働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 激突され > クレーン作業中につり荷が作業者に激突しそうになった
ヒヤリ・ハット事例
クレーン作業中につり荷が作業者に激突しそうになった
クレーン作業中につり荷が作業者に激突しそうになった
拡大
業種

建設業

作業の種類

クレーンによる資材運搬作業

ヒヤリ・ハットの状況

 木造家屋建築工事において、トラックに積んだ木造建築用の資材を、クレーンを使い地上の資材置き場に下ろす作業中、つり荷が揺れながら旋回したため、玉掛け作業者に激突しそうになった。

対策

 クレーン作業で地上にいる玉掛け者等の作業者は、つり荷に近づかない。つり荷が旋回しないよう支える必要がある場合は、荷にロープを結び引っ張りながら行う。