働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 動作の反動・無理な動作 > 研いだお米が入った炊飯釜を持ち上げた際、腰に痛みを感じた
ヒヤリ・ハット事例
研いだお米が入った炊飯釜を持ち上げた際、腰に痛みを感じた
研いだお米が入った炊飯釜を持ち上げた際、腰に痛みを感じた
拡大
業種

飲食店

作業の種類

調理・炊飯

ヒヤリ・ハットの状況

 厨房内の炊飯器にセットするため、炊飯釜(研いだお米が約8s入っていた)を両手で持ち上げた際、腰に強い痛みを感じた。

原因

 中腰の姿勢のまま、重量物を持ち上げようとしたこと。

対策

 重量物を持ち上げる際は、身体を対象物に近づけ、片足を少し前に出し、膝を曲げ、腰を十分に下ろして対象物を抱え、膝を伸ばしながら徐々に立ち上がること。また、重量物を移動させる際は、できるだけ台車を使用すること。