働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 転倒 > 積み込み作業中、足元の空のパン箱(番重)に気づかず、つまずき転倒しそうになった
ヒヤリ・ハット事例
積み込み作業中、足元の空のパン箱(番重)に気づかず、つまずき転倒しそうになった
積み込み作業中、足元の空のパン箱(番重)に気づかず、つまずき転倒しそうになった
拡大
業種

小売業

作業の種類

商品の積み込み

ヒヤリ・ハットの状況

 積み込み作業のため、パンが入った番重を両手で持ち、パン工房から駐車場に向かっていた際、足元に置かれていた空の番重に気づかず、つまずき転倒しそうになった。

原因

 番重は幅が広いため、足元が見えにくかったこと。作業通路に空の番重が放置されていたこと。また、作業通路の安全確認が十分でなかったこと。

対策

 たとえ作業で使用する(作業に必要な)物であっても、作業通路に物を放置せず、作業開始前には作業通路の安全を確認すること。また、番重を何段も重ねて運搬する際は、前方の視界を確保できる段数以下にすること。