働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 崩壊・倒壊 > 破損パレットにフォークが当たり倒壊しそうになった
ヒヤリ・ハット事例
破損パレットにフォークが当たり倒壊しそうになった
破損パレットにフォークが当たり倒壊しそうになった
拡大
業種

食品加工業

作業の種類

運搬処理作業

ヒヤリ・ハットの状況

 加工済食品を入れたプラスチックケース12個(4個x3段)を1個のパレット(木製)に乗せ、それを3段積み上げたもの(1.2mx3段)が横に2列にずらりと並べられているもののうち、上段(3段目)手前をフォークで取出そうとした時、その後ろのパレットケースが倒れそうになった。

原因

・パレットのフォーク差し込み箇所が破損しており、フォークの差し入れ不能になっていた。
・パレットの破損状況の点検が行われていないし、記録もなかった。
・破損したものをそのまま使用した。

対策

・パレットの使用開始前点検を実施して、記録に残しておく。
・破損を発見した場合は、使用基準に従い対処する。