働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 交通事故 > 歩車分離式信号機のある交差点で人をひきそうになった
ヒヤリ・ハット事例
歩車分離式信号機のある交差点で人をひきそうになった
歩車分離式信号機のある交差点で人をひきそうになった
拡大
業種

運輸交通業

作業の種類

物品搬送作業

ヒヤリ・ハットの状況

 直進の歩行者用交通信号が青になったので、車をスタートさせようと思ってアクセルを踏もうとしたとき、横断歩道を人が横切ったので急いでブレーキを踏んだ。

原因
歩車分離式信号機は、車と人の動きを分けて表示するようになっていて、歩行者用信号機が青のときは、車両用信号機が全て赤になることを理解していなかった。
車両用信号機の青を確認していなかった。
対策
常時走行しているルートを地図に明記して、該当する信号機の設置されている交差点を記入し、周知をはかる。
車と人の信号を確認して行動する。