働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

  1. ホーム >
  2. 安全衛生キーワード >
  3. 電動ファン付き呼吸用保護具

安全衛生キーワード(用語集)

安全衛生のキーワードで関心が高いものについて解説しています。

電動ファン付き呼吸用保護具

1 電動ファン付き呼吸用保護具とは

電動ファン付き呼吸用保護具(Powered Air Purifying Respirators、以下「PAPR:ピーエーピーアール」という)は、「ろ過式呼吸用保護具」の一種で、空気中の粒子(粉じん)をフィルタによって除去し、電動ファンとバッテリを使用して着用者に送風するため、自分の肺で空気を吸引する防じんマスクより楽に呼吸ができ、着用者の面体等の内部が外気圧より高く保たれる(陽圧)ため外気の漏れが少ない、防護率の高い呼吸保護具のことです。PAPRは、防じんマスクと比べ一般的に防護係数が高く、労働者の健康障害防止の観点からより有用であるため、着用が義務付けられている特定の作業以外の作業においてもPAPRを着用することが望まれます。

但し、PAPRには酸素を供給する能力はありませんので、酸素欠乏環境(酸素濃度18%未満)では給気式の呼吸用保護具を使用してください。また、PAPRは有毒ガスや化学物質を除去出来ませんので、有毒ガス環境では対象とする有毒ガスや化学物質(例えばダイオキシン等)を除去出来る適切な吸収缶と防毒マスク、若しくは送気マスクを使用してください。

PAPRは、労働安全衛生法第42条に基づき「電動ファン付き呼吸用保護具の規格」(平成26年11月28日 厚生労働省告示第455号)が定められ、同年12月1日から適用されていますので国家検定(型式検定)に合格したPAPRを使用してください。

2 呼吸用保護具の着用の徹底及び適正な着用の推進

事業者は、労働者に有効な呼吸用保護具を使用させるため、次の措置を講じる必要があります。

ア 保護具着用管理責任者の選任

作業場ごとに、「保護具着用管理責任者」を、衛生管理者、安全衛生推進者又は衛生推進者等、労働衛生に関する知識、経験等を有する者から選任すること。

イ 呼吸用保護具の適正な選択、使用及び保守管理の推進

  1. [1]呼吸用保護具の適正な選択、使用、顔面への密着性の確認等に関する指導
  2. [2]呼吸用保護具の保守管理及び廃棄
  3. [3]呼吸用保護具のフィルタの交換の基準を定め、フィルタの交換日等を記録する台帳を整備すること等、フィルタの交換の管理

ウ 電動ファン付き呼吸用保護具の使用推進

電動ファン付き呼吸用保護具は、防じんマスクと比べて、一般的に防護係数が高く労働者の健康障害防止の観点からより有用であることから、その着用が義務付けられている特定の作業以外の作業においても、その防護係数等の性能を確認した上で、これを着用することが望ましいため、その着用を推進すること

3 粉じんによる健康被害

じん肺を引き起こす原因となる粉じんは、空気中に浮遊する固体粒子をいい、溶接のように固体が蒸発し、冷えて凝縮して出来たヒュームなどが含まれます。これら身体に有害な粒子、小さな土ぼこりや金属の粒などの無機物または鉱物性の粉じんの発生する環境で作業を行っている者が、粉じんを長い年月にわたって多量に吸い込むことで、肺の組織が線維化し、硬くなって弾力性を失ってしまった病気をじん肺といいます。中でもけい肺(じん肺の種類の一つ)は、粉じん作業から離れても病変が進展することが知られており、離職後も注意深い観察が大切です。けい肺発症の代表的な職場として、鉱山、隧道、窯業などが挙げられます。

粉じんにばく露する危険性がある粉じん作業として、じん肺施行規則では、土石、岩石又は鉱物を掘削する場所における作業、鉱物等を積載した車の荷台をくつがえし、又は傾けることにより鉱物等を積み卸す場所における作業、坑内の鉱物等を破砕し、粉砕し、ふるい分け、 積み込み、又は積み卸す場所における作業等が定められています。これらの他に、アーク溶接作業と岩石等の切断作業、ずい道等の建設工事、ナノマテリアル、インジウム化合物等を製造し又は取り扱う作業、廃棄物焼却施設関連作業におけるダイオキシン類ばく露、などがあります。

4 第8次粉じん障害防止総合対策について

我が国では、新たにじん肺の所見がみられた労働者の数は、粉じん障害防止規則が全面施行された昭和56年と比べ大幅に減少し、近年は200人台で推移しており、平成23年では初めて200人を下回り(174人)、粉じん障害の防止対策は奏功しています。これを踏まえ、厚生労働省は、粉じん障害防止対策をより一層推進するため、第8次粉じん障害防止総合対策(平成25年度〜平成29年度)を策定し、事業者が重点的に講ずべき措置を示して粉じん障害防止対策を推進しています。

5 電動ファン付き呼吸用保護具に関する規格、関係通達等

  • 「防じんマスクの選択、使用等について」平成17年2月7日付け基発第0207006号
  • 「電動ファン付き呼吸用保護具の規格の適用等について」平成26年11月28日基発1128第12号
  • 「呼吸補助形電動ファン付き呼吸用保護具の取扱いについて」基発0212第4号平成27年2月12日

6 関連資料(法令、通達、ガイドラインなど)

法令