働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

木材加工作業におけるリスクアセスメントのすすめ方

1.リスクアセスメントの手法で危険の芽を摘み取ろう


職場では多種多様な作業が行われ、また、新たな作業方法の採用、変更及び作業の機械化などが進んでおり、それらの実態や特性にあった安全衛生対策を行っていく必要性が高まっています。職場にある様々な危険の芽(リスク)を見つけ出し、災害に至る前に、先手を打って対策を施し、リスクの除去・低減措置を行い、更なる労働災害の減少を図るための手法の一つに「リスクアセスメント」があります。

木材・木製品製造業や家具・装備品製造業における労働災害の度数率は、いずれも製造業の平均に比べかなり高く、休業4 日以上の死傷災害について見ると、両業種併せて年間3000 件程度発生しております。そのうち災害の種類である「事故の型別」で見ると、木材・木製品製造業では「は さまれ・まきこまれ」と「切れ・こすれ」で50%を超えていますし、家具・装備品製造業では「切れ・ こすれ」だけで50%近くを占めています。

このように、木材・木製品製造業や家具・装備品製造業では、多くの災害が発生していますし、その原因は、作業員の不注意や作業の慣れにより、災害につながりやすいといえますので、先ずは、危な いと思われる作業を対象に、できるところからリスクアセスメントを始めてみましょう。

本マニュアルは、木材・木製品製造業や家具・装備品製造業に限らず、様々な業種で行われる木材加工作業に伴う災害を防止するためのリスクアセスメントの実施のすすめ方をまとめたものです。このマニュアルを活用して災害防止に努めましょう。

木材・木製品製造業及び家具・装備品製造業における事故の型別労働災害発生状況(休業4日以上の死傷災害)

木材製品製造業における事故の型別労働災害発生状況(休業4日以上の死傷災害)
事故の型 平成14年 平成15年 平成16年 平成17年 平成18年 18年割合
(%)
合計 3,575 3,610 3,288 3,150 2,902 100.0
墜落・転落 266 268 230 247 238 8.2
転倒 256 285 250 255 241 8.3
激突 118 105 125 110 111 3.8
飛来・落下 326 324 301 280 255 8.8
崩壊・倒壊 65 79 86 68 75 2.6
激突され 183 163 130 138 128 4.4
はさまれ・巻き込まれ 877 882 818 815 726 25.0
切れ・こすれ 1,247 1,260 1,140 1,029 926 31.9
高温・低温の物との接触 30 22 13 27 16 0.6
動作の反動・無理な動作 141 172 145 138 134 4.6
交通事故 26 22 15 10 17 0.6
その他・分類不能 40 28 35 33 35 1.2

資料出所:労働者死傷病報告

木材・木製品製造業及び家具・装備品製造業における事故の型別労働災害発生状況(平成18年)

円グラフ

業種別のリスクアセスメント一覧表へ戻る

このページのトップへ戻る