働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 破裂 > 空気を充填したタイヤをトラックに装着していたところ、サイドリングが吹き飛んで作業員に当たりそうになった
ヒヤリ・ハット事例
空気を充填したタイヤをトラックに装着していたところ、サイドリングが吹き飛んで作業員に当たりそうになった
空気を充填したタイヤをトラックに装着していたところ、サイドリングが吹き飛んで作業員に当たりそうになった
拡大
業種

燃料小売業

作業の種類

タイヤ交換

ヒヤリ・ハットの状況

 トラックのタイヤ交換中、空気を充填したタイヤを装着していたところチューブが破裂し、タイヤをホイールに固定するサイドリングが吹き飛んで作業員に当たりそうになった。

原因

 サイドリングがリムにかみ合っているかどうかの確認をしていなかった。タイヤのチューブが経年劣化で破裂し、その衝撃でサイドリングがリムから外れた。

対策

 タイヤ・ホイール・セット部品を点検し、リムとサイドリングのかみ合い状態を点検する。