働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 激突され > 天井クレーンのオペレーターと台車の走行レール越しに話をしていたとき、自動運転で近づいてきた台車に気づかず衝突しそうになった
ヒヤリ・ハット事例
天井クレーンのオペレーターと台車の走行レール越しに話をしていたとき、自動運転で近づいてきた台車に気づかず衝突しそうになった
天井クレーンのオペレーターと台車の走行レール越しに話をしていたとき、自動運転で近づいてきた台車に気づかず衝突しそうになった
拡大
業種

セメント・同製品製造業

作業の種類

その他の動力運搬機

ヒヤリ・ハットの状況

 現場で天井クレーンのオペレーターと打ち合わせをしていたところ、話が聞き取り難いので台車の走行レーンをまたいでオペレーターに近づいた。オペレーターと話をしているとき上ばかり見ていたため、近づいてきた自動運転の台車に気づかず衝突しそうになり、慌てて逃げた。

原因

 話に気を取られて台車の走行レーンをまたいだこと。また、台車が自動運転されていることを失念していたこと。

対策

 ロープを張るなど、走行レーンにみだりに入れないようにすること。また、自動運転台車にパトライトや発信音などのアラーム機器を取り付けること。