働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 崩壊・倒壊 > 倉庫に積んだフレコンバッグのはい替えを実施しようとしたところ、フレコンバッグが崩れだし、下敷きになりかけた
ヒヤリ・ハット事例
倉庫に積んだフレコンバッグのはい替えを実施しようとしたところ、フレコンバッグが崩れだし、下敷きになりかけた
倉庫に積んだフレコンバッグのはい替えを実施しようとしたところ、フレコンバッグが崩れだし、下敷きになりかけた
拡大
業種

その他事業

作業の種類

はいの点検

ヒヤリ・ハットの状況

 倉庫内に積んでいたフレコンバッグ(玄米が入ったもの。重さ約1t)の一部に崩れる気配があるのを発見した。崩壊防止のため、はい替えを実施しようとしていたところ、フレコンバッグの傾きが悪化して崩れだしたことに気づき、退避した。

原因

 フレコンバッグは倉庫壁面に向かって傾斜させるようにはい付けすることが決められていたが、作業手順が徹底されず、実際のフレコンバッグは異なる方向に傾斜していた。また、形状が変わる危険性のある高さまで積み上げられていた。

対策

1.はい付けに関わる作業手順書を作成し、作業手順を徹底する。
2.リスクアセスメントを実施し、はい付けする高さを制限する等、はい作業における危険性を除去、低減する。