働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 感電・火災 > 分電盤内の配線接続作業中、感電しそうになる
ヒヤリ・ハット事例
分電盤内の配線接続作業中、感電しそうになる
分電盤内の配線接続作業中、感電しそうになる
拡大
業種

電気業

作業の種類

配線接続作業

ヒヤリ・ハットの状況

 工事用分電盤内の二次側スイッチに配線を接続しようとしたとき、二次側の配線が接続されていないにもかかわらず、一次側のブレーカーが「入り」になっていた。
 気がつかずに二次側ケーブルを接続すると感電する危険がありハットした。

原因

・電源タップを床に放置しておくと、ショートさせたり、人がつまずいたりする。また電源タップを置いた場所で水拭きすることは危険である。
・電源タップには壁掛け用フックがあり、壁の横、または縦に取り付けられる構造になっているが、それを使っていない。

対策

 二次側ケーブルを接続する前に、必ず分電盤内のブレーカーが「切り」になっていることを指差呼称して確認し、検電を行ってから作業を始める。