働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 激突され > フォークリフトの爪をパレットに差し込む時、パレットが前方に動いて、そばで清掃していた作業員が足をはさまれそうになった
ヒヤリ・ハット事例
フォークリフトの爪をパレットに差し込む時、パレットが前方に動いて、そばで清掃していた作業員が足をはさまれそうになった
フォークリフトの爪をパレットに差し込む時、パレットが前方に動いて、そばで清掃していた作業員が足をはさまれそうになった
拡大
業種

一般貨物自動車運送業

作業の種類

トラック(出荷作業)

ヒヤリ・ハットの状況

 作業員が製品倉庫内の床を箒で清掃中、製品を運搬しに来たフォークリフトの運転手がフォークリフトの爪をパレットに差し込んだ時、パレットが前方に動いてたまたまパレットのそばにいたため足をはさまれそうになった。

原因

 清掃に集中していたためフォークリフトに近づいたことに気づかなかったこと。
 また、運転手がフォークリフトの爪をパレットに差し込む時、近くに作業員がいるにもかかわらず声掛けをしなかったこと。

対策

 フォークリフトにパトライトや警告ブザー等の接近を知らせる警報器を取り付けること。作業員はフォークリフトの稼働中はフォークリフトに近づかないこと。またフォークリフト運転手は、常に周辺に気を配り、声掛け等で注意を促すこと。