働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 交通事故 > 融雪カンテラの点火作業中に、後方から来た列車に接触しそうになった
ヒヤリ・ハット事例
融雪カンテラの点火作業中に、後方から来た列車に接触しそうになった
融雪カンテラの点火作業中に、後方から来た列車に接触しそうになった
拡大
業種

運輸・交通事業

作業の種類

操車場内の信号管理

ヒヤリ・ハットの状況

 雪害警戒体制が発動され、2人で融雪カンテラに点火する作業を行っていたところ、列車に接触しそうになった。

原因

 列車の接近を知らせるパトロールランプに、警報装置が付いていなかったこと。
 作業中に通過する列車の通過時刻について、確認しなかったこと。

対策

 列車の接近を知らせるパトロールランプに、警報装置を設置する。
 軌道上で作業を行うときは、作業中に通過する列車の時刻等を事前に確認し、打ち合わせする。