働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 有害物との接触 > ゴム手袋に小さな穴が開いていることに気づかずに希釈した苛性カリ含浸洗浄布で換気フードを拭いている時、指に軽い炎症が起きた
ヒヤリ・ハット事例
ゴム手袋に小さな穴が開いていることに気づかずに希釈した苛性カリ含浸洗浄布で換気フードを拭いている時、指に軽い炎症が起きた
ゴム手袋に小さな穴が開いていることに気づかずに希釈した苛性カリ含浸洗浄布で換気フードを拭いている時、指に軽い炎症が起きた
拡大
業種

その他の清掃・と畜業

作業の種類

その他の起因物(清掃)

ヒヤリ・ハットの状況

 お好み焼き店の鉄板の上にある換気フードを掃除するため、ゴム手袋を着用して希釈した苛性カリを含浸させた洗浄布で換気フードの表面を拭いていた。しかし、ゴム手袋に直径約1mmの穴が開いていることに気付かなかったため、希釈した苛性カリ液に右手指が触れ軽い炎症を起こした。

原因

 作業前にアルカリと接触する手袋の穴あき状況をチェックしなかったこと。
 希釈した苛性カリ液の有害性に対する注意が不足していたこと。

対策

 ゴム手袋を空気で膨らませて水槽に浸し泡が出ないことを確認するなど、作業前に穴が開いていないかどうかをチェックすること。そしてそれが習慣化するよう指導すること。また、苛性カリ含浸洗浄布の説明書をよく読み、その有害性を理解すること。