働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 感電・火災 > 電源スイッチを切り忘れた状況で小型アーク溶接機の端子部に触れようとした
ヒヤリ・ハット事例
電源スイッチを切り忘れた状況で小型アーク溶接機の端子部に触れようとした
電源スイッチを切り忘れた状況で小型アーク溶接機の端子部に触れようとした
拡大
業種

電気通信業

作業の種類

点検

ヒヤリ・ハットの状況

 小型アーク溶接機の点検作業中、端子部をパンチで取り外す時、 電源のメインスイッチを切り忘れていることに気づいた。

原因

1.電源を切らずにアーク溶接機の点検をした。

対策

1.電気機器の点検の際は必ず元電源を切ることを周知する。