働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 崩壊・倒壊 > 給水ポンプユニットの運搬中、台車の車輪の位置を変えようとしたところ、給水ポンプユニットが倒れて下敷きになりかけた
ヒヤリ・ハット事例
給水ポンプユニットの運搬中、台車の車輪の位置を変えようとしたところ、給水ポンプユニットが倒れて下敷きになりかけた
給水ポンプユニットの運搬中、台車の車輪の位置を変えようとしたところ、給水ポンプユニットが倒れて下敷きになりかけた
拡大
業種

建設事業

作業の種類

資材の搬入作業

ヒヤリ・ハットの状況

 台車に載せた給水ポンプユニットを、据え付け場所まで台車に載せて移動させようとしたが、台車の車輪の1つが進行方向に対して直角になってしまい、動かせなくなった。車輪の向きを変えようとして台車を前後に動かしたところ、給水ポンプユニットが倒れてきて、下敷きになりかけた。

原因

 重量物を運搬・設置する作業だったにも関わらず、作業方法について十分な検討が行われていなかったこと。運搬に使用する台車が、荷の形状に適していなかったこと。

対策

 運搬する荷の形状、運搬の経路等を考慮して、作業手順を定めて作業する。