働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

モデルSDS情報 更新情報

 ご利用にあたっての注意

すべてから検索してご覧になりたい方は、GHSモデルSDS情報ページをご覧下さい。

GHSモデルSDS検索ページへ
2009年6月23日に下記18物質を掲載しました。
CAS番号 名 称(和名)
78-57-9 ジチオりん酸S‐(4,6‐ジアミノ‐1,3,5‐トリアジン‐2‐イルメチル)O,O‐ジメチルメナゾン
94-81-5 4‐(4‐クロロ‐2‐メチルフェノキシ)酪酸
95-87-4 2,5‐キシレノール
100-46-9 ベンジルアミン
107-70-0 4‐メトキシ‐4‐メチル‐2‐ペンタン‐2‐オン
108-41-8 3‐クロロトルエン
501-53-1 クロロぎ酸ベンジル
4986-89-4 ペンタエリスリトールテトラアクリレート
8009-03-8 ペトロラタム
13684-56-5 エチル=3-フェニルカルバモイルオキシカルバニラート
13684-63-4 3−メトキシカルボニルアミノフェニルN−(3′−メチルフェニル)カルバメート
13775-53-6 ヘキサフルオロアルミン酸三ナトリウム
19666-30-9 オキサジアゾン
41394-05-2 4‐アミノ‐3‐メチル‐6‐フェニル‐1,2,4‐トリアジン‐5(4H)‐オン
42152-47-6 7‐メチル‐1,6‐オクタジエン
42978-66-5 トリプロピレングリコールジアクリレート
57966-95-7 (2‐シアノ‐2‐メトキシイミノアセチル)‐3‐エチルウレア
103055-07-8 (RS)‐1‐[2,5‐ジクロロ‐4‐(1,1,2,3,3,3‐ヘキサフルオロプロポキシ)フェニル]‐3‐(2,6‐ジフルオロベンゾイル)ウレア
<ご利用にあたっての注意>
 GHSモデルSDS情報は、GHS(化学品の分類および表示に関する世界調和システム)に基づくSDSの作成の際の参考になるよう作成したものです。したがって、化学物質情報をSDS等の作成の参考にする時は事業者の責任において行ってください。
 また、内容をそのままダウンロードして営利目的に使用することはお断り致します。
 なお、GHSモデルSDS情報は、あくまでも主として分類マニュアルに定めた情報源と技術指針に定めた判定方法等に基づき分類した際の結果を用いているものであり、他の文献、試験結果等により、本内容と異なる内容でSDSを作成することを妨げるものではありません。