働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 動作の反動・無理な動作 > 2名の介護職員で被介助者を車いすへ移乗しようとした際、一方の介護職員が腰を痛めた
ヒヤリ・ハット事例
2名の介護職員で被介助者を車いすへ移乗しようとした際、一方の介護職員が腰を痛めた
2名の介護職員で被介助者を車いすへ移乗しようとした際、一方の介護職員が腰を痛めた
拡大
業種

社会福祉施設

作業の種類

介護・移乗

ヒヤリ・ハットの状況

 入居者の個室にて、入居者を車いすからベッドに移乗させるため、一人の介護職員が入居者の両足を持ち上げ、もう一人の介護職員が入居者の脇を抱えようとしたところ、不自然な動作で入居者を持ち上げようとしたため、両足を持ち上げた介護職員が腰を痛めた。

原因

 被介助者に十分身体を近づけず、不自然な姿勢で介護作業を開始したこと。

対策

 車椅子からベッドまでの移乗の際は、車椅子と介護ベッドの高さを合わせ、被介助者をできるだけ持ち上げず、横に滑らせること。