働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > その他 > 足場用鋼管を運転中の操作パネルに当て、ポンプが停止した
ヒヤリ・ハット事例
足場用鋼管を運転中の操作パネルに当て、ポンプが停止した
足場用鋼管を運転中の操作パネルに当て、ポンプが停止した
拡大
業種

建設業

作業の種類

足場組立作業

ヒヤリ・ハットの状況

 定期整備の先行工事として、運転中の石油精製装置の足場組み立て作業を行なっていたとき、足場用の鋼管を運転中のポンプの操作パネル(スイッチ部分)に当 てたため、給水ポンプを停止させてしまった。現場監視をしていた運転員がそれを見て、素早くポンプを再起動させたため事故や災害にはならなかった。

対策

 定期整備の先行工事においては、各設備・装置等が運転中であることを工事関係作業者に周知させることと、先行工事に先立ち操作パネル・各種メータースタンド等の周辺操作器具について養生をきちんと行ない、作業手順書の整備と周知徹底を図る。