働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 交通事故 > 狭い道でトラックの後退を誘導中、電柱との間に挟まれそうになった
ヒヤリ・ハット事例
狭い道でトラックの後退を誘導中、電柱との間に挟まれそうになった
狭い道でトラックの後退を誘導中、電柱との間に挟まれそうになった
拡大
業種

運送事業

作業の種類

配送補助

ヒヤリ・ハットの状況

 トラックで家具の配送中、道が狭くて左折できなかったため、広い交差点まで後進させることにした。補助員が車体の後方で誘導していたところ、車体と電柱との間に挟まれそうになった。

原因

 道幅の狭い一方通行道路でトラックを後進させたこと。後方の誘導者を目視確認せずにトラックを後進させたこと。

対策

 トラックを後進させるときは、必ず後方の状況を確認する。運転者から誘導者を直接目視で確認できない場合は、バックモニターによる目視確認、または無線や集音マイクなどを使用した音声での確認ができる体制を整備する。事前に配送先付近の状況を確認し、適切な走行ルートを計画する。