働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 崩壊・倒壊 > 仮置き鋼材が崩れ、作業者の足に当たりそうになった
ヒヤリ・ハット事例
仮置き鋼材が崩れ、作業者の足に当たりそうになった
仮置き鋼材が崩れ、作業者の足に当たりそうになった
拡大
業種

その他の事業

作業の種類

合図誘導

ヒヤリ・ハットの状況

午後10時30分頃、路上開口部からクレーン車でH型鋼材を引き上げ、作業帯内の路上に仮置き作業中、上段1列目の鋼材が崩れ、そばにいた合図誘導作業者の足に当たりそうになった。