働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 激突され > ごみ収集車を駐車させて降りたところ、車が動き出して建屋との間に挟まれそうになった
ヒヤリ・ハット事例
ごみ収集車を駐車させて降りたところ、車が動き出して建屋との間に挟まれそうになった
ごみ収集車を駐車させて降りたところ、車が動き出して建屋との間に挟まれそうになった
拡大
業種

清掃業

作業の種類

運搬作業

ヒヤリ・ハットの状況

 段ボールを収集するため、廃棄物保管庫に対してごみ収集車を後ろ向きに駐車して降りたところ、車が動き出し挟まれそうになった。

原因

 ごみ収集車のサイドブレーキを確実にかけなかったこと。また、駐車場がゆるやかな下り勾配になっているにも関わらず、輪留めを使用していない状態で運転席を離れたこと。

対策

 運転席から離れる場合は、サイドブレーキを確実にかける。また、輪留めなどの逸走防止措置を講じる。