働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 激突され > 木材で左肩を強打し歩み板を踏み外しそうになった
ヒヤリ・ハット事例
木材で左肩を強打し歩み板を踏み外しそうになった
木材で左肩を強打し歩み板を踏み外しそうになった
拡大
業種

建設業

作業の種類

検査

ヒヤリ・ハットの状況

増築中の倉庫(2階建)の進捗状況確認のため、2階部分の外回り歩み板(幅40cm)上を歩いているとき、窓の内側から木材角柱(9cm角)が突然飛び出 して、左肩の背面を強打し、歩み板を踏み外すところであった。安全ネットは設置されており、安全帯も持っていたが固定はしていなかった。