働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 感電・火災 > 事務所の床掃除中に、床に置かれていた電源タップに、モップの水がかかり、ショートして停電した
ヒヤリ・ハット事例
事務所の床掃除中に、床に置かれていた電源タップに、モップの水がかかり、ショートして停電した
事務所の床掃除中に、床に置かれていた電源タップに、モップの水がかかり、ショートして停電した
拡大
業種

清掃業

作業の種類

事務所清掃作業

ヒヤリ・ハットの状況

 清掃業者の作業者が水ふき用のモップで床拭きを行っていたとき、床に置かれていた電源タップに水がかかりショートし停電した。作業者は感電しなかった。

原因

・電源タップを床に放置しておくと、ショートさせたり、人がつまずいたりする。また電源タップを置いた場所で水拭きすることは危険である。
・電源タップには壁掛け用フックがあり、壁の横、または縦に取り付けられる構造になっているが、それを使っていない。

対策

・配線などは床上に這わせないで床下を通すか壁や天井からつり下げる。
・電気器具周辺で水ふき掃除を行う時は、器具に水がかからないよう移動するか、モップをよく絞って行う。