働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 動作の反動・無理な動作 > フォークリフト作業中、マストと窓枠間で首を挟まれそうになった
ヒヤリ・ハット事例
フォークリフト作業中、マストと窓枠間で首を挟まれそうになった
フォークリフト作業中、マストと窓枠間で首を挟まれそうになった
拡大
業種

倉庫業

作業の種類

運搬

ヒヤリ・ハットの状況

カウンターバランス型フォークリフト作業で、マストを前傾させて伸ばし床上5mの荷(パレット上)を受けた。パレットの荷の状態を確認するため運転士が フォークリフトのフロント窓枠から身を乗り出して首を出したとき、膝でチルトレバーを手前に引いてしまったので、前傾させていたマストが手前に動きマスト と窓枠間で首を挟まれそうになった。