働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 有害物との接触 > パーツクリーナーで手を洗った後、煙草を吸おうとライターに火をつけた瞬間両手に引火した
ヒヤリ・ハット事例
パーツクリーナーで手を洗った後、煙草を吸おうとライターに火をつけた瞬間両手に引火した
パーツクリーナーで手を洗った後、煙草を吸おうとライターに火をつけた瞬間両手に引火した
拡大
業種

その他の商業

作業の種類

修理

ヒヤリ・ハットの状況

 山林工事現場で油圧ショベルの修理作業中、休憩をとるため汚れた手をパーツクリーナーで洗浄した後、煙草を吸おうとライターに火をつけた瞬間両手に引火した。

原因

 石油系有機溶剤で汚れを洗った手でライターに火をつけた。

対策

 パーツクリーナーの成分は石油系有機溶剤で揮発性が高いので火気厳禁である。
 手等身体に付着した場合は完全に拭き取る等の除去が必要。