働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 高温・低温の物との接触 > 橋げたの剥離剤拭き取り作業中、足場上のシンナー缶が倒れ、シンナーが照明器具に垂れ落ちて着火し、火傷しそうになった
ヒヤリ・ハット事例
橋げたの剥離剤拭き取り作業中、足場上のシンナー缶が倒れ、シンナーが照明器具に垂れ落ちて着火し、火傷しそうになった
橋げたの剥離剤拭き取り作業中、足場上のシンナー缶が倒れ、シンナーが照明器具に垂れ落ちて着火し、火傷しそうになった
拡大
業種

その他の建設業

作業の種類

引火性の物(清掃)

ヒヤリ・ハットの状況

 吊り足場に乗り、橋げたの鋼表面に付着した剥離剤をシンナーを含ませたウエスで拭き取り作業をしていた。その時、蓋を外していた4ℓシンナー缶に足が当たり、缶が倒れてシンナーが垂れ落ち、下方に設置してあった照明器具により着火した。
 その火が足場の養生シートに燃え移り火傷しそうになった。

原因

 シンナー缶の蓋を外したままにしていたこと。また、シンナー缶を足が当たるような場所に置き、着火源になる照明器具をシンナー缶の真下に置いたこと。

対策

 シンナー缶の蓋は使用時以外には閉めること。また、シンナー缶を足の当たるおそれのある場所に置かないこと、および、着火源になる物をシンナー缶の近辺や下方に置かないこと。