働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 転倒 > クレーンで足場用鋼管を搬送中、転倒しそうになった
ヒヤリ・ハット事例
クレーンで足場用鋼管を搬送中、転倒しそうになった
クレーンで足場用鋼管を搬送中、転倒しそうになった
拡大
業種

建設業

作業の種類

玉掛け運搬作業

ヒヤリ・ハットの状況

 長尺の足場用鋼管を、数十本まとめてつり上げて搬送中に、荷が回転しそうになったので、介添えロープを引いたとき、ロープが抜け落ちて転倒しそうになった。

原因

・長尺のバラ物を、クレーンで運ぶ時の玉掛け方法、及び介添えロープの取付けについての知識が不足している。
・バラ物が抜け落ちないような緊縛する玉掛け方法(上図参照)が取られていない。また荷の動きで緩みの発生する状態のつり荷に介添えロープが巻き付けられている。

対策

 長尺のバラ物の玉掛けは、あだまきつりなど荷が抜け落ちない方法で行い、介添えロープも荷に緊縛する。