働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 感電・火災 > 喫煙所で吸殻が発火した
ヒヤリ・ハット事例
喫煙所で吸殻が発火した
喫煙所で吸殻が発火した
拡大
業種

製造業

作業の種類

その他

ヒヤリ・ハットの状況

危険物を取り扱う工場で、屋内を禁煙とし工場建屋間の幅約2mの通路(ここは風通しがよい)に椅子、灰皿を置き喫煙スペースとした。吸殻を午後4時ごろペール缶(金属製、蓋はなし)に回収して通路に置いておいたところ、ひとりでに発火し大半の吸殻が灰になっていた。