働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 切れ・こすれ > 丸のこ盤が突然回転し、手が切られそうになった
ヒヤリ・ハット事例
丸のこ盤が突然回転し、手が切られそうになった
丸のこ盤が突然回転し、手が切られそうになった
拡大
業種

商業

作業の種類

材木切断

ヒヤリ・ハットの状況

午後5時頃、工場内で、材木の切断作業時、丸のこ盤上の木屑を左手で取り除こうとしたとき、右手が誤ってスイッチに触れ、丸のこ盤が不意に回転したため、左手が丸のこ盤の歯で切られそうになった。