働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 高温・低温の物との接触 > 炎天下で草刈りを行い、終業後に具合が悪くなった
ヒヤリ・ハット事例
炎天下で草刈りを行い、終業後に具合が悪くなった
炎天下で草刈りを行い、終業後に具合が悪くなった
拡大
業種

その他の土木工事業

作業の種類

草刈り作業

ヒヤリ・ハットの状況

 金網に絡みついた雑草の草刈り作業を、適宜、休憩を取り、会社支給のスポーツドリンクなどを摂取しながら進めていたが、終業後に具合が悪くなった。

原因

 暑さ対策のための設備、休憩場所、服装や装備の検討が不十分だった。暑さ指数や健康診断結果を参照した上での、労働者の健康状態に応じた作業管理が不十分だった。熱中症に関する安全衛生教育が徹底されていなかった。

対策

 作業責任者が暑さ指数(WBGT値)を随時、確認して作業者に周知する。作業用大型扇風機、遮光ネット、ミストシャワーの設備で暑さ指数の低減を図る。暑さ指数や健康診断結果等を参考に、連続作業時間を短縮する。熱中症に関する安全衛生教育を行う。