働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

  1. ホーム >
  2. 安全衛生キーワード >
  3. 生物学的モニタリング

安全衛生キーワード(用語集)

安全衛生のキーワードで関心が高いものについて解説しています。

生物学的モニタリング

有機溶剤などの有害物にばく露すると、体内に取り込まれ、体内で化学的な変化(代謝)を受けてほとんどが尿などになって排泄されますが、一部が体内に蓄積されます。したがって、体内に摂取された有害物の量と、排泄された量との関係が明らかな場合は、排泄された物質の量を分析することにより、体内に蓄積された有害物の量をある程度推定することができます。このような方法により、有害物へのばく露の程度を把握する手法を生物学的モニタリングといいます。

生物学的モニタリングは、体内に摂取された有害物の量と排泄された物質の量との関係が分かっている物質であれば行うことができますが、特殊健康診断においては有機溶剤8物質、金属1物質についてその検査が義務付けられています。

なお、生物学的モニタリングは、作業者の血液、尿などに含まれる化学物質の代謝物等を分析し、その値によってばく露量の程度を評価することなので、作業者が健康かどうか直接評価するものではありません。

物質名 検査内容
トルエン 尿中馬尿酸
キシレン 尿中メチル馬尿酸
スチレン 尿中マンデル酸
テトラクロルエチレン 尿中トリクロル酢酸又は総三塩化物
1.1.1-トリクロルエタン 尿中トリクロル酢酸又は総三塩化物
トリクロルエチレン 尿中トリクロル酢酸又は総三塩化物
N.N-ジメチルホルムアミド 尿中N-メチルホルムアミド
ノルマルヘキサン 尿中ヘキサンジオン
血液中鉛、尿中デルタアミノレブリン酸