働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > はさまれ・巻き込まれ > 作業員二人でクレーンを用いてケーシングの吊上げ作業中、吊上げ開始のタイミングが合わず、手の指をはさまれそうになった
ヒヤリ・ハット事例
作業員二人でクレーンを用いてケーシングの吊上げ作業中、吊上げ開始のタイミングが合わず、手の指をはさまれそうになった
作業員二人でクレーンを用いてケーシングの吊上げ作業中、吊上げ開始のタイミングが合わず、手の指をはさまれそうになった
拡大
業種

その他の事業―その他

作業の種類

玉掛用具(吊上げ)

ヒヤリ・ハットの状況

 資材置き場内にて二人作業でケーシングをクレーンに吊って移動させていた。
 1名がクレーンを操作し、他の1名がワイヤーでケーシングの玉掛け作業を担当していたが、手を放す直前にクレーンを吊り上げ始めたので、手の指をワイヤーとケーシングの間にはさまれそうになった。

原因

 二人作業時の相互声掛けが不十分だった。

対策

 相互の声掛けを頻繁に行うこと。また、クレーンの吊り上げ開始時は声だけでなく身振り手振り等で合図する。