働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 飛来・落下 > 立て掛けたまな板が倒れ、指がはさまれそうになった
ヒヤリ・ハット事例
立て掛けたまな板が倒れ、指がはさまれそうになった
立て掛けたまな板が倒れ、指がはさまれそうになった
拡大
業種

商業

作業の種類

その他

ヒヤリ・ハットの状況

 昼頃、店内の魚仕込み場で、洗浄消毒し、流し台に立てかけて置いたまな板(重量約30kg)が水道の蛇口を左手で回したとき、左腕と接触して倒れ、右手指がはさまれそうになった。