働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 激突され > ホイール式ドラグ・ショベルが急旋回しバケットに激突されそうになった
ヒヤリ・ハット事例
ホイール式ドラグ・ショベルが急旋回しバケットに激突されそうになった
ホイール式ドラグ・ショベルが急旋回しバケットに激突されそうになった
拡大
業種

土木工事業

作業の種類

道路工事(U字溝設置工事)

ヒヤリ・ハットの状況

 道路のU字溝設置作業をドラグ・ショベルを使用し作業中、「安全ロックレバー」が突然外れたため、あわてて誤操作し、右旋回状態になって、バケットが作業員に激突しそうになった。

対策

 旋回範囲内への立入禁止措置を徹底する。
 ドラグ・ショベルの安全ロックレバーは必要なとき以外ははずさないように注意するとともに、レバーの操作は慌てずに行う。操作の前に周囲の安全を確認し、指差し呼称を行うことも効果がある。