働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 感電・火災 > 作業許可なしで作業に着手して溶媒が噴出しそうになった
ヒヤリ・ハット事例
作業許可なしで作業に着手して溶媒が噴出しそうになった
作業許可なしで作業に着手して溶媒が噴出しそうになった
拡大
業種

製造業

作業の種類

配管修理作業

ヒヤリ・ハットの状況

 運転中のプラスチック製造プラントで、配管詰まり箇所を清掃するための下請け作業員が現場運転員の作業開始許可と立会いを待たずに、勝手に接続金具を緩めようとした。ところが、まだ圧力がかかったままの状態だったので溶剤が噴出しそうになりヒヤッとした。