働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 激突され > トラック後部のアオリを開いたとき、 体にアオリが当たりそうになった
ヒヤリ・ハット事例
トラック後部のアオリを開いたとき、 体にアオリが当たりそうになった
トラック後部のアオリを開いたとき、 体にアオリが当たりそうになった
拡大
業種

道路貨物運送業

作業の種類

積み込み作業

ヒヤリ・ハットの状況

 4トントラックに荷積みするため、後部アオリの進行方向の左側留め金を外した。次に右側の留め金を外すため、後部アオリの前に立って留め金を外した瞬間、アオリが自分の身体に倒れかかってきたので、驚いて飛び退いた。アオリが大きな音を立てて倒れた。

原因
身体の位置がアオリのすぐ傍で、かつ、倒れる側にいた。
片側の留め金は外れているため、倒れる力は右側に集中するので危険であった。
対策
残った留め金を外す場合はアオリの倒れない側に立ち、アオリを押しながら外す。
留め金に力がかかって外れにくいので、指を挟まないように注意する。
付近に作業者が居た場合は協力を求める。