働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 激突され > 作業場を歩いていたところ、フォークリフトが方向転換のためバックしてきて激突しそうになった
ヒヤリ・ハット事例
作業場を歩いていたところ、フォークリフトが方向転換のためバックしてきて激突しそうになった
作業場を歩いていたところ、フォークリフトが方向転換のためバックしてきて激突しそうになった
拡大
業種

食料品製造業

作業の種類

市場内荷卸し

ヒヤリ・ハットの状況

 フォークリフト運転手が荷を移動させたあと、方向転換のためフォークリフトをバックさせながら左にハンドルを切ったところ、フォークリフトの移動方向にいた人と激突しそうになった。

原因

 作業者がフォークリフトの作業場を自由に行き来できる状態にあった。フォークリフトの誘導員を配置せず、またフォークリフトの作業計画が十分に定められていなかった。

対策

 フォークリフトの作業場に労働者を立ち入らせないこと。また、フォークリフトの作業計画を定めた上で周知徹底し、フォークリフト運行時には誘導員を配置すること。