働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

がん原性試験実施結果

クロロホルムの吸入によるがん原性試験結果の概要

1. 目的
 クロロホルムのがん原性を検索する目的で、ラットおよびマウスを用いた吸入投与(全身ばく露)による長期試験を実施した。
2. 方法
○対象動物
 試験には、F344/DuCrj(Fischer)ラット(6週齢)およびCrj:BDF1マウス(6週齢)を用い、それぞれ雌雄各群50匹、4群の構成とし、合わせてラット400匹、マウス400匹を使用した。
○投与方法
 クロロホルムの濃度をラットでは雌雄とも90、30、10、0ppm(対照群)、マウスではクロロホルムに対する耐性を確保するため5ppmから段階的に濃度を上げて最終的に雌雄とも90、30、5、0ppm(対照群)とし、1日6時間、週5日、投与した。投与濃度は13週間の予備試験結果(マウスの雄は28日間試験を追加)に基づいて決定した。投与期間は104週間(2年間)とした。
○観察、検査項目
 一般状態の観察、体重と摂餌量の測定、尿検査、血液学的検査、血液生化学的検査、剖検、臓器重量測定、病理組織学的検査を実施した。
3. 結果
○ラット
・生存数等
 生存数は、雌雄とも対照群と比べて有意な低下を示した群はなく、むしろ雄では全投与群で高かった。体重は、雌雄とも90ppm群で対照群と比較して増加抑制が認められた。
・腫瘍性病変
 雌雄ともクロロホルムの投与による腫瘍の発生増加は認められなかった。
○ マウス
・生存数等
 生存数は、雌雄ともに対照群と比べて有意な低下を示した群はなかった。体重は、雄では全投与群で、雌では90ppm群で対照群に比較して増加抑制が認められた。
・腫瘍性病変(表1)
 雄では腎細胞癌の発生増加が90ppm群で、また腎細胞癌と腎細胞腺腫を合わせた発生の増加が30ppm以上の群で認められた。雌では、肝細胞癌の発生が増加傾向を示した。
表1 腫瘍の発生数(マウス)
濃度対照群5ppm群30ppm群90ppm群
雄(検査動物数)(50)(50)(50) (49)
  腎臓 腎細胞癌 0 1 4 11
      腎細胞腺腫 0 0 3 1
雌(検査動物数)(50) (49) (50) (48)
  肝臓 肝細胞癌 1 1 0 3
4. まとめ
 2年間にわたるクロロホルムの吸入投与(全身ばく露)によるがん原性試験の結果、ラットでは雌雄ともクロロホルムの投与による腫瘍の発生増加は認められず、F344/DuCrj(Fischer)ラットの雌雄に対するがん原性が証明されなかった。マウスでは雄の30ppm以上の群に腎細胞癌と腎細胞腺腫の発生増加が認められ、また、雌では肝細胞癌の発生増加傾向が認められた。クロロホルムのCrj:BDF1マウスの雄に対するがん原性が証明された。