働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 転倒 > 両手に荷物を持って雪道を歩行中、滑って転倒しそうになった
ヒヤリ・ハット事例
両手に荷物を持って雪道を歩行中、滑って転倒しそうになった
両手に荷物を持って雪道を歩行中、滑って転倒しそうになった
拡大
業種

卸売り業

作業の種類

運搬

ヒヤリ・ハットの状況

 右手にバッグ、左手に段ボール箱を持ちながら、事務所から駐車場に向かって平坦な雪道を歩いている途中、雪の下の路面は前日からの雪で凍結しており、足を滑らせ仰向けに転倒しそうになった。

原因

 雪の下の路面が凍結していることをよく確認せずに、雪道を歩いた。

対策

 雪の下の路面は凍結して滑りやすくなっているので、積雪が少ないときは路面の凍結状態をよく確認して注意して歩くことが大切である。
 両手に荷物を持っているときに滑って転ぶと、体制を整えることができないため、大怪我を負うおそれがある。