働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 激突され > コンテナの奥で貨物を撮影していたところ、貨物が積み込まれて激突しそうになった
ヒヤリ・ハット事例
コンテナの奥で貨物を撮影していたところ、貨物が積み込まれて激突しそうになった
コンテナの奥で貨物を撮影していたところ、貨物が積み込まれて激突しそうになった
拡大
業種

運送事業

作業の種類

貨物の写真撮影

ヒヤリ・ハットの状況

 コンテナの奥に積み込んだ貨物の固定状況を撮影していたところ、フォークリフトの運転手がコンテナ内に人がいることに気付かずに貨物を積み込もうとして、激突しそうになった。

原因

 コンテナ内に人がいることをフォークリフトの運転者が認識していなかったこと。フォークリフトに前方が見えないほどの貨物が積まれていたこと。

対策

 コンテナ内の入退場について、危険防止のためのルールを策定する。フォークリフトの前方視野をよくするため、1回に運ぶ荷物の大きさを考慮するか、誘導者を配置する。