管支-肺胞上皮腺腫4375
肝臓肝細胞腺腫48109
ハーダー腺腺腫4023
悪性腫瘍 細気管支-肺胞上皮癌4366
リンパ節悪性リンパ腫1481113
肝臓肝細胞癌54115
肝臓肝芽腫0100
肝臓血管肉腫3424
肝臓肝細胞腺腫 + 肝細胞癌91120*13
肝臓肝細胞腺腫 + 肝細胞癌
+ 肝芽腫
91220*13
エチレングリコールモノエチルエーテルアセテートのがん原性試験における主な腫瘍発生(マウス 雌)
投 与 濃 度 (ppm)01166400Peto
検定
Cochran-
Armitage
検定
検査動物数50505050
良性腫瘍 細気管支-肺胞上皮腺腫2302
肝臓肝細胞腺腫4617
肝臓血管腫0102
下垂体腺腫2776
悪性腫瘍 リンパ節悪性リンパ腫17161910
脾臓組織球性肉腫0300
肝臓組織球性肉腫3004
肝臓血管肉腫0222
子宮組織球性肉腫1012610
肝臓血管腫 + 血管肉腫0324
対照群または投与群の何れかの群に5%以上の発生が認められた腫瘍のみ記載
*: p≦0.05で有意**: p≦0.01で有意(Fisher検定)
↑: p≦0.05で有意増加↑↑: p≦0.01で有意増加(Peto, Cochran-Armitage検定)
↓: p≦0.05で有意減少↓↓: p≦0.01で有意減少(Cochran-Armitage検定)