働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

  • ホーム > 安衛法名称公表化学物質等
安衛法名称公表化学物質等

安衛法新規化学物質 追加一覧(264件)

平成30年3月27日公示分

官報通し
番号
名 称 構造式
26555アクリルアミド・6T−アクリルアミド−6T−デオキシシクロマルトヘプタ
オース・−(1−アダマンチル)アクリルアミド・6T,6U−ジアクリル
アミド−6T,6U−ジデオキシシクロマルトヘプタオース・6T,6V−ジ
アクリルアミド−6T,6V−ジデオキシシクロマルトヘプタオース・6T
W−ジアクリルアミド−6T,6W−ジデオキシシクロマルトヘプタオース
共重合物の包接反応生成物
-
26556{アクリルアミド・[2−(アクリロイルオキシ)エチル](ベンジル)(ジ
メチル)アンモニウム=クロリド・2−(ジメチルアミノ)エチル=メタクリ
ラート・ナトリウム=2−メチルプロパ−2−エン−1−スルホナート・ベン
ジル[2−(メタクリロイルオキシ)エチル](ジメチル)アンモニウム=ク
ロリド・2−メチリデンコハク酸共重合物とグリオキサールの反応生成物}と
硫酸の塩
-
26557T−アクリルアミド−6T−デオキシシクロマルトヘプタオース(主成分)
と6T,6U−ジアクリルアミド−6T,6U−ジデオキシシクロマルトヘプ
タオースと6T,6V−ジアクリルアミド−6T,6V−ジデオキシシクロマ
ルトヘプタオースと6T,6W−ジアクリルアミド−6T,6W−ジデオキシ
シクロマルトヘプタオースの混合物
-
26558アクリル酸・エチル=アクリラート・オキソラン−2−イル=アクリラート・
シクロヘキシル=アクリラート・メチル=メタクリラート共重合物
-
26559アクリル酸・2−エチルヘキシル=アクリラート・3,3,4,4,5,5,
6,6,7,7,8,8,8−トリデカフルオロオクチル=アクリラート・メ
チル=アクリラート共重合物
-
26560アクリル酸・2−エチルヘキシル=アクリラート・2−ヒドロキシプロピル=
アクリラート共重合物と2,4−ジイソシアナトトルエンと2−ヒドロキシプ
ロピル=アクリラートの付加反応生成物
-
26561アクリル酸・4−オキサテトラシクロ[6.2.1.02,7.03,5]ウ
ンデカン−9−イル=アクリラート・4−オキサテトラシクロ[6.2.1.
2,7.03,5]ウンデカン−10−イル=アクリラート・ブチル=メタ
クリラート共重合物
-
26562アクリル酸・オキシラン−2−イルメチル=メタクリラート・2−(ジメチル
アミノ)エチル=メタクリラート・スチレン・3−(トリエトキシシリル)プ
ロピル=メタクリラート・2−ヒドロキシエチル=メタクリラート・ブチル=
アクリラート・メチル=メタクリラート共重合物と2−(クロロメチル)オキ
シランの第四級アンモニウム塩形成反応生成物
-
26563アクリル酸・スチレン・ベンジル=メタクリラート・メタクリル酸共重合物と
2−イソシアナトエチル=メタクリラートとオキシラン−2−イルメチル=メ
タクリラートの付加反応生成物
-
26564アクリル酸とイコサン二酸と8−エチルオクタデカン二酸とオクタデカン酸と
[2−(クロロメチル)オキシラン・4,4’−ビス(クロロメチル)ビフェ
ニル・フェノール重縮合物(環置換反応生成物を含むものに限る。)]とシク
ロヘキサン−1,2,4−トリカルボン酸=1,2−無水物とドコサン酸とヘ
キサデカン二酸の反応生成物
-
26565({アクリル酸と[1,2−クレゾール・ホルムアルデヒド重縮合物と2−(
クロロメチル)オキシランの縮合反応生成物]のエステル化反応生成物}とシ
クロヘキサ−4−エン−1,2−ジカルボン酸無水物と無水コハク酸のエステ
ル化反応生成物)とオキシラン−2−イルメチル=メタクリラートのエステル
化反応生成物
-
26566(アクリル酸とプロパン−1,2−ジオールの1:1エステル化反応生成物)
と{エチレン=グリコール・シクロヘキサン−1,4−ジカルボン酸・2,2
’−[(9−フルオレン−9,9−ジイル)ビス(4,1−フェニレンオキ
シ)]ジエタノール重縮合物}と1,3−ビス(イソシアナトメチル)シクロ
ヘキサンの付加反応生成物
-
265672−({3−(アクリロイルオキシ)−2−[(アクリロイルオキシ)メチル
]−2−(ヒドロキシメチル)プロポキシ}メチル)−2−[(アクリロイル
オキシ)メチル]プロパン−1,3−ジイル=ジアクリラートと2−({3−
(アクリロイルオキシ)−2,2−ビス[(アクリロイルオキシ)メチル]プ
ロポキシ}メチル)−2−[(アクリロイルオキシ)メチル]プロパン−1,
3−ジイル=ジアクリラートとスルファニル酢酸と2,2−ビス{[(スルフ
ァニルアセチル)オキシ]メチル}プロパン−1,3−ジイル=ビス(スルフ
ァニルアセタート)の反応生成物
-
26568α−アクリロイル−ω−ヒドロキシポリ(オキシエチレン)・エチレン=4−
{[1,1,1,4,5,5,5−ヘプタフルオロ−3−(ヘプタフルオロプ
ロパン−2−イル)−4−(トリフルオロメチル)ペンタ−2−エン−2−イ
ル]オキシ}ベンゾアート=メタクリラート・α−[ブチル(ジメチル)シリ
ル]−ω−[3−(メタクリロイルオキシ)プロピル]ポリ[オキシ(ジメチ
ルシランジイル)]共重合物
-
26569α−アクリロイル−ω−ヒドロキシポリ(オキシエチレン)・エチレン=4−
{[1,1,1,4,5,5,5−ヘプタフルオロ−3−(ヘプタフルオロプ
ロパン−2−イル)−4−(トリフルオロメチル)ペンタ−2−エン−2−イ
ル]オキシ}ベンゾアート=メタクリラート・α−[ブチル(ジメチル)シリ
ル]−ω−[3−(メタクリロイルオキシ)プロピル]ポリ[オキシ(ジメチ
ルシランジイル)]共重合物と2−イソシアナトエチル=アクリラートの付加
反応生成物
-
26570{[アジピン酸・イソフタル酸・(不飽和脂肪酸(C=18)の二量体として
得られる非環式ダイマー酸(C=36を主成分とする。)の水素化反応生成物
)・ヘキサン−1,6−ジオール重縮合物]・[2−アミノエタノール・1,
4−ビス(オキシラン−2−イルメトキシ)ブタン重付加物]・5−イソシア
ナト−1−(イソシアナトメチル)−1,3,3−トリメチルシクロヘキサン
・オキシラン−2−イルメチル=アルカノアート(C=10、分枝型)・2,
3−ジヒドロキシプロピル=メタクリラート・1,3−ビス(2−イソシアナ
トプロパン−2−イル)ベンゼン・3−ヒドロキシ−2−(ヒドロキシメチル
)−2−メチルプロパン酸重付加物と2−(ジメチルアミノ)エタノールの塩
}・2−エチルヘキシル=アクリラート・メチル=メタクリラート共重合物
-
26571アジリジン重付加物と−ジメチルアセトアミドとα−メチル−ω−(ト
シルオキシ)ポリ(オキシエチレン)の反応生成物
-
26572アシルグリセロールリパーゼ(Penicillium spp
-
265732−[(アセチルオキシ)イミノ]−1−(9,9−ジエチル−9−フルオ
レン−2−イル)プロパン−1−オン
265744−アセトアミド−3−ニトロフェネチル=アセタート
265754−アセトアミドフェネチル=アセタート
26576N−(1−アダマンチル)アクリルアミド
26577−(2−アミノエチル)−’−{2−[(2−アミノエチル)アミノ]エ
チル}エタン−1,2−ジアミンと−(2−アミノエチル)エタン−1,2
−ジアミンとトール油脂肪酸と’−ビス(2−アミノエチル)エタン−
1,2−ジアミンと無水マレイン酸のアミド化反応生成物
-
26578−(2−アミノエチル)エタン−1,2−ジアミン・5−イソシアナト−1
−(イソシアナトメチル)−1,3,3−トリメチルシクロヘキサン・3,5
−ジメチル−1−ピラゾール・12−ヒドロキシオクタデカン酸・3−ヒド
ロキシ−2−(ヒドロキシメチル)−2−メチルプロパン酸・α−ヒドロ−ω
−ヒドロキシポリ(オキシブタン−1,4−ジイル)重付加物
-
265793’−アミノ−3−オキソ−2−[(2−オキソ−2,3−ジヒドロ−1
1,3−ベンゾイミダゾール−5−イル)ヒドラゾノ]ブタンアニリドと(オ
クタデシル=メタクリラート・スチレン・メタクリル酸共重合物)のアミド化
反応生成物
-
265803−アミノ−3−[3−クロロ−4−(3,3−ジメチルブチル)フェニル]
−2−イソプロピルブタン−1−オール
265812−アミノ−6−クロロ−4−メチルニコチノニトリルと6−アミノ−2−ク
ロロ−4−メチルニコチノニトリルを主成分とする、アンモニアと2,6−ジ
クロロ−4−メチルニコチノニトリルの反応生成物
26582T−アミノ−6T−デオキシシクロマルトヘプタオース
-
265832−(4−アミノ−3−ニトロフェニル)エタノール
265844−(3−アミノプロポキシ)ブタン−1−オール
26585[(α−[1−(アルキル(C=10〜14、分枝型)オキシ)−3−(アリ
ルオキシ)プロパン−2−イル]−ω−ヒドロキシポリ(オキシエチレン)を
主成分とする、{2−[(アリルオキシ)メチル]オキシランとアルカノール
(C=10〜14、分枝型)の反応生成物}・オキシラン重付加物)の硫酸エ
ステル化反応生成物]・エチル=メタクリラート・エチレン=ジメタクリラー
ト・シクロヘキシル=メタクリラート・ブチル=メタクリラート・メタクリル
酸共重合物のカリウム塩
-
265869−アントリルメタノールと(4−ビニルフェノール重合物)の反応生成物
-
26587アンモニウムと[エチレン=ジメタクリラート・(トリフルオロメタンスルホ
ニル)(4−ビニルベンゼンスルホニル)アザン・メタクリル酸・メチル=メ
タクリラート共重合物]と2−[7−(ジエチルアミノ)−2−オキソ−2
−クロメン−3−イル]−1,3−ジメチル−1−1,3−ベンゾイミダゾ
ール−3−イウムとナトリウムの塩
-
26588アンモニウムと[エチレン=ジメタクリラート・(トリフルオロメタンスルホ
ニル)(4−ビニルベンゼンスルホニル)アザン・メタクリル酸・メチル=メ
タクリラート共重合物]と(4−{1−[4−(ジエチルアミノ)フェニル]
−1−[4−(エチルアミノ)−1−ナフチル]メチリデン}シクロヘキサ−
2,5−ジエン−1−イリデン)(ジエチル)アンモニウムとナトリウムの塩
-
26589アンモニウムと[エチレン=ジメタクリラート・(トリフルオロメタンスルホ
ニル)(4−ビニルベンゼンスルホニル)アザン・メタクリル酸・メチル=メ
タクリラート共重合物]と3,6−ビス(ジエチルアミノ)−9−[2−(メ
トキシカルボニル)フェニル]−10λ−キサンテン−10−イリウムとナ
トリウムの塩
-
265902−イソチオシアナトブタン
26591(4−イソプロピルフェニル)(4−トリル)ヨードニウム=トリフルオロ[
トリス(ペンタフルオロエチル)]−λ−ホスファヌイド
26592−イソプロピル−4−メチリデンクロマン−6−カルボキサミド
26593(1,2,5)−2−イソプロピル−4’−メトキシ−5−メチルシク
ロヘキサンカルボキサニリド
26594エチル=1−アセチルピペリジン−4−カルボキシラート
26595エチル=7−(3−アミノピロリジン−1−イル)−1−(2,4−ジフルオ
ロフェニル)−6−フルオロ−4−オキソ−1,4−ジヒドロ−1,8−ナフ
チリジン−3−カルボキシラート
26596(3−エチルオキセタン−3−イル)メチル=メタクリラート・tert−ブ
チル=メタクリラート・メタクリル酸・[2−(メタクリロイルオキシ)エチ
ル](トリメチル)アンモニウム=クロリド共重合物
-
26597エチル=3−{4−[3−クロロ−4−(3,3−ジメチルブチル)フェニル
]−5−イソプロピル−4−メチル−2−オキソ−3,4−ジヒドロピリミジ
ン−1(2)−イル}プロパノアート
26598エチル=3−(3−{2−[3−クロロ−4−(3,3−ジメチルブチル)フ
ェニル]−3−(ヒドロキシメチル)−4−メチルペンタン−2−イル}ウレ
イド)プロパノアート
26599エチル=4−[(4−シクロプロピル−3−イソキノリル)スルファモイル]
ベンゾアート
26600エチル=4−{−(4−シクロプロピル−3−イソキノリル)−−[4−
(トリフルオロメトキシ)ベンジル]スルファモイル}ベンゾアート
26601エチル=シクロペンタ−2−エン−1−イルアセタート
266022−エチル−2−(ヒドロキシメチル)プロパン−1,3−ジイル=ビス(フ
ェニルカルバマート)
26603エチル=1−ピラゾール−4−カルボキシラート
266042−エチルヘキサナール・(4−ビニルフェノール重合物)重縮合物
-
266052−エチルヘキサン−1−オールと4−ヒドロキシ安息香酸の反応生成物の2
−エチルヘキシル=4−ヒドロキシベンゾアート精製時の蒸留残渣
-
26606(2−エチルヘキサン−1−オールと4−ヒドロキシ安息香酸の反応生成物の
2−エチルヘキシル=4−ヒドロキシベンゾアート精製時の蒸留残渣)と水酸
化ナトリウムと水の反応生成物
-
26607エチル=−[(ベンジルオキシ)カルボニル]−L−セリル−L−チロシル
−D−ロイシナート
26608エチル=−[(ベンジルオキシ)カルボニル]−L−チロシル−D−ロイシ
ナート
26609エチル=−[(ベンジルオキシ)カルボニル]−L−トリプトフィル−L−
セリル−L−チロシル−D−ロイシナート
26610エチル=5−[(4−メトキシベンジル)アミノ]−2,3,6,7−テトラ
ヒドロオキセピン−4−カルボキシラート
26611エチレン=アセトアセタート=メタクリラート・4−オキサテトラシクロ[6
.2.1.02,7.03,5]ウンデカン−9−イル=アクリラート・4−
オキサテトラシクロ[6.2.1.02,7.03,5]ウンデカン−10−
イル=アクリラート共重合物
-
26612エチレン=グリコール・2,2’−オキシジエタノール・1,1’−[オキシ
ビス(メチレンシクロヘキサン−4,1−ジイル)]ジメタノール・1,1’
−(シクロヘキサン−1,4−ジイル)ジメタノール・テレフタル酸・[4−
(ヒドロキシメチル)シクロヘキシル]メチル=4−(ヒドロキシメチル)シ
クロヘキサンカルボキシラート重縮合物
-
26613エチレン=グリコールと[α−(1,2−ジカルボキシエチル)−ω−メチル
ポリ(1,1(又は2,2)−ジメチルエチレン)と2−(ヘキサデセン−1
−イル)コハク酸]の1:2エステル
-
26614エチレン=3,5−ジアミノベンゾアート=メタクリラート・シクロブタン−
1,2:3,4−テトラカルボン酸二無水物・ブタン−1,2:3,4−テト
ラカルボン酸二無水物・5−{[4−(4−ヘプチルシクロヘキシル)フェノ
キシ]メチル}ベンゼン−1,3−ジアミン重付加物
-
26615エチレン=メタクリラート=ペンタフルオロプロパノアート
26616エチレン=メタクリラート=ペンタフルオロプロパノアート重合物
-
26617[(2)−1−エトキシ−4−メチル−1−オキソペンタン−2−イル]ア
ンモニウム=クロリド
266187−オキサビシクロ[2.2.1]ヘプタ−5−エン−2,3−ジカルボン酸
無水物
266193,4’−オキシジアニリン・4,4’−オキシジベンゼンスルホニル=ジク
ロリド重縮合物
-
266204,4’−オキシ二安息香酸・2,2’−ジアミノ−4,4’−(ヘキサフル
オロプロパン−2,2−ジイル)ジフェノール・ビシクロ[2.2.1]ヘプ
タ−5−エン−2,3−ジカルボン酸無水物重縮合物
-
26621オキシラン−2−イルメチル=メタクリラートと[セルロースと2−(ヘキサ
デセニル)コハク酸無水物のエステル化反応生成物]のエステル化反応生成物
のカリウム及びナトリウム塩
-
26622オキシラン−2−イルメチル=メタクリラートと[セルロースと2−(ヘキサ
デセニル)コハク酸無水物のエステル化反応生成物]のエステル化反応生成物
のカリウム、カルシウム及びナトリウム塩
-
26623オキシラン−2−イルメチル=メタクリラートと(ビシクロ[2.2.1]ヘ
プタ−2−エン・無水マレイン酸共重合物)と2−ヒドロキシエチル=メタク
リラートのエステル化反応生成物
-
26624オキシラン−2−イルメチル=メタクリラート・トリシクロ[5.2.1.0
2,6]デカン−8−イル=メタクリラート・メタクリル酸・メチル=メタク
リラート共重合物
-
266252−(オキシラン−2−イルメトキシ)−1−[2−(オキシラン−2−イル
メトキシ)エトキシ]−3−{4−[2−(4−{2−(オキシラン−2−イ
ルメトキシ)−3−[2−(オキシラン−2−イルメトキシ)エトキシ]プロ
ポキシ}フェニル)プロパン−2−イル]フェノキシ}プロパンを主成分とす
る、2−(クロロメチル)オキシランと6,6’−[(プロパン−2,2−ジ
イル)ビス(4,1−フェニレンオキシ)]ビス(3−オキサヘキサン−1,
5−ジオール)の縮合反応生成物
-
26626オキソラン−2−イル=アクリラート
26627オクタデシル=アクリラート・クロロエテン・α−[ブチル(ジメチル)シリ
ル]−ω−[3−(メタクリロイルオキシ)プロピル]ポリ[オキシ(ジメチ
ルシランジイル)]・−(2−メチル−4−オキソペンタン−2−イル)ア
クリルアミド共重合物
-
26628オクタデシル=メタクリラート・スチレン・2−ヒドロキシ−4−[(4−ビ
ニルベンジル)オキシ]安息香酸共重合物
-
26629cis−オクタヒドロ−1−イソインドール−2−イウム=クロリド
266304,4’−(オクタン−1,8−ジイル)二フタル酸=1,2:1’,2’−
二無水物
26631片末端に3−(ジメチルアミノ)プロピル基を有し、片末端にリチウムを基と
して有する、イソプレン重合物のシクロヘキサン溶液
-
26632β−ガラクトシダーゼ(Cryptococcus spp
-
26633カリウム=4−メチルベンゼンスルフィナート
26634カリウム=メチル=マロナート
266354−[4−(2−{3−[−(trans−4−カルボキシシクロヘキシル
)−−エチルスルファモイル]ベンズアミド}−5−ピペリジノベンズアミ
ド)フェネチル]安息香酸
26636α−(3−カルボキシプロパノイル)−ω−メトキシポリ(オキシエチレン)
-
26637グルコースオキシダーゼ(Acremonium chrysogenum
グルコースオキシダーゼ生成遺伝子を導入したAspergillus or
yzae

-
266384−クロロイソキノリン−3−アミン
266391−(2−クロロエチル)シクロプロパノールと−フェニルジエチルアミン
の混合物
266401−(2−クロロエチル)シクロプロピル=メタンスルホナート
266412−クロロ−3−オキソブタンアミド
26642−{2−[3−クロロ−5−(シクロプロピルエチニル)−2−ピリジル]
−2−(イソプロポキシイミノ)エチル}−3−(ジフルオロメチル)−1−
メチル−1−ピラゾール−4−カルボキサミド
266431−(4−クロロ−2,6−ジフルオロフェニル)ピペリジン−4−オン
266443−{4−[3−クロロ−4−(3,3−ジメチルブチル)フェニル]−5−
イソプロピル−4−メチル−2−オキソ−3,4−ジヒドロピリミジン−1(
)−イル}プロパン酸
266452−クロロ−3,3,3−トリフルオロプロパ−1−エン
266461−クロロ−5−[(トリフルオロメチル)スルファニル]ペンタン
266479−(4’−クロロビフェニル−3−イル)−9−カルバゾール
266487−クロロ−5−フェネチル[1,2,4]トリアゾロ[1,5−]ピリジ
ン−8−カルボン酸
266494−クロロ−2−フルオロ−5−スルファニルフェニル=ジメチルカルバマー

266504−クロロ−2−フルオロ−5−[(2,2,2−トリフルオロエチル)スル
ファニル]フェノール
266512−クロロ−3−フルオロピリジン
266524−クロロ−2−フルオロフェニル=ジメチルカルバマート
266534−クロロ−2−フルオロフェノール
26654(3−クロロプロピル)(トリメトキシ)シランとジメチル=メチルホスホナ
ートと水酸化ナトリウムと水の反応生成物
-
26655−(5−クロロペンチル)=4−メチルベンゼンチオスルホナート
266562−(クロロメチル)オキシランと6,6’−[(プロパン−2,2−ジイル
)ビス(4,1−フェニレンオキシ)]ビス(3−オキサヘキサン−1,5−
ジオール)の縮合反応生成物
26657(1)−8−クロロ−1−メチル−2,3,4,5−テトラヒドロ−1
3−ベンゾアゼピン−3−イウム=クロリド―水(2/1)
266584−クロロ−2−メチルブタ−1−エン
266592−(クロロメチル)−3−ヨードトルエン
26660酸化ケイ酸二イッテルビウム(V)
26661三ナトリウム=水素=2−[3,6−ビス(−メチル−−{2−[2−(
スルホナトオキシ)エタンスルホニル]エチル}アミノ)−10λ−キサン
テン−10−イリウム−9−イル]ベンゼンスルホナート=スルファートを主
成分とする、{2−(3,6−ジクロロ−9−キサンテン−9−イル)ベン
ゼンスルホン酸と2−[2−(メチルアミノ)エタンスルホニル]エタノール
の反応生成物}と硫酸の反応生成物のナトリウム塩
26662)−4,4’−ジアゼンジイルジアニリン
266636,6’−ジアミノ−3,3’−メチレン二安息香酸とシクロヘキサン−1,
2,4−トリカルボン酸=1,2−無水物と(不飽和脂肪酸(C=18)の二
量体として得られる環式及び非環式ダイマー酸(C=36)を還元しアミノ化
して得られるダイマージアミン(カルボキシ基をアミノメチル基にしたものに
限る。))のイミド化反応生成物
-
26664[6,6’−ジアミノ−3,3’−メチレン二安息香酸とシクロヘキサン−1
,2,4−トリカルボン酸=1,2−無水物と(不飽和脂肪酸(C=18)の
二量体として得られる環式及び非環式ダイマー酸(C=36)を還元しアミノ
化して得られるダイマージアミン(カルボキシ基をアミノメチル基にしたもの
に限る。))のイミド化反応生成物]・1,6−ジイソシアナト−2,2,4
−トリメチルヘキサン・1,6−ジイソシアナト−2,4,4−トリメチルヘ
キサン・ビス(4−イソシアナトシクロヘキシル)メタン重縮合物」
-
266651,4:3,6−ジアンヒドロ−D−グルシトール・4,4’−(シクロヘキ
サン−1,1−ジイル)ジフェノール・ジフェニル=カルボナート・[8−(
ヒドロキシメチル)トリシクロ[5.2.1.02,6]デカン−3−イル]
メタノール・[8−(ヒドロキシメチル)トリシクロ[5.2.1.02,6
]デカン−4−イル]メタノール・[9−(ヒドロキシメチル)トリシクロ[
5.2.1.02,6]デカン−3−イル]メタノール重縮合物
-
266662,4−ジイソシアナトトルエン・2−ヒドロキシプロピル=アクリラート・
[(両末端にヒドロキシ基を有する、ブタ−1,3−ジエン重合物)の水素化
反応生成物]重付加物
-
266672−[7−(ジエチルアミノ)−2−オキソ−2−クロメン−3−イル]−
1,3−ジメチル−1−1,3−ベンゾイミダゾール−3−イウム=(トリ
フルオロメタンスルホニル)(4−ビニルベンゼンスルホニル)アザニド
26668(4−{1−[4−(ジエチルアミノ)フェニル]−1−[4−(エチルアミ
ノ)−1−ナフチル]メチリデン}シクロヘキサ−2,5−ジエン−1−イリ
デン)(ジエチル)アンモニウム=(トリフルオロメタンスルホニル)(4−
ビニルベンゼンスルホニル)アザニド
26669’−ジエチル−’−ビス(2−トリル)−’−[メチレン
ビス((2−メチルシクロヘキサン−4,1−ジイル)イミノナフタレン−4
,1−ジイル{[4−(−エチル−2−メチルアニリノ)フェニル]メタン
−1−イル−1−イリデン}シクロヘキサ−2,5−ジエン−4,1−ジイリ
デン)]ジアンモニウム=ジクロリドを主成分とする、[−エチル−2−メ
チルアニリンとビス(4−クロロフェニル)メタノンの反応生成物]と三塩化
ホスホリルと[2,2’−ジメチル−4,4’−メチレンビス(シクロヘキサ
ンアミン)とナフタレン−1−オールの反応生成物]の反応生成物
26670ジエチル=2−ベンジル−2−[7−クロロ−8−(メトキシカルボニル)[
1,2,4]トリアゾロ[1,5−]ピリジン−5−イル]マロナート
26671ジエチル(又はジメチル)=カルボナート・ブタン−1,4−ジオール・3−
メチルペンタン−1,5−ジオール重縮合物
-
266722−{2−[(ジエトキシホスホリル)オキシ]エトキシ}エチル=ジエチル
=ホスファートを主成分とする、エタノールと2,2’−オキシジエタノール
と三塩化ホスホリルの反応生成物
266734−{−(4−シクロプロピル−3−イソキノリル)−−[4−(トリフ
ルオロメトキシ)ベンジル]スルファモイル}安息香酸
266744−シクロプロピルイソキノリン−3−アミン
26675trans−シクロヘキサン−1,4−ジアミン・ビフェニル−3,4:3’
,4’−テトラカルボン酸二無水物重付加物
-
266761,1’−(シクロヘキサン−1,4−ジイル)ジメタンアミン・1,1’−
(ビシクロ[2.2.1]ヘプタン−2,5−ジイル)ジメタンアミン・1,
1’−(ビシクロ[2.2.1]ヘプタン−2,6−ジイル)ジメタンアミン
・ビフェニル−3,4:3’,4’−テトラカルボン酸二無水物・ベンゼン−
1,2:4,5−テトラカルボン酸二無水物重付加物
-
26677シクロヘキサン−1,2−ジオン
266784−シクロヘキシルブタン−2−オール
26679−シクロヘキシルマレイミド・5−ブチルビシクロ[2.2.1]ヘプタ−
2−エン共重合物
-
26680)−シクロペンタデカ−4−エン−1−オン
266812−(3,6−ジクロロ−9−キサンテン−9−イル)ベンゼンスルホン酸
を主成分とする、三塩化ホスホリルと1,1−ジオキソ−2,1λ−ベンゾ
オキサチオール−3(1)−オンとレソルシノールの反応生成物
266824,5−ジクロロ−4,5−ジフルオロ−2,2−ビス(トリフルオロメチル
)−1,3−ジオキソラン
26683)−2−[(2,5−ジクロロフェニル)ヒドラゾノ]−3−オキソブタ
ンアニリド
26684ジシクロヘキシルアンモニウム=−[(ベンジルオキシ)カルボニル]−L
−チロシナート
26685−(3,4−ジヒドロキシフェネチル)メタクリルアミド
266864,4’−(ジフェニルメチレン)ジフェノール
26687ジ−tert−ブチル=’−{アジポイルビス[イミノ(5−アミノ−
2,1−フェニレン)]}ジカルバマート
26688ジ−tert−ブチル=’−{アジポイルビス[イミノ(5−ニトロ−
2,1−フェニレン)]}ジカルバマート
266895,7−ジ−tert−ブチル−3−{3,5−ジメチル−4−[(2,4,
8,10−テトラ−tert−ブチル−12−メチル−12−ジベンゾ[
][1,3,2]ジオキサホスホシン−6−イル)オキシ]フェニル}−
1−ベンゾフラン−2(3)−オン
266902,2−ジフルオロ−1−{(2)−2−[(ヒドロキシイミノ)メチル]
ピロリジン−1−イル}−2−(1−ヒドロキシ−3,3,5,5−テトラメ
チルシクロヘキシル)エタノン
26691(2)−1−[2,2−ジフルオロ−2−(1−ヒドロキシ−3,3,5,
5−テトラメチルシクロヘキシル)アセチル]ピロリジン−2−カルボアルデ
ヒド
26692(2)−1−[2,2−ジフルオロ−2−(1−ヒドロキシ−3,3,5,
5−テトラメチルシクロヘキシル)アセチル]ピロリジン−2−カルボヒドロ
キシモイル=クロリド
266932,2−ジフルオロ−1−[(2)−2−(ヒドロキシメチル)ピロリジン
−1−イル]−2−(1−ヒドロキシ−3,3,5,5−テトラメチルシクロ
ヘキシル)エタノン
266941−(4−{1−(2,6−ジフルオロベンジル)−5−[(ジメチルアミノ
)メチル]−3−(6−メトキシピリダジン−3−イル)−2,4−ジオキソ
−1,2,3,4−テトラヒドロチエノ[2,3−]ピリミジン−6−イル
}フェニル)−3−メトキシ尿素
266953−(ジフルオロメチル)−1−メチル−−[(3)−1,1,3−トリ
メチルインダン−4−イル]−1−ピラゾール−4−カルボキサミド
266962,8−ジブロモインデノ[1,2−]フルオレン−6,12−ジオン
266971−[(2)−2−(5−{[(2,6−ジブロモ−3−ピリジル)オキシ
]メチル}イソオキサゾール−3−イル)ピロリジン−1−イル]−2,2−
ジフルオロ−2−(1−ヒドロキシ−3,3,5,5−テトラメチルシクロヘ
キシル)エタノン
266984−(ジブロモメチル)−3−メトキシベンゾニトリル
266991,3:2,4−ジ−−ベンジリデン−5,6−ビス−−{[4−(4−
イソシアナトベンジル)フェニル]カルバモイル}−D−グルシトール
267001,5−ジベンジル−5−ヒドロキシ−3−フェニルバルビツル酸
267013,3’−ジベンジル−1,1’−(ヘキサン−1,6−ジイル)二尿素を主
成分とする、1,6−ジイソシアナトヘキサンと1−フェニルメタンアミンの
反応生成物
26702−[4−(ジベンゾ[]フラン−4−イル)フェニル]ビフェニル−
4−アミン
267032−(2,4−ジメチルアニリノ)−2−チオキソ酢酸
267042−(ジメチルアミノ)エタノールと[2,2’−ジメチル−2,2’−ジア
ゼンジイルジブタンニトリルを開始剤とし、末端に(3−メトキシ−3−オキ
ソプロピル)スルファニル基を有する、2−(ホスホノオキシ)エチル=メタ
クリラート・α−メタクリロイル−ω−メトキシポリ(オキシエチレン)共重
合物]の塩
-
267053,4−ジメチル−1−ピラゾール−2−イウム=二水素=ホスファート
267063−(2,5−ジメチル−1−ピロール−1−イル)−1−(トリフルオロ
メチル)−1−ピラゾール
267074,6−ジメチル−1,3−ベンゾチアゾール−2−カルボン酸
267083,3−ジメトキシシクロブタンカルボニトリル
26709テトラアリル=ベンゼン−1,2,4,5−テトラカルボキシラート
267102,2’,6,6’−テトライソプロピル−’−[(1,2)−エ
タン−1,2−ジイリデン]ジアニリン
26711’,’−テトラキス(2−ヒドロキシプロピル)アジプアミド
26712テトラブチルアンモニウム=トリス(3−クロロ−4−メチルフェニル)(ヘ
キシル)ボラヌイド
267132,2,6,6−テトラメチルピペリジン−1−イルマグネシウム=クロリド
−塩化リチウム(1/1)
26714T−トシルシクロマルトヘプタオース
-
26715ドデカン酸無水物を主成分とする、ドデカン酸と無水酢酸の反応生成物
26716ドデカン−1,12−ジイル=ジメタクリラート
26717トリアシルグリセロールリパーゼ(Rhizopus oryzae
-
267181,1,3−トリクロロ−2,3,3−トリフルオロプロパ−1−エン
26719トリシクロ[5.2.1.02,6]デカン−8−イル=メタクリラート・1
,7,7−トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン−2−イル=アクリラ
ート・4−ビニルフェニル=アセタート・4−ビニルフェノール・ブチル=ア
クリラート・メタクリル酸共重合物
-
26720トリシクロ[5.2.1.02,6]デカン−8−イル=メタクリラート・1
,7,7−トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン−2−イル=アクリラ
ート・4−ビニルフェニル=アセタート・ブチル=アクリラート・メタクリル
酸共重合物
-
26721トリス{’−ジエチル−’−ビス(2−トリル)−’−[
メチレンビス((2−メチルシクロヘキサン−4,1−ジイル)イミノナフタ
レン−4,1−ジイル{[4−(−エチル−2−メチルアニリノ)フェニル
]メタン−1−イル−1−イリデン}シクロヘキサ−2,5−ジエン−4,1
−ジイリデン)]ジアンモニウム}=ビス[(テトラコンタオキシドリン十二
タングステン)アート]を主成分とする、[−エチル−2−メチルアニリン
とビス(4−クロロフェニル)メタノンの反応生成物]と三塩化ホスホリルと
[2,2’−ジメチル−4,4’−メチレンビス(シクロヘキサンアミン)と
ナフタレン−1−オールの反応生成物]とテトラコンタオキシドリン十二タン
グステン酸の反応生成物
26722トリフェニルスルホニウム=2−(アダマンタン−1−カルボニルオキシ)−
3,3,3−トリフルオロプロパン−1−スルホナート
26723トリフェニルスルホニウム=2−[(3−エチルオキセタン−3−イル)メト
キシ]−1,1−ジフルオロ−2−オキソエタンスルホナート
26724トリフェニルスルホニウム=1,1,2,2−テトラフルオロ−2−[(1’
,6’,7’,8’)−スピロ[アダマンタン−2,4’−[3,5
]ジオキサトリシクロ[5.2.1.02,6]デカン]−8’−イル]エタ
ンスルホナート
267252−(トリフルオロメチル)−1−1,3−ベンゾイミダゾール
26726ナトリウム=アクリラート・(3−メタクリルアミドプロピル)(トリメチル
)アンモニウム=クロリド共重合物
-
26727ナトリウム=2−クロロ−5−[(ジメチルカルバモイル)オキシ]−4−フ
ルオロベンゼンチオラート
26728ナトリウム=4−クロロ−2−フルオロ−5−[(2,2,2−トリフルオロ
エチル)スルファニル]フェノキシド
26729ナトリウム=2−(トリフルオロメチル)−1−1,3−ベンゾイミダゾー
ル−1−イド
26730二カリウム=2,2’−([1,1’−ビナフタレン]−2,2’−ジイルジ
オキシ)ジアセタート
26731二ナトリウム=4−クロロ−2−フルオロ−5−スルフィドフェノキシド
26732OC−6−54−)−{2−[(1,2)−1,2−ビス(アミノ−
κ)−1−(4−メトキシフェニル)−3−メチルブチル]−5−メトキシ
ベンゼン−1−イド−κ}({()−2’−[ビス(3,5−ジメチルフ
ェニル)ホスファン−1−イル−κ][1,1’−ビナフタレン]−2−イ
ル}[ビス(3,5−ジメチルフェニル)]ホスファン−κ)クロリドルテ
ニウム
26733ビス(4−イソシアナトシクロヘキシル)メタン・2−[ビス(2−エチルヘ
キシル)アミノ]エタノール・α−ヒドロ−ω−ヒドロキシポリ(オキシエチ
レン)・α−ヒドロ−ω−メトキシポリ(オキシエチレン)重付加物
-
26734{ビス(4−イソシアナトシクロヘキシル)メタン・3−ヒドロキシ−2−(
ヒドロキシメチル)−2−メチルプロパン酸・α−(6−ヒドロキシヘキシル
(又は5−ヒドロキシペンチル))−ω−ヒドロキシポリ(オキシカルボニル
オキシヘキサン−1,6−ジイル/オキシカルボニルオキシペンタン−1,5
−ジイル)・ブタン−1,4−ジイルビス[オキシ(2−ヒドロキシプロパン
−3,1−ジイル)]=ジアクリラート・ヘキサン−1,6−ジオール重付加
物}・ピペラジン重付加物
-
26735ビス(2−エチルヘキシル)(ジヨード)スタンナン
26736ビス[4−(−エチル−2−メチルアニリノ)フェニル]メタノンを主成分
とする、−エチル−2−メチルアニリンとビス(4−クロロフェニル)メタ
ノンの反応生成物
267372−{3,6−ビス[−(3−カルボキシプロピル)−2,6−ジメチルア
ニリノ]−10λ−キサンテン−10−イリウム−9−イル}ベンゼンスル
ホナート
267381,3−ビス(2,6−ジイソプロピルフェニル)−1−イミダゾール−3
−イウム=クロリド
267393,6−ビス(ジエチルアミノ)−9−[2−(メトキシカルボニル)フェニ
ル]−10λ−キサンテン−10−イリウム=(トリフルオロメタンスルホ
ニル)(4−ビニルベンゼンスルホニル)アザニド
267403’,6’−ビス(ジフェニルアミノ)−5(又は6)−メチル−3−スピ
ロ[イソベンゾフラン−1,9’−キサンテン]−3−オン
26741{2−[ビス(2−{ジメチル[4−(ジメチルシリル)フェニル]シリル}
エチル)(フェニル)シリル]エチル}[4−(ジメチルシリル)フェニル]
(ジメチル)シランを主成分とする、[4−(ジメチルシリル)フェニル](
ジメチル)シラン・フェニル(トリビニル)シラン重付加物
-
267422−(3,6−ビス{−[2−(2−ヒドロキシエタンスルホニル)エチル
]−−メチルアミノ}−10λ−キサンテン−10−イリウム−9−イル
)ベンゼンスルホナートを主成分とする、2−(3,6−ジクロロ−9−キ
サンテン−9−イル)ベンゼンスルホン酸と2−[2−(メチルアミノ)エタ
ンスルホニル]エタノールの反応生成物
267431−(2−ヒドロキシエチル)イミダゾリジン−2−オン
267446−{[4−(2−ヒドロキシエチル)−2−ニトロフェニル]ジアゼニル}
−1,3−ベンゾジオキソール−5−オール
267454−(2−ヒドロキシエチル)−2−ニトロベンゼンジアゾニウム=クロリド
を主成分とする、亜硝酸ナトリウムと2−(4−アミノ−3−ニトロフェニル
)エタノールと塩化水素の反応生成物
267462−ヒドロキシ−4,8−ジオキサトリシクロ[4.2.1.03,7]ノナ
ン−5−オン
267472−{4−[(9)−9−ヒドロキシ−2−(3−ヒドロキシ−3−メチル
ブトキシ)−9−(トリフルオロメチル)−9−フルオレン−4−イル]−
−ピラゾール−1−イル}−2−メチルプロパンアミド―水(1/1)
267482−{4−[(9)−9−ヒドロキシ−2−(3−ヒドロキシ−3−メチル
ブトキシ)−9−(トリフルオロメチル)−9−フルオレン−4−イル]−
−ピラゾール−1−イル}−2−メチルプロパン酸
26749)−3−(4−ヒドロキシフェニル)アクリル酸
267501−(3−ヒドロキシフェニル)−3−フェニル尿素
267512−(6−ヒドロキシ−1,3−ベンゾジオキソール−5−イル)−6−(2
−ヒドロキシエチル)−2−1,2,3−ベンゾトリアゾール=1−オキシ

267521−[4−(ヒドロキシメチル)ピペリジノ]エタノン
267532,2’−([1,1’−ビナフタレン]−2,2’−ジイルジオキシ)二酢

267541−ビニルシクロペンチル=メタクリラート
267556−(4−ビニルフェノキシ)ヘキサン−1−オール
26756(4−ビニルフェノール重合物)・ベンズアルデヒド重縮合物
-
267574−ビニルフェノール・4−(1−プロポキシエトキシ)スチレン共重合物
-
267584−(ビフェニル−4−イル)−6−(3,5−ジフルオロフェニル)−2−
フェニルピリミジン
26759−(ビフェニル−2−イル)ビス(9,9−ジフェニル−9−フルオレン
−2−イル)アミン
26760ビフェニル−4−カルボアルデヒド・ビフェニル−4,4’−ジオール重縮合

-
26761ピリジン−2,4−ジオール
267623−(3−フェニルウレイド)フェニル=4−メチルベンゼンスルホナート
26763フェニル(トリビニル)シラン
267649’−フェニル−2,3’−ビ−9−カルバゾール
26765フェノキサチイン
26766(3)−1−(ブタ−2−エン−1−イルオキシ)ヘキサ−3−エン
267672−({[(ブタン−2−イリデンアミノ)オキシ]カルボニル}アミノ)エ
チル=アクリラート
26768tert−ブチル=(2−アミノ−5−ニトロフェニル)カルバマート
26769tert−ブチル=−(5−クロロ−2,4−ジフルオロベンゼンスルホニ
ル)−−(1,3−チアゾール−4−イル)カルバマート
267704−tert−ブチルシクロヘキシル=ビシクロ[2.2.1]ヘプタ−5−
エン−2−カルボキシラート
267711−ブチル−2−(トリフルオロメチル)−1−1,3−ベンゾイミダゾー

26772tert−ブチル=(3)−3−{[(ベンジルオキシ)カルボニル]アミ
ノ}ピロリジン−1−カルボキシラート
267731−ブチル−3−メチル−1,3−ジヒドロ−2−1,3−ベンゾイミダゾ
ール−2−オン
267741−ブチル−3−メチル−2−(トリフルオロメチル)−1−1,3−ベン
ゾイミダゾール−3−イウム=メチル=スルファート
267755−tert−ブトキシ−3−ヒドロキシ−3−メチル−5−オキソペンタン
−2−イル=メタクリラート
267764−[フルオロ(ジメチル)シリル]ブタンニトリル
267771−(3−フルオロ−2−ピリジル)−3,3−ジメトキシシクロブタンカル
ボニトリル
26778[(1,2)−1−(3−フルオロフェニル)−2−(ヒドロキシメチル
)シクロプロピル]メタノール
26779[(1,2)−2−(3−フルオロフェニル)−2−(ヒドロキシメチル
)シクロプロピル]メチル=アセタート
267803−フルオロ−5−ヨード−4−メチル安息香酸
267814−ブロモ−2−クロロトルエン
267821−[ブロモ(ジフルオロ)メチル]−3−(2,5−ジメチル−1−ピロ
ール−1−イル)−1−ピラゾール
267834−ブロモ−2−ニトロ安息香酸
26784(9)−4−ブロモ−2−(3−ヒドロキシ−3−メチルブトキシ)−9−
(トリフルオロメチル)−9−フルオレン−9−オール
267853−(ブロモメチル)ブタ−3−エン−1−イル=プロピオナート
26786’,’,’−ヘキサメチル−’−{[(2−{
[2−ヒドロキシ−3−(トリメチルアンモニオ)プロピル]−−[3−(
トリヒドロキシシリル)プロピル]アミノ}エチル)イミノ]ビス(2−ヒド
ロキシプロパン−3,1−ジイル)}ジアンモニウム=トリクロリド重縮合物
-
267875−ヘキシル−4−メチルオキソラン−2−オン
26788(2)−2−{[(ベンジルオキシ)カルボニル]アミノ}ブタン−1,4
−ジイル=ジメタンスルホナート
26789−{(2)−1−[(ベンジルオキシ)カルボニル]−5−オキソピロリ
ジン−2−カルボニル}−L−ヒスチジン
26790−[(ベンジルオキシ)カルボニル]−L−グルタミン酸
26791−[(ベンジルオキシ)カルボニル]−L−グルタミン酸無水物
26792−[(ベンジルオキシ)カルボニル]−L−セリン
26793−[(ベンジルオキシ)カルボニル]−L−トリプトファン
267941−ベンジル=水素=(2)−5−オキソピロリジン−1,2−ジカルボキ
シラート
26795ベンジル=[(3)−ピロリジン−3−イル]カルバマート
267961−ベンゼンスルフィニル−4−tert−ブチルベンゼン
26797ポリ(オキシエチレンジスルファンジイルエチレン/オキシエチレンテトラス
ルファンジイルエチレン/オキシエチレントリスルファンジイルエチレン)
-
26798ポリスルファンジイルビス(4−クロロ−6−フルオロ−3,1−フェニレン
)=ビス(ジメチルカルバマート)
267994−ホルミル−3−メトキシベンゾニトリル
26800末端に2−シアノプロパン−2−イル基を有する、2−(1−アダマンチル)
プロパン−2−イル=メタクリラート・1−エチルシクロペンチル=メタクリ
ラート・1−(2−オキソオキソラン−3−イル)シクロヘキシル=メタクリ
ラート・5−オキソオキソラン−3−イル=メタクリラート・1−メチルシク
ロペンチル=メタクリラート共重合物
-
26801末端にドデシルスルファニル基を有する、2−エチルヘキシル=アクリラート
・オクタデシル=アクリラート・クロロエテン・3,3,4,4,5,5,6
,6,7,7,8,8,8−トリデカフルオロオクチル=アクリラート・3,
3,4,4,5,5,6,6,7,7,8,8,8−トリデカフルオロオクチ
ル=2−クロロアクリラート・rel−(1,2,4)−1,7,7−
トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン−2−イル=メタクリラート・
−(2−メチル−4−オキソペンタン−2−イル)アクリルアミド共重合物
-
26802末端にドデシルスルファニル基を有する、2−(トリシクロ[5.2.1.0
2,6]デカ−3−エン−8−イルオキシ)エチル=メタクリラート・2−(
トリシクロ[5.2.1.02,6]デカ−4−エン−8−イルオキシ)エチ
ル=メタクリラート・1−ビニルアゼパン−2−オン・1,2,2,6,6−
ペンタメチル−4−ピペリジル=メタクリラート共重合物
-
26803末端に1−メトキシ−2−メチル−1−オキソプロパン−2−イル基を有する
、4−イソプロペニルフェノール・オキシラン−2−イルメチル=メタクリラ
ート・−シクロヘキシルマレイミド・トリシクロ[5.2.1.02,6
デカン−8−イル=メタクリラート・−ビニルアセトアミド・1,1,1,
3,3,3−ヘキサフルオロ−2−(4−ビニルフェニル)プロパン−2−オ
ール・メタクリル酸・1−モルホリノプロパ−2−エン−1−オン共重合物
-
268042−[1−(メシルオキシ)シクロプロピル]エチル=プロピオナート
26805α,α’,α’’,α’’’−[メタンテトライルテトラキス(メチレン)]
テトラキス{ω−[(4−カルボキシブタノイル)オキシ]ポリ(オキシエチ
レン)}
-
268062−[2−(メチルアミノ)エタンスルホニル]エタノール(主成分)と硫酸
と硫酸二ナトリウムの混合物
26807メチル=4−{4−[2−(3−{−[trans−4−(エトキシカルボ
ニル)シクロヘキシル]−−エチルスルファモイル}ベンズアミド)−5−
ピペリジノベンズアミド]フェネチル}ベンゾアート
26808メチル=水素=ビシクロ[2.2.1]ヘプタ−5−エン−2,3−ジカルボ
キシラート
268093−メチル−1,3−チアゾリジン−2−チオン
26810α−メチル−ω−(トシルオキシ)ポリ(オキシエチレン)
-
26811メチル=2,6,6−トリメチルシクロヘキサ−2−エン−1−カルボキシラ
ート
268123−メチル−5−[(1,4a,8a)−5,5,8a−トリメチル−
2−メチリデンデカヒドロナフタレン−1−イル]ペンタ−1−エン−3−オ
ールの環化反応生成物
-
268135−メチルヘプタ−2−エン−4−オン
268147−メチル−3−メチリデンオクタ−7−エン−1−イル=プロピオナート
26815’−[メチレンビス(2−メチルシクロヘキサン−4,1−ジイル)]
ビス(ナフタレン−1−アミン)を主成分とする、2,2’−ジメチル−4,
4’−メチレンビス(シクロヘキサンアミン)とナフタレン−1−オールの反
応生成物
268161−(4−メトキシベンジル)−2−オキソ−1,2,5,6,8,9−ヘキ
サヒドロオキセピノ[4,5−]ピリジン−4−イル=トリフルオロメタン
スルホナート
26817(2−ヨード−6−メチルフェニル)メタノール
268183−(ヨードメチル)ヘプタン