働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 感電・火災 > 調整作業のため機械にまたがろうとした際、電源ケーブルの絶縁被覆が破損していた箇所からの漏電によって感電した
ヒヤリ・ハット事例
調整作業のため機械にまたがろうとした際、電源ケーブルの絶縁被覆が破損していた箇所からの漏電によって感電した
調整作業のため機械にまたがろうとした際、電源ケーブルの絶縁被覆が破損していた箇所からの漏電によって感電した
拡大
業種

紙加工品製造業

作業の種類

機械の調整作業

ヒヤリ・ハットの状況

 段ボールの印刷・溝切り等を行う作業中に、機械の調整のためプリンタスロッタのコンベヤ部にまたがろうとしたところ、ビリッと電気が流れるような衝撃を受けて作業を中止した。

原因

1.プリンタスロッタの電源ケーブルの絶縁被覆が一部破損していた。
2.漏電対策がなされていなかった。

対策

1.電気機械器具の漏電等について定期的に点検を実施する。
2.漏電遮断器の使用等の感電防止対策を実施する。